ジュエルメッセージ, パーソナルジュエリー

2018/06/11-06/17今週のジュエルメッセージ

人生は、『あなた』が主役の物語。

 

こんにちは、

ジュエリー+実践心理で、あなたが輝く生き方のお手伝い

パーソナルジュエリスト

佐瑠女まきです。

 

 

 

【2018/06/11-06/17今週のジュエルメッセージ】

 

2018/06/11-06/17 今週のジュエルメッセージを

お届け。

 

あなたにとって

輝く一週間でありますように☆

 

【2018/06/11-06/17今週のジュエルメッセージ】

 

★今週の全体

 

6/13 水星がふたご座からかに座へ
6/14 金星がかに座からしし座へ
6/14 ふたご座で新月

いつも笑顔で元気な人が
実は壮絶な人生を歩んできたとか

いつも静かでおとなしいと思っていた人が
ものすごい才能や特技を持っていたとか

いつも見慣れたものを
顕微鏡で見ると、
まったく別世界が広がっていたりするような

表面的な浅いところで物事を見ていた所から
さらに掘り下げていくような

一段深い面を見ると
別な側面が現れるとか

意外な一面や、
秀でた部分を見い出していくことが
できるようなタイミング。

自分自身に対しても
人に対しても
物事に対しても
敬意と興味を持って観ることで
新しい局面が見えてくる。

 

 

★今週のジュエル

ブルースピネル

スピネルは、結晶が尖った形を
していることから、
『尖った』という意味の言葉から
その名がついた宝石。

自分のまっすぐな思いを
ストレートに表現する手助けを
してくれる宝石。

人からこんなふうに思われたらどうしよう
というような
他人軸の目線から、

自分軸を取戻し、
自分主体に生きるサポートも
してくれる。

 

 

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

宝石のパワーを
活用したいと思うあなたへ。

人生は自ら意思決定し、
行動していくことが基本なので、

まずは
人まかせや、依存的な状態をあらため
主体的能動的に切り替えることが大事。

人生のハンドルを
自分で握ると決めましょう。

 

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 

宝石のパワーを

活用したいあなたへ。

 

人生は自ら意思決定し、

行動していくことが基本なので、

 

まずは

人まかせや依存的な状態をあらため

主体的能動的に切り替えることが大事。

 

人生のハンドルを

自分で握ると決めましょう。

 

写真:   ヴァン/ ブルースピネル/K18YG   アイディー パーソナルジュエリー

 

 

★おひつじ座

すべてにおいて
自分にとっての基本に
たちかえるといいような
そんなタイミングです。

また
自分の中の基本となるようなことを
決めていくのもいいような
そんなタイミンク゛です。

自分にとっての基本とは、
自分のゼロ地点
基軸となること

そもそも…と
思い返したときに
たちかえること。

ふだん、つい、起きる出来事や
周囲の人に意識が向いて
無意識のうちに
そちらに軸が傾いていることがあります。

たとえば、
自分では、
まっすぐにしているつもりでも
少しだけ、右肩があがっているようなことって
たまにあります。

それは、
バランスを崩した状態なりに
無意識にバランスをとっているのかも
しれませんが、

そういうときは、
多少、違和感があっても
もとのバランスがとれた状態へと
戻すこと。
たちかえることです。

今週は、
そんなふうに、自分のことを
ちょっと客観的にみながら
自分の基本、
自分軸を再調整してみてください。

 

 

 

★おうし座

自分の家や部屋を
リニュアルしたり、
さらに居心地よくするために
お金をかけるといいような
そんなタイミングです。

あなたの家やお部屋は、
あなたにとってのパワースポット。

あなた自身のエネルギーが
最も回復する場所
充電する場所。

そこを居心地よくすることで
自分のエネルギーを高め

意識の質を高めて
パワフルに行動できるように
環境を整える。

まずは、窓を開けて
風通しをよくして
気の流れをよくし、

そこから
自分の気が高まるような場所へと
変えていってみてください。

次第に
自然と運気もあがってきます。

 

 

 

