ジュエル使いの達人になる, パーソナルジュエリー

【ジュエル使い エメラルド編4】自分の『欲求』に従ってみよう。


人生は、『あなた』が創る物語。

 

 

こんにちは、

あなたの人生を創るお手伝い

パーソナルジュエリスト

佐瑠女まきです。

 

 

 

【ジュエル使いになろう エメラルド編4】

  • エメラルド使いになる その4

 

 

<エメラルド>は、

ベリル(緑柱石)といわれる鉱物の中で、

グリーン色をしたものを

エメラルドといいます。

 

 

エメラルドは、

繁栄、永遠、豊かさ、

愛を象徴する宝石として

古代から最も愛されてきた宝石の一つ。

 

 

第四チャクラ、ハートチャクラに

働きかけ、

第一~第三チャクラの

個々のプリミティブなエネルギーを

ハートに通し、

第五チャクラへとつなぎます。

 

 

個々がオリジナリティーを発揮し、

独自の世界を創造し、

発信、拡大していく際の

現実化、物質化を手助けをします。

 

 

 

では、

そのエメラルドを使いこなすには?

 

 

…ということで、

それぞれの成長段階に応じた実践のヒントをご紹介。

 

 

★第3段階 (ふたご座的成長段階)

言葉を覚え始める段階。意識。

人とのコミュニケート開始。

自と他。神と人。

 

おうし座のゆとり、

豊かさをさらに発展、拡げる。

知識と活用。二面性。昼と夜。

 

エメラルドを、

ふたご座的成長段階で活用する

キーワード <求める>

欲したものを、自ら求める。

 

自分の『欲求』に従ってみよう。

 

前回の

おうし座的成長段階のところで

 

自分の素直な欲求に

耳を傾けてみて

 

自分が欲するものが何なのか?

 

まずは

明確にしてください。

 

 

…と、お伝えしましたが、

 

 

ふたご座的な段階では

 

それを『求める』

 

 

 

つまり、

欲を満たす、

実現していく一歩を

踏み出しましょう。ということ。

 

 

 

欲を満たす。と書くと

これまた

 

抵抗がある方も

いらっしゃるかもしれませんが

 

 

それは

 

欲を悪いもの。

 

 

欲を満たすとは、

自分本位で自己満足。

 

 

…というように捉えているから。

 

 

 

前回もお伝えしたように、

 

かりに、

モテたい。

お金が欲しい。という欲から

プロ野球選手になりたい。と

思った人が、

 

 

実際にプロ野球選手を

目指していく中で、

 

 

個人的な

単なるモテたい。

お金が欲しい。

…という欲求も成長していき、

 

 

多くの人に感動を与えることへと

発展していくように

 

 

 

最初は

どれだけ欲求が稚拙で

自分本位で

不純であっても

 

 

欲を満たそうと

求めていくことが

 

 

さらなる自分の成長や

発展していく方向へと

拡がっていくものです。

 

 

 

欲を

『求める』前に、

 

 

欲とは悪いものだ。

…と、

欲張らない、

禁欲的な選択をすることは

 

 

自分の成長や

人生そのものの発展を

自ら止めてしまうのと同じこと。

 

 

 

むしろ

単純で

純粋だからこそ、

 

 

欲が夢や目標へと

成長をとげる種になったりするのです。

 

 

 

欲を持たないことは

夢を持たないことと同じこと。

 

 

そのぶん

失敗や挫折、傷ついたり

ジレンマを抱えたり

苦しみを味わったりすることも

ないですが、

 

 

 

そのぶん

喜びや楽しみ、

充実感や達成感などを

味わうこともないのです。

 

 

 

自分の欲を

夢や目標の種として

『求める』

 

 

実現する方向へと

一歩踏み出す。

 

 

 

すると、

欲がどんどん純化して

 

 

それを極めていくうちに

自分がなんのために生まれてきたのか?

 

 

自分は何を成そうとして

生まれてきたのか?

