ジュエル使いの達人になる, パーソナルジュエリー

【目標は、達成するためではなく、〇〇するために立てる】ジュエル使い ピンクトルマリン編10


人生は、『あなた』が創る物語。

 

 

こんにちは、

あなたの人生を創るお手伝い

パーソナルジュエリスト

佐瑠女まきです。

 

 

 

【目標は、達成するために立てるのではなく、〇〇するために立てる。】

 

目標って、

 

実は、

目標を

達成するために

立てるのではありません。

 

…ん?

 

目標を達成したいから

それを目標にしてやるんでしょ?

 

…と思ったあなた、

 

実は、本当に目標を達成したいなら、

ちょいとばかり違うのです。

 

目標を立てて、

目標というカタチが実現すればいいなら

それでもいいんです。

 

たとえて言うと、

テストで100点とりたい☆と

思って

 

テストで100点とる☆って目標は

アリ。

 

で、大事なんは、その先。

 

テストで100点とったら

…の、

その先。

 

言い換えると、

 

なぜテストで100点とりたかったの?

…という

目標を立てる時の話。

 

そもそも

なぜ100点とりたいのか?

動機があったはず。

 

…なんです。

 

100点とったら…

 

ごほうびに何か買ってもらえる

とか

 

褒めてもらえる

とか

 

目標を実現できる自分だと

自分で証明したかった

とか

 

すごいね☆と

言ってもらえる

とか

 

頭いいとモテる(んじゃないか?)と

思ってたから

とか。

 

etc

 

etc

 

akb

 

hkt…

 

えとせとらえとせとら。

 

エトセトラ。

 

不純であれ

純粋であれ

 

適当で

ばくぜんとしてても

 

なんかなし

 

それを目標にする時、

 

なにがしかの

『動機』があるはずなんです。

 

…で、

 

ぶっちゃけ

 

ほんまに100点とったから

その動機となったことを

クリアできるか?

 

達成できるか?

 

…の方が大事で

 

100点とれなくて

95点でも

いい話かもしれないし

 

100点とらなくても

他のことで達成できるかも

しれないし。

 

目標が達成できたからといって

必ずしも

心が欲していること

動機となったことを

達成できるか?

は、

 

違います。

 

たとえば、です。

 

幸せになりたいが<動機>で

そのためにはお金持ちになれば

いいんじゃないか?と思って

 

もっとお金を稼ぎたい<目標>と

していて

 

いざ

<お金持ちになった>

目標を達成しても

 

幸せになれるかどうか?は

違います。

 

なんせ

 

そもそも

 

幸せ

お金

とは

なんの関係もないからです。

 

お金があっても

幸せな人もいれば

そうでない人もいれば

 

お金がなくても

幸せな人もいれば

そうではない人もいる。

 

お金と幸せは相関関係ではない。

 

ならば、

 

幸せになるにはどうすればいいか?

 

幸せを感じるには

どうするのがベストなのか?

 

これまた

 

幸せになる。という目標を

掲げても

アバウトすぎて

どう実現すればいいか?

 

具体的なアクションが見えてきません。

 

…とはいえ、

 

幸せになる。という方向で

物事の取捨選択にあたり

 

幸せかどうか?で

優先順位を決めれば

 

より幸せである方に

近いことを選択することができ

 

結果、

より自分にとって幸せであることを

選択することができるようになります。

 

そう

 

目標を立てるとは、

 

目標というカタチを達成するために

立てるのではなく

 

自分が何を大切にして

何を求めているのか?

 

明確にして、

 

方向性を決めるため。

 

…なんです。

 

これをやると

これを達成すると

そうなるんじゃないか?的な

予想で目標を立てて

 

実際にやり始めると

 

そうではないことって

けっこうあります。

 

そこをすりあわせていくためにも

 

目標とは

 

あくまで自分が行きたい方向を示す

ガイドライン的なこととして掲げ

 

実際にそのカタチを実現できなくても

 

その目標を立てた動機

 

それが実現して得られる感情や感覚を

得ることで

心満たされることを目指す。

 

その方向に進むために

目標を立てるのです。

 

【ジュエル使い ピンクトルマリン編10

 

  • ピンクトルマリン使いになる その10

 

ピンクトルマリンは、

私は私。と

自我を主張する宝石。

 

とくに、

私は〇〇が好き。

私は◇◇が嫌い。

など、

 