★ふたご座

自分のことをまっすぐ伝える
ストレートに発信して
それに対して帰ってくる反応から

今の自分の立ち位置
置かれた状況が
自分なりに把握できるような
そんなタイミングです。

自分では、
伝えたつもりでも

相手には
伝わっていないことがあったり

自分では
意図していないことまで
相手が汲み取ってくれていたり

まずは自分がまっすぐに発信して
その反応を見てみることで
色んなことが見えてきたりします。

だから
自分から発信せずに
相手はどう思うのか?
相手はどう反応するのか?
なんて考えていても
はじまらない

実際に投げてみないと
分からないのです。

また
相手にわかりやすいように
伝わりやすいように
なんて考えず

まずは自分の気持ちや思いを
まっすぐに投げてみること。

そのあとは
それから考える。

まずは、
ストレートに発信してみましょう。

 

 

 

★かに座

自分が欠点だと思っていた部分
嫌いな部分が

実は、自分にとっての
最大のギフトだったと気づくような
そんなタイミングです。

…とはいえ、
自分の欠点や、嫌いな部分
認めたくない部分を
認める、
受け入れたら、の話ですが。

また、
認める、
受け入れる
とは、

自分は
自分のここを欠点だと
思っているんだな

嫌いなんだな

そのまま見ることで

欠点や嫌いな部分を
どうにかしよう
変えよう
とか

欠点をなくそう
嫌いなところを好きになろうと
いうことでもないし、

欠点だと思わないようにしよう
とか

ましてや
嫌いなんだから仕方ないと
開き直ることでもありません。

あなたが
あなた自身の欠点や
きわいな部分を含めて
自分なんだなと受け入れたとき

あなたの魅力が増し
自分でも気づかなかったような
新たな魅力が生まれ

それによって
あなた自身がより豊かになります。

 

 

 

★しし座

自分はこうしたい。と
あらためて
明確にすることで

これから先の未来
やっていきたいことや
すすみたい道へと

まっすぐに道が拓けていくような
そんなタイミングです。

あれこれいろいろと
索を講じたり

そのためには…と
考えず、

まずは
自分のハートに従う。

好き、嫌い
やりたい、やりたくない

状況や環境や
条件もすっとばして、

シンプルに
自分の思いに素直になる。

その素直な思いこそが
最も宇宙に響き

最も実現するのだということを
思い出し

本当に
心の奥から湧き出る思いに
シンプルに素直になりましょう。

 

 

 

★おとめ座

自分にできないこと
苦手なことを手放して
人に任せたり
頼んだりして、

自分が得意なことに専念すると
いいような
そんなタイミングです。

とくに
実現したい目標がある人は

これから何かを
新しく学ぶ
足りないものを補うのではなく

チームを組んだり
外注したりして

できないところは人に任せて
自分ができるところだけを
徹底してやる。

自分の目標だから、と
あれこれなんでも自分だけで
完結するのではなく

それを手伝ってくれる人や
協力してくれる人を
募ることで、

自分だけの個人的な夢や目標を
周囲の人の夢や目標へと
拡げる
巻き込んでいく。

そうやって
自分の個人的な夢や目標を
周囲の夢や目標にしていくことで
たくさんの人と喜びや楽しみ
幸せを共有することができます。

自分のできないことは
誰かの得意なことを発揮する場所。

自分は自分の得意なことをやり、
人に活躍の場を与える人へと
ステージアップしましょう。

 

 

 

★てんびん座

自分が持っている
様々なネットワークを拡げて
今よりもっと遠いところへ行く
道筋をつけることができるような
そんなタイミングです。

自分が会いたい有名人に
知り合いから知り合いへと
たどっていくうちに
その人に会える。
…といわれるように

自分の世界って
自分が思ってもいないところに
通じていくことも可能です。

でも
ふだんは
そこまで思わないので
それを駆使しないか

そんな遠い別世界に
自分が通じるなんて
ありえないと

はなっから思っているか、です。

でも
自分が
本気になって
何かにたどり着こうと思えば

必ずたどりつくことができるのです。

特別、あなた自身が
交友関係が広くて
たくさんの有名人を知らなくても

ごく普通の世界にいても

あなたからひろがっていく
ネットワーク上には、
かならずそこにつながる回路が
あります。

ぜひ、それを思い出して
この機会に使ってみてください。

きっと思ってもみない世界へと
つながっていくはずです。

 

