プロット心理学-佐瑠女式実践心理学, 運を創るチカラ

運を創るチカラ28 行動を変える8 『与える』をやめてみる。


人生は、『あなた』が創る物語。

 

 

こんにちは、

あなたの人生を創るお手伝い

パーソナルジュエリスト

佐瑠女まきです。

 

 

今日は、メルマガからお届け☆

 

 

 

——————————————-

運を創るチカラ28

行動を変える8

——————————————-

 

 

さてさて、
運を創るチカラは、
ざっと分けて以下の5つ。

1今、ここ。にフォーカスする

2、意識を切り替える

3、行動を変える

4、多様性を認める

5、自分を掘り下げる

 

 

…ということで、
3、行動を変える。その7。

 

『与えることをやめてみる』

 

 

ここでいう
『与える』とは
本来の
『与える』とは
ちょっと認識が違うんですが、

 

 

それはちょっとおいといて。

 

 

与える→あげる。
みたいに解釈した場合の話。

 

 

 

つまり
ベクトルが
自分→人
人に何かする、あげる、提供する。
…という解釈をした場合の

 

『与える』です。

 

 

 

ま、
超・分かりやすくたとえると、

 

たとえば
動物園の動物に
『エサを与えないでください』
みたいなときの、

 

『与える』です。

 

 

 

 

…で、です。

 

 

 

世の中的に、
『与え好き』っています。

 

 

 

 

…で、
しかも
自分で
『自分って、与え好きで、受け取るのが苦手。』
なんて言う人がいます。

 

 

 

…で、です。

 

 

 

本来の
受け取る。は、
与える。と同じなので、

 

 

 

 

与え好きで、受け取れない。
…ということは
どうやっても起きません。

 

 

 

 

…で、
そこへん詳しくは
次回、ご紹介するとして。

 

 

 

 

まずは、
与える。を
一方的に
あげる。

 

自分→相手と
ベクトルが一方通行なときの
与える。

 

…と、認識している人、

 

 

 

与える。を、
やめてみましょう。

 

 

 

…ということ。

 

 

 

 

なぜなら、

自分→相手
という図式の
与える。とは、

 

 

一方通行で、循環ではなく、

 

一方的に
ずっと
あなた から 相手 に
与え続けるだけです。

 

 

 

 

一方的に与え続けるのが
なぜいけないのか?
…というと、

 

循環ではないから。

 

 

 

 

…え?

 

 

 

 

与えるって
自分のところに戻ってくることなんて
考えないから
『与える』んじゃないの?

 

 

 

自分のところに
戻ってくることを
考えて
『与える』って、
おかしくない???

 

 

 

 

それ、
相手に期待して
『与えてるフリ』をしてるんじゃない?

 

 

 

 

それ、
偽善じゃないの?

 

 

 

 

…と、
思ったあなた、

 

 

 

そこ、そこ。

 

 

 

そこです、そこ。

 

 

 

 

 

 

 

見返りを求めていません。

 

自分が好意でやっているので
相手から受け取るなんて
はなっから考えてません。

 

 

 

無償の善意だからこそ

 

自分→相手

 

という
一方通行のベクトルなんじゃないの?

 

 

 

 

それが
与えるってことじゃないの?

 

 

 

 

…と、
思っているかも
しれませんが、

 

 

 

 

 

循環のない『与える』を、
ずっと続けていくと
どうなるのか?

 

…というと、

 

『犠牲』になります。

 

 

 

 

そう、
今、ここでお伝えしているのは
自分→人という一方通行的な、
『与える』をやっている人って

 

 

 

実はそれ、『与える』ではなくて、
『犠牲』なんですよ。

 

…ってこと。

 

 

 

You see?

 

 

 

 

これね
激しく違和感を覚える人ほど
犠牲になってる可能性大です。

 

 

 

 

そして
私も、
数年前まで

 

与える。を、
ずっと、
今、ここに書いているように

 

自分→人の一方通行だと
勘違いしていたことがあったから。

 

 

 

 

(^^;A

 

 

 

 

だから、余計に分かるし
言うんです。

 

 

 

 

この一方通行の『与える』を
一生懸命やってましてん。

 

 

 

だから、それをふまえて言うんですけど

 

 

 

この一方通行な
『与える』って

 

 

実は、
ぜんっぜん相手に
『与えてない』んですよ。

 

 

 

 

だから、です。

 

 

 

 

かつての私のように
本当に相手に与えたい。

 

…と、
あなたが思うなら、

 

 

 

余計に、
与える。をやめること。

 

 

 

ええ、もう、
心を鬼にして。笑

 

 

キッパリと
やめるのです。

 

 

 

 

…で、です。

 

 

 

この『与える』をやめると、

 

必ず、

 

 

『ううっ★』ってなります。
心苦しくなります。

 

 

 

その『ううっ★』ってなる自分と
向き合うのです。

 

 

 

 

その奥にあるのは
罪悪感。

 

 

自分だけ、もらっていいの?
自分だけ、恵まれていいの?
才能、環境、生まれ持ったもの
たいして労力もなく得られたもの…

 

 

自分が受け取っているもの。
持って生まれたもの。
生まれついての環境。
天からのギフト。

 

 

 

それを
自分だけ、悪い。
うしろめたい。
…と、
どこかで思っている。

 

 

だから
その
『免罪符』として
人に与えようとしている。

 

 

 

そんな図式と
直面します。

 

 

 

 

 

でも、
これ

 

 

 

本当の意味では
『与える』じゃなく
罪悪感を
払しょくしようとしている行為。

 

 

 

 

また、

表向きには、
人に与える。と見せながら、
与える。というような行為を
しているものの

 

 

 

裏ではスタンプためていて、

 

スタンプがたまった頃に
相手に請求する。

 

 

 

私、これだけあなたに尽くしたんだから
これくらいは返してもらってもいいよね?

 

 

…と、

見返りを求める。

 

 

 

 

これも、
純粋に
与えるではありませんよね?

 

 

 

偽善ですよね?

 

 

 

むしろ
こういう偽善っぽいことを
意識的であれ
無意識的にやっている人ほど、

 

 

 

ここで
与える。をやめてみましょう。

 

 

…というと、

 

 

 

 

 

与えるって
自分のところに戻ってくることなんて
考えないから
『与える』んじゃないの?

 

 

 

 

自分のところに
戻ってくることを
考えて
『与える』って、
おかしくない???

 

 

 

…と、
反論してきたり
違和感を感じたりします。

 

 

 

 

ま、
与えるスタンプを
ためている人からしたら、

 

 

 

スタンプをためることを
やめる。という選択は
したくないワケで…

 

 

 

…かくして
反論したり
違和感を感じたりするのだと
思います。

 

 

 

そして
そこと
きっちり対峙して
違和感の奥にある
自分の本心。
欲求に耳を傾けること。

 

 

 

ふだんやっている
自分→人 の一方通行の
与える。
を、やめて、

 

 

『自分と対話するチャンス』を

『自分に与えて』みてください。

 

 

 

 

 

 

メルマガ書いてます。よかったら登録してね☆

 

 

 

人生は長いようで、短い。

私から、あなたに伝えたいこと。

 


————————————————————-

人生を飛躍的に進化させるプロット心理学

<気付く>→<分かる>→<選択>→<行動>→<変化>

そのために目線を変え、視点を増やし、選択肢を増やす。

人生を飛躍的に進化させていく実践型心理学

————————————————————–

 

人生を飛躍的に進化させる、佐瑠女式実践心理学

【プロット心理学】のメソッドを使ったあれこれ。

 

 

 


 

今日も素敵な一日を!

佐瑠女まき


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です