自分の好き嫌い、

趣味嗜好などを

ハッキリ主張できるような

 

自己主張が

できるようになることで

 

依存から自立へ

 

子供から大人へ

 

成長していく時に

手助けをしてくれる宝石。

 

 

 

★第9段階 (いて座的成長段階)

挑戦と冒険。死を意識してなお生きるを選択。

ビジョン。目標。再選択。

哲学。思想。人生のテーマ。

人生経験を乗り越えたゆえの明るさ。

強さ。総合力。

 

 

  • ピンクトルマリンを、

いて座的成長段階で活用する

キーワード <目標>

目標を立て、方向性を決める。

 

『目標を立てる』

 

目標を立てて

実際に行動する際

 

そもそもなぜそれを

達成したいのか?

 

すっかり忘れて

 

カタチを追いかけるようになり

 

何が何でも達成しなくては★と

躍起になっている時って

 

目標に執着しています。

 

目標に執着していると

それを達成することって

できません。

 

そもそも

自分は何のために

それを達成したいのか?

 

常に

動機を思い返すこと。

 

そして

目標とは

あくまで手段であり

達成することが

目的ではないこと

 

そもそもの動機を

満たすことができるためのもの。

 

そこが入れ替わらないように

するために

 

常にピンクトルマリンを身に着けて

 

自分は

そもそも何のために

それを達成したいのだろう?

 

その動機を常に思い返すことで

 

目標を達成することを

目的とせず

 

目標に執着せず

 

あなたの心が

本当に欲していることを

満たす方向を選択し

 

目標達成に捉われることなく

あなたが心から望むことを

実現しましょう。

 

 

 

 

 

 

———————————-

<具体的な実践法>

————————————

 

  • その1 意識をのせる、発信する

 

ピンクトルマリンを身に着けて、

ことあるごとに、

見たり触れたりしながら、

 

自分が生きてここに居ること。を

感じてみましょう。

 

ピンクトルマリンに触れている

自分の指先の感覚

 

ピンクに輝く光の反射

 

周囲から聞こえる

様々な音

 

それらを一つ一つ感じて

今、ここに生きて居る自分を

再確認しましょう。

 

そして、

唯一無二の自分

世界で一人の自分として

貴重な存在の自分であることを

意識し

 

今ここに生きていることを

実感しましょう。

 

  • その2 今、できることにフォーカスする。

 

実現したくて焦って先を急いだり、

 

どうしても実現しようと

執着しているときって

 

なかなかうまくいかないものです。

 

うまくいかないときは、

 

原因探し、

ブロックはずしをしたり

 

自分を駆り立てて

がんばり過ぎるのではなく、

 

それを実現するために、

今、できること。

 

無理せず簡単にできることをやりましょう。

 

あるいは、

それが実現したときのことを

イメージして、

 

そのときやっていることで、

今やっていないこと、

 

その中で、

今、無理せずできること。をやってみる。

 

実現したつもりで先取りしてみる。

 

それをリストアップして、

一つずつ、楽しみながら、やってみましょう。

 

  • その3 それが実現した自分として、選択する

 

それが実現したら、

自分はどうなっているんだろう?

 

それが実現したときの自分を

イメージして、

 

今の自分基準ではなく、

 

そのときの自分がやっていること、

選んでいるもの

 

すっかり実現してしまった自分として

物事を選択してみましょう。

 

今の自分に似合わなくてもいいし

 

今の自分では

違和感を感じるかもしれません。

 

でも、それでいいのです。

 

はじめて制服を着たとき、

はじめて化粧をしたとき、

自分には似合ってない、

違和感を感じたものでも、

 

いつしかそれが板についてくる

馴染んでくるようになります。

 

それが当り前になったとき、

 

ふっと気付いたら、

やりたかったことを実現していた

なりたい自分になっていた。

…ということが起きます。

 

  • もしも、うまくいかないとき

 

まずは自分自身と向き合いましょう。

 

意識で思っていることと

無意識で思っていることがズレていたり

 

恐怖を感じたくないために

実際の行動がズレていたり

 

頭でわかっているつもりで

ぜんぜんわかってなかったり

 

本心は別なところにあったり

 

方向性が違っていたり

 

カタチにとらわれていたり

 

何かしら、自分を留めていることが

あるので、

 

多方面が自分を見つめなおし、

客観的に現状を把握して

自分の心、マインドを整えましょう。

 

 

 

 

—————————————————————————————-

あなたも『ジュエル使い』になって、人生を飛躍的に発展させよう!