 

 

★さそり座

プライベートを充実させることで
仕事がはかどるような
そんなタイミングです。

また
プライベートを充実させるとは
たくさん計画を立て
あたこち行ったり
何かをしたりして
スケジュールを埋めるのではなく

自分の心が満たされること
リフレッシュできることをやる

もしかしたら
人によっては
何もしないで家でゴロゴロすること
かもしれないし

エステや美容室に行ったり
ネイルチェンジをすることだったり

お気に入りのアロマをたいて
瞑想することだったり

読みたい本を読んだり
見たい映画を見ることだったり。

人それぞれです。

自分の心が満たされて
さあ仕事するぞ!がんばるぞ!と
思えるような

気持ちを切り替えて
リフレッシュして仕事できるような
そんなこと。

ぜひ、やってみてください。

 

 

 

★いて座

彼やパートナーと
2人で出掛ける

気の合う友達と
二人でランチするなど

自分にとって
大切な人とゆっくり時間をとり
共有するといいような
そんなタイミングです。

自分にとって
大切な人って
案外と一緒にいても
お互いの気持ちや考えていることって
話せているようで
話せていなかったりします。

もしかしたら
お互い、いつもいるんだから
そのくらい分かるよね。
…みたいなことが続くと

いつの間にかすれ違っていることって
あります。

また、
話はしなくても
一緒に時間を過ごすことで
より親密になれることもあります。

大切な人は
大切だからこそ
二人で過ごす時間を
大切にする。

当たり前ですが
当たり前だからこそ、

当然だとぞんざいに扱わずに
大切に関係を育みましょう。

 

 

 

★やぎ座

無意識のうちに
親や、代々受け継いできた観念を
手放して
自分を確立したり

あなたが自分を確立することで
家族にも変化が起きるような
そんなタイミングです。

親や、代々受け継いできた観念や
不の連鎖、罪悪感や劣等感って
気付けるようで気づけなかったり

わかってはいるけれど
なかなかそれを根本的に変えることが
できないでいる

…ということがあるかもしれません。

この時期、
あなたが
自分を生きる。と決めてコミットすることで
そこにテコ入れしていけるような
風穴を開けるようなことが
できるだろうと思います。

また、意識で思い当たるような
そうしたことはなくても
とても仲良く順調に過ごしていても

お互いの深い心の闇の部分まで
見渡せているわけではありません。

もしかしたら
あなたの知らないところで
闇を抱えている家族が
いるかもしれないし

ひそかに悩んでいることが
あるかもしれません。

…とはいえ、
家族を救うために
あなたが何かをするのではなく

あくまで
あなたが
あなたを生きると決めること。
ここで今一度
仕切り直して
あらためて決意すること。

そして、一歩を踏み出すこと。

やってみてください。

 

 

 

★みずがめ座

好きなこと、趣味などを
楽しんでいくうちに

一緒にそれを共有してくれるような
一緒に楽しみたくなるような相手と
出会ったり

今まで一緒にいた中から
特別な存在になる人

彼やパートナーとなる人が
現れてくるような
そんなタイミングです。

また、
彼やパートナーがいる人は
より親密な関係を築けるような
そんなタイミングです。

…とはいえ、
あなた自身が
恋愛や結婚に対して
心を許していなければ
意識が向いていなければ

せっかくの出会いがあっても
自分からスルーしてしまいますが。

もしかしたら
今まで、得に何とも思わなかった人や
どちらかというと嫌いだったり
苦手だったりする人の中に
彼やパートナーとなる人が
いるのかもしれません。

そこに気付くと
自分の弱さを掴まれるような
気持ちになり
なかなか認めることができずに
遠ざけてしまっている人も
いるかもしれません。

彼やパートナーと関係を深めることは
自分の奥深くとつながっていくこと。

おそれずに、
この機会に、
相手と一歩、近づいてみてください。

 