 

 

魂が成そうとしていることにも

つながっていきます。

 

 

だから

欲を求める。

欲求に従う。

 

 

チャレンジしてみてください。

 

 

 

エメラルドは、

あなたの欲を

夢や目標へと純化し

それを実現していくために

身に着けるのです。

 

 

 

———————————-

<具体的な実践法>

————————————

 

  • その1 意識をのせる、発信する

 

エメラルドを身に着けて、

ことあるごとに、

見たり触れたりしながら、

 

 

自分が生きてここに居ること。を

感じてみましょう。

 

 

エメラルドに触れている

自分の指先の感覚

 

 

エメラルドの

グリーンに輝く光の反射

 

 

周囲から聞こえる

様々な音

 

 

それらを一つ一つ感じて

今、ここに生きて居る自分を

再確認しましょう。

 

 

 

そして、

唯一無二の自分

世界で一人の自分として

貴重な存在の自分であることを

意識し

 

 

今ここに生きていることを

実感しましょう。

 

 

 

  • その2 今、できることにフォーカスする。

 

実現したくて焦って先を急いだり、

 

どうしても実現しようと

執着しているときって

 

 

なかなかうまくいかないものです。

 

 

うまくいかないときは、

 

原因探し、

ブロックはずしをしたり

 

 

自分を駆り立てて

がんばり過ぎるのではなく、

 

 

それを実現するために、

今、できること。

 

 

無理せず簡単にできることをやりましょう。

 

 

あるいは、

それが実現したときのことを

イメージして、

 

 

そのときやっていることで、

今やっていないこと、

 

 

その中で、

今、無理せずできること。をやってみる。

 

 

実現したつもりで先取りしてみる。

 

 

それをリストアップして、

一つずつ、楽しみながら、やってみましょう。

 

 

 

  • その3 それが実現した自分として、選択する

 

それが実現したら、

自分はどうなっているんだろう?

 

 

それが実現したときの自分を

イメージして、

 

 

今の自分基準ではなく、

 

そのときの自分がやっていること、

選んでいるもの

 

 

すっかり実現してしまった自分として

物事を選択してみましょう。

 

 

今の自分に似合わなくてもいいし

 

今の自分では

違和感を感じるかもしれません。

 

 

でも、それでいいのです。

 

 

はじめて制服を着たとき、

はじめて化粧をしたとき、

自分には似合ってない、

違和感を感じたものでも、

 

いつしかそれが板についてくる

馴染んでくるようになります。

 

 

それが当り前になったとき、

 

ふっと気付いたら、

やりたかったことを実現していた

なりたい自分になっていた。

…ということが起きます。

 

 

  • もしも、うまくいかないとき

 

まずは自分自身と向き合いましょう。

 

 

意識で思っていることと

無意識で思っていることがズレていたり

 

 

恐怖を感じたくないために

実際の行動がズレていたり

 

 

頭でわかっているつもりで

ぜんぜんわかってなかったり

 

 

本心は別なところにあったり

 

 

方向性が違っていたり

 

 

カタチにとらわれていたり

 

 

何かしら、自分を留めていることが

あるので、

 

 

多方面が自分を見つめなおし、

客観的に現状を把握して

自分の心、マインドを整えましょう。

 

 

ジュエルは、あなたの人生の相棒。

 

24時間365日、あなたのことを護り、

励まし、勇気づけてくれる存在。

 

あなたの涙もがんばりも

誰よりもそばで見守ってくれる

心強い相棒。

 

 

 

—————————————-

世界で一人しかいないあなたが、
世界で一つしかない宝石のように輝き
世界を彩る光と調和し
宇宙と一つに響き合う
かけがえのない存在でありますように

パーソナルジュエリスト
佐瑠女まき

———————————–

ジュエリー展示会・セミナー情報

新月願い事&満月の豊かさを受け取る情報

 

新月&満月にお届けしています。

また、今週のジュエルメッセージも、ブログより一足先にお届け。

アイディーニュースレター登録

 


人生は長いようで、短い。

私から、あなたに伝えたいこと。

 


————————————————————-

人生を飛躍的に進化させるプロット心理学

<気付く>→<分かる>→<選択>→<行動>→<変化>

そのために目線を変え、視点を増やし、選択肢を増やす。

人生を飛躍的に進化させていく実践型心理学

————————————————————–

 

人生を飛躍的に進化させる、佐瑠女式実践心理学

【プロット心理学】のメソッドを使ったあれこれ。

 

 

 


 

今日も素敵な一日を!

佐瑠女まき


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です