 

ジュエル…

宝石は、

地球という星の破片(かけら)。

地球という星を構成している鉱物(ミネラル)。

鉱物学的に言うと、

ジュエルを構成する鉱物の組成で

種類が変わり、

ジュエルに含まれるミネラルにより、

色が変わります。

 

そして、目に見えない世界…

スピリチュアル的に言うと、

古代から、

宝石は色のパワーが凝縮したものだと

いわれてきました。

 

 

また、一方で、

太陽系の惑星、

黄道12星座とも

関係があるとされてきました。

 

 

黄道12星座とは、

黄道…

天球上における太陽の見かけ上の通り道

地球からみた太陽の軌跡、

太陽がぐるっと空を一周していく方向にある星座が、

12分割して、わりあてられています。

 

 

 

それは、

春分点をスタートに、

おひつじ座からはじまって、うお座まで

ぐるっと一周していくのですが、

 

その12の星座をぐるりと一周していく中で

季節が移り変わっていくように、

人が成長していく姿、成長過程を

あてはめていくことができます。

 

 

それはまた、ジュエルも同じように

それぞれの成長段階に合わせて

意味や解釈も少しずつ対応させて適用して

意味づけし、解釈していくと

よりジュエルのパワーを活かしやすくなります。

 

 

たとえば、

おひつじ座的、赤ちゃんがオギャーと生まれて

人生が始まるような、

0から1のスタートとして活用するときと

 

うお座的、

次のステージへのスタートとして

活用するときとでは、

活用の仕方が変わってきます。

 

 

宝石、ジュエルは、

人の成長を手助けし、

 

あなた自身が

ジュエルのように輝き生きることを

ガイドのように導いていく存在。

 

 

いつもそばでずっと見守り、支えてくれる存在。

 

 

母なる地球が何億年という年月をかけて育み、

時間を超えて、あなたのもとへ遣わした、

あなたを全面的に応援してくれる存在。

 

 

12の成長段階において

それぞれジュエルをどのように解釈し

どの方向で、

どう意味づけ、どう活用するか?

 

自分の今、そして未来の方向を定め、

どう解釈し、

どう動かしていくか?

 

人生を創っていく羅針盤、

それだけでなく、

自分が自然と発している

生命エネルギー、

 

思いの波動を循環させ、

さらに増幅させるスピーカーとして、

 

ジュエルパワーを活かすも活かさないも

あなた次第。

 

 

せっかくなら、

人生を楽しく、充実した人生にして

後悔なく生きるために

ジュエルパワーを活かす

『ジュエル使い』になり、

 

自分が人生の主役として、

主体的能動的に人生を楽しみ、

 

自分だけでなく、周囲にも広がっていく

幸せや喜びの循環の輪を拡げながら、

人生を、さらに飛躍的に発展させていきましょう。

 

 

 

意識的であれ、

無意識的であれ、

あなたの人生は、

あなたが創っているのだから。

 

 

ジュエルは、あなたの人生の相棒。

 

24時間365日、あなたのことを護り、

励まし、勇気づけてくれる存在。

 

あなたの涙もがんばりも

誰よりもそばで見守ってくれる

心強い相棒。

 

 

 

—————————————-

世界で一人しかいないあなたが、
世界で一つしかない宝石のように輝き
世界を彩る光と調和し
宇宙と一つに響き合う
かけがえのない存在でありますように

パーソナルジュエリスト
佐瑠女まき

———————————–

ジュエリー展示会・セミナー情報

新月願い事&満月の豊かさを受け取る情報

 

新月&満月にお届けしています。

また、今週のジュエルメッセージも、ブログより一足先にお届け。

アイディーニュースレター登録

 


人生は長いようで、短い。

私から、あなたに伝えたいこと。

 


————————————————————-

人生を飛躍的に進化させるプロット心理学

<気付く>→<分かる>→<選択>→<行動>→<変化>

そのために目線を変え、視点を増やし、選択肢を増やす。

人生を飛躍的に進化させていく実践型心理学

————————————————————–

 

人生を飛躍的に進化させる、佐瑠女式実践心理学

【プロット心理学】のメソッドを使ったあれこれ。

 

 

 


 

今日も素敵な一日を!

佐瑠女まき


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です