 

 

★うお座

自分の生活習慣や
仕事のルーティーンを見直して

流れをよくしていくことが
できるような
そんなタイミングです。

見直すといっても
大がかりに
変えよう、
あらためようとする必要はなく

自分の生活を見直したときに
いつも出しっぱなしにしてしまうものは
片付けようとするのではなく

出したままで管理できるようにしたり
一時的に置く場所を決めるとか

もう何年も着ていない服を
一枚、処分するとか、

その程度のものからで構いません。

また、仕事も同様で、
ルーティーンの順番を変えてみたり

机に置くものを変えてみたり
引出しにずっと入れっぱなしのものを
処分したりとか
その程度で構いません。

小さなモノでも
何かしら動かす
処分することで動きが生じ

そこから流れが変わることって
あります。

それが直接的に
何かしらにつながっていなくても
ドミノ倒しのように
あるとき、大きな変化や流れに
通じていきます。

当たり前、習慣づいているものほど
変えるって大変です。

大変ですが、
そこを見直すと、
あっという間に流れが変わります。

その流れを起こすために
習慣とは遠くてもいいので
まずは小さなところから
ちょっとずつ変えてみてください。

やがて大きな流れにつながります。

 

 

 

 

☆もしも、自分の星座のメッセージがピンとこないなと感じたあなたへ
『このメッセージは、私に何を伝えてくれているのだろう?
もっと私に分かる方法で教えて。』と、自分の心に『質問』しましょう。

☆もしも、他の星座のメッセージが気になったあなたへ
それは、あなた星座以外の惑星が、
あなたに語りかけているメッセージかもしれません。
『私は、なぜ、このメッセージが気になったのだろう?』と、自分の心に『質問』しましょう。

そうやって、心に質問しておくと、

潜在意識の働きによって、
何気なく見た広告や、テレビ、本、友達との会話など
偶然耳にしたことふっと目に飛び込んできたものの中に、ヒントが隠れています。

宇宙からのメッセージは、ビビビと降りてくるものではなく、
心を静めて、耳を澄まさないと聞こえてこない、とても小さな声です。

基本、宇宙は自由意志で、あなたが選ぶものを優先します。

何を選んでも、何を決めても、それがあなたにとってのベスト。

宇宙はいついかなるときも、あなたを応援しています。

だから、安心して、自分を信じ、自分の道を進みましょう。

 

——————————————–
『宝石は、地球という名の星の破片(かけら)』
——————————————–

宝石は、
地球という名の『星の破片(かけら)』
星の破片(かけら)です。

そして、古来から、惑星、星座と関係があると言われ、
其々の宝石が、
何等かの惑星、星のエネルギーを宿しています。

また、古来から私達人間は、
宝石という、地球という名の星の破片(かけら)から
宇宙のパワー、エネルギーを感じ、

そこからメッセージを受け取り

宇宙の一員として、
今生を、『魂の長い旅の一つの物語』として
人生を謳歌してきました。

また、身に着け方には2通りあり、

自分と深い関わりのある宝石に
個々の想いを一つの宝石に投影し、
コアな自分とつながるために身に着ける方法と

その時その時の、宇宙の流れに従い、
その時々に合わせて、宝石を選び、

宇宙の流れに乗り、
宇宙と調和し
一つに響き合うために
身に着ける方法。

ここでは、
後者の、

そのときそのときに合わせて
宇宙の流れに乗り
宇宙と調和し一つに響き合う
宝石たちから届いたメッセージを
お届けしています。

※ちなみに。
そもそもなぜ、このジュエルメッセージを書くことにしたのか?
詳細はこちら→ http://ameblo.jp/happyid/entry-12227820619.html

世界で一人しかいないあなたが、
世界で一つしかない宝石のように輝き
世界を彩る光と調和し
宇宙と一つに響き合う
かけがえのない存在でありますように

パーソナルジュエリスト
佐瑠女まき

———————————–

ジュエリー展示会・セミナー情報

新月願い事&満月の豊かさを受け取る情報

 

新月&満月にお届けしています。

また、今週のジュエルメッセージも、ブログより一足先にお届け。

アイディーニュースレター登録


 

 

 

 

人生は長いようで、短い。

私から、あなたに伝えたいこと。

 


 

 

 


 

人生は『あなた』が創る物語。

 

 

今日も素敵な一日を!

