プロット心理学, プロット心理学-佐瑠女式実践心理学

恐怖を感じる人の方が、うまくいく。


人生は、『あなた』 が創る、物語。

こんにちは、

あなたの人生を飛躍的に進化させる実践心理のスペシャリスト

佐瑠女まきです。

 

今日は、

恐怖のお話。

 

【恐怖を感じる人の方が、うまくいく。】

 

恐怖、恐れって、

感じない人より、

 

実は、感じる人の方が、うまくいきます。

 

…というか、

だんぜん恐怖を感じる人の方が

圧倒的に成果や結果を出せる人。

 

実は、

うまくいく人、成功する人って、

ビビリだったり、

怖がりだったりします。

 

…で、さらに言うと、

怖いよー、怖いよー、と言いながら、

やります。

 

恐れを感じながら、やる人。

 

それが、一番、成果や結果を出していく人。

 

…なんです。

 

一見すると、

恐怖なんて感じない、

へっちゃらな人の方が、

ひょいひょいいきそうな感じがするかもしれませんが、

 

ブブー。

 

逆なんです。逆。

 

怖くてもやる人。

 

恐怖を感じながら、やっちゃう人。

 

…で、

 

それはなぜかというと、

 

恐怖を感じる。

怖い。

 

…と、感じるということは、

何かしらの危機意識を持っている人。

 

ビビリだからこそ、

それをクリアするため

ありとあらゆる方法を考えようとします。

 

怖さを感じるからこそ、

 

怖さを感じない人よりも、

早め早めに策を打つ。

 

小さなことをどんどんやる

 

一方、

怖さを感じない人は、

 

向こう見ずなことでもやってしまう。

 

でね。

ここでいう、

怖さを感じない人ってのは、

 

自己信頼ができていて、

心の平安や、心が安定していて

心が安らいでいる人のことではありません。

 

本当は、心の奥で恐怖を感じているのに、

恐怖を感じることが不快なので、

フタをして感じないようにしている人のこと。

 

このたぐいの人は、

 

恐怖と向き合っていないので、

危機意識がなく、

 

しかも、

自分が本当は感じている恐怖を

感じないように避ける方にエネルギーを注いでいるので、

 

リスクに対する対策ができません。

 

恐怖を感じること。が怖い人。

 

で、

恐怖を感じるのがこわくて

そこにフタをしていると、

 

感覚が麻痺しています。

 

怖いもの知らずな人以上に、

怖さを感じることを拒否しているので、

 

行動や言動が一致していません。

 

何かしら動いているけれど、

それを観察していると、

 

安心を得よう、恐怖を避けようという意識から、

動いています。

 

で、

ここでいう安心は、

 

さっきの、心の安らぎ。

ではなく、

 

怖さを感じないままで、

なんとか無難にやり過ごしたい。という方向。

 

で、です。

 

恐怖を感じないように

無難になんとか現状をなんとかやり過ごそう。

<回避>…後ろ向き

…というのと、

 

恐怖を感じて、

それをなんとかしようと立ち向かうのは

<打破>…前向き

 

ベクトルが正反対。

 

回避しようとして、後ろ向きな人

 

打破しようとして、前向きな人

 

どう考えても、

打破しようと前向きな人の方が、

うまくいく方向です。

 

だから、

恐怖は感じている人の方が

うまくいくし、

 

怖い怖いと言いながら

ビビリながらやる人の方が、

 

圧倒的にうまくいくのです。

 

…で、です。

 

恐怖って、誰しも感じます。

 

恐怖を感じるって、心地いいとはいえません。

 

で、

心地いいとは思えない感覚だからこそ、

 

それをどうにかしよう

感じないようにしようという意識が働く。

 

だから、

無意識に恐怖を感じないようにしてしまうって

よくあります。

 

…で、

本当は怖いのに、恐怖を感じていないフリをしているときって、

 

お腹がすいてないのに、なぜか食べる

 

忙しくして、スケジュールを埋め尽くし、

ぼーっとして、うっかり感情(恐怖)が湧いてこないように

馬車馬のようにがむしゃらになる 

 

とか、

 

頭がフリーズして考えない。

眠くなる。

 

などなど。

 

 

人それぞれ、

恐怖を感じているのに、感じないようにしているときの

行動パターンってあります。

 

で、それをやっているとき、

 

ああ、自分は、今、怖いんだな。

…と、自分なりに、

 

無意識に恐怖を感じている自分のパターンって

どんな状態だろう?

どんな行動をとっているんだろう?

 

 

…と、

自分の行動を注意深く観察してみてください。

 

生きている限り、

喜びや楽しさを感じる一方で、

恐怖や不安も感じるものです。

 

…で、

恐怖や不安を感じないようにフタをすると、

喜びや楽しみを感じる心にも

フタをすることになります。

 

喜びや楽しさに満ち溢れた人生にしたいなら、

恐怖も受け入れていく。

 

恐怖は直接感じなくても、

無意識に恐怖を感じているとき、

自分が無意識にやっている行動パターンを知っておくこと。

それをやっているときは、

何かしらの危機管理をするときだと知ること。

 

 

そのためには、

常日頃から、自分と向き合い、

いろんな目線で自分を見たり、

 

広い視野で自分を客観視できるようにすること。

 

大丈夫。

 

恐怖を感じるだけでは、

死んだりしません。

 

むしろ、

危機回避のために、

恐怖を感じているんだということ、

まずは、頭で理解してください。

 

 

そもそも

恐怖とは、

危機回避しようね。という

自分自身からのサイン。

 

あなたを恐怖のどん底に陥れて

未来を遮ろうというものではないし、

 

あなたを留めるものでもないし、

 

怖いからやめる。ということでもありません。

 

 

怖いから、やる。

 

怖いと感じながらやる。

 

それがチャレンジ。

未知の可能性をひらく道、なのです。

 

 

 

 

 

メルマガ書いてます。よかったら登録してね☆

 

 

 

人生は長いようで、短い。

私から、あなたに伝えたいこと。

 


————————————————————-

人生を飛躍的に進化させるプロット心理学

<気付く>→<分かる>→<選択>→<行動>→<変化>

そのために目線を変え、視点を増やし、選択肢を増やす。

主体的能動的に人生を進化させていく実践型心理学

————————————————————–

 

人生を飛躍的に進化させる、佐瑠女式実践心理学

【プロット心理学】のメソッドを使ったあれこれ。

 

 

今日も素敵な一日を!

佐瑠女まき


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です