佐瑠女まき


プロット心理学-佐瑠女式実践心理学, 自分を生きるチカラ

自分を生きるチカラ21

人生は、『あなた』が主役の物語。

 

(ヘリオトロープ/K18WG/クリスタル アイディー パーソナルジュエリー)

 

 

こんにちは、

ジュエリー+実践心理で、あなたが輝く生き方のお手伝い

パーソナルジュエリスト

佐瑠女まきです。

 

 

今日は、メルマガからお届け☆

 

 

 

——————————————-

自分を生きるチカラ21

——————————————-

 

【自分に寄り添う5】

 

ひき続き
「自分を生きるチカラ」について。

まず大事なのは、
1、「自分と仲良く」する。
自分と仲良くするためには
2、「自分と向き合う」

なかなか自分と向き合えないとき
自分と向き合うことが
できるような状態へと、
橋渡しをする、
準備するためにやるのが

3、自分に寄り添う

本当はさ、
実はさ、…と、

自分と向き合えなかった自分が
本音を出せるような状態へと
自然と導くのが、『寄り添う』

基本、
寄り添うときって、

自分を責めない一方で、
自分を正当化して開き直らない。
が、原則。

前回、
☆「〇〇がない」という、言い訳をしてしまうとき

落ちこんでいながらも、
どこかそれを受け入れきれず、
でも、どこかで諦めている自分がいるので、

自分がそんな気分のとき、
どうしてほしいですか?ってことを
自分にしてあげる。

そして、前回、
☆グダグダな自分のとき

そんな自分、ダメじゃん!!!と
自分を責めたり、

やる気だしてがんばろう!と、
どうにかして
自分をやる気にしようとせず、

まずは、グダグダな自分に
とことんつきあってください。

とことん自分とつきあってくれる人って
自分しかいないです。

そして、
グダグタな自分のこと、
とことん言い訳して、
自己弁護してください。

自分が自分を責めることが
できるように、

自分が自分を守ることも
できるのです。

そして。
責める人 と、 弁護する人を
戦わせる、敵対させるのではなく、

そもそも
自分を責めている自分も、
グダグダしてるより、
グダグダしない方が良い。と
思って責めている

責めることで護っている。

自分のために、
よかれと思っている
厳しい自分の側面です。

責める自分と、護る自分、
どちらも自分を護ろうとしているだけ
なので、
そこに気付いてくださいね。
…と、お伝えしました。

そして、今週は、
【ちゃんとしなきゃ。と思うとき。】

…について。

ちゃんとしなきゃ。
…って、

真面目で素直で正直な人に
自分に対して、よく使う言葉です。

…で、です。

ちゃんとしなきゃ。
ちゃんと、ちゃんと、と頻繁に言う人に、

実際、
『どういう状態が、「ちゃんとする」ってことなの?』と、
具体的に聞くと、

時間を守る。とか、
規則を守る。とか、
約束を守る。とか、
基本的なことからはじまって、

服をちゃんとたたむ。とか、
ちゃんと片付ける(もとの場所に戻す)とか、
小さなことまで、

「ちゃんと」する。
…っということらしい。

…で、です。

それ、ちゃんとやってないのか?
…というと、

ちゃんとやってます。

…で、
たいてい、

ちゃんとしなきゃ。の
ちゃんと、とは、

子供時代、
お母さんに、ちゃんとしなさい。と
言われ続けていたとか、
大半が人から言われたから、
で、

自分は、ちゃんとしよう。と、
みずから決意した

ちゃんとした自分でありたい。と、
主体的能動的に選んだ
『在り方』ではないってこと。

つまり、その
『ちゃんとやる』ことは、
ちゃんとやることで、
お母さんや身近な大人など、
誰かに褒められるとか、
妹や弟たちのお手本になるとか、

自分がそうしたいのではなく、
ちゃんとやることで、
誰かに認められたいから
ちゃんとやろうとする。

だから
ちゃんとやろう、とちゃんとやる。

でも、それ、子供時代の
親や誰かに認められたい大作戦で、

すっかり大人になった今、

ちゃんとやったからといって、
良い子、良い子と、頭を撫でてくれる人も、
褒めてくれる人も、
いません。。。。

そしてまた、
親や誰かという、過去の対象となる人が
友達やパートナーに
すりかわっていったとしても、

人から認められることで
満足しようとして、

ちゃんとやる。を
やり続けていても、

『認めてほしいのが他者』で
あり続ける限り、

ちゃんと、ちゃんと、は続きます。

…で、です。

ちゃんとしなきゃ!

…と、

ちゃんとやる。をちゃんとやろうとする際、

それが
みずから、
ちゃんとやろう。と、
主体的能動的に選択したこと。
なら、

おそらく、
ちゃんとやろう。と、やり続けても、
自分が思う、
『自分が設定した、ちゃんと基準』を
自分が採用しているので、

多少、苦しかったり、きつかったりしても、
報われないとか、
がんばってるのに
どこか満たされないとか、
そういう思いって湧いてきません。

つまり、
ちゃんとやろう、
ちゃんとちゃんと、とやっていて、

どれだけちゃんとやっても
ちゃんとやった感がない、
ちゃんとやってるのに報われない
…というとき、

それをさらに
もっとちゃんとしなきゃ!と
思ったり、

さらには、
ちゃんとできない自分を責めたり、
ダメだししたりする場合は、

ちゃんと、の基準が、
自分ではなく、
他者基準になっていて、

その根っこが、
他者に認められるため。に
ちゃんとやろうとしているので、

自分は、ちゃんとやることで、
誰かに認めてもらいたかったのだ。
…という、
満たされなかった自分がいることに気づき、

誰かのために良い子でいたかったんだねー
褒められたかったんだねー
認めてもらいたかったんだねーと、
自分をハグハグしてください。

誰かに褒められる、
認められることで、
自分という存在、
役立っているという満足感を
人から得たかった自分。

別に、それ自体が
いいとかわるいとかではないのです。

誰だって、
人から悪く思われたり
いやな人になりたいとは
思っていないし、
ちゃんとできるなら、ちゃんとやりたい。

褒められたいし、役立ちたい。

人なら誰しも思うこと。

自分だけが
そうなのではないってこと、

まずはそこに気付いてくださいね。

人は誰しも愛されたいし
認められたい。

そんなもの、なのですから。

そして、
そんな自分に寄り添い、
自分がやってきたことを
自分が認めるとき、

自分自身が満たされて、
ちゃんとやってもやらなくても

自分が思う、ちゃんと基準を決めて、
あえてちゃんとやっても
どんな自分もOKになります^^

 

 

それではまた次回☆

 

 

 

メルマガ書いてます。ぜひ登録してね☆

 

 

人生は長いようで、短い。

私から、あなたに伝えたいこと。

 


 

 

 

 

 


人生は、『あなた』が創る物語。

 

 

今日も素敵な一日を!

 

佐瑠女まき


プロット心理学-佐瑠女式実践心理学, 自分を生きるチカラ

自分を生きるチカラ16

人生は、『あなた』が主役の物語。

 

(プシュケ/K18WG/トルマリン アイディー パーソナルジュエリー)

 

こんにちは、

宝石+実践心理で、あなたが輝く人生を創るお手伝い

パーソナルジュエリスト

佐瑠女まきです。

 

 

今日は、メルマガからお届け☆

 

 

 

——————————————-

自分を生きるチカラ16

——————————————-

 

ひき続き
「自分を生きるチカラ」について。

まず大事なのは、
1、「自分と仲良く」する。

…で、
自分と仲良くするためには
「自分と向き合う」

まずは、
★自分を観察する
★自分を分析する。
★自分を認める。
★自分をゆるす
★手放す
★選択する
★行動する

…の続き。

【調整する】

前回、
自分として生まれてきた以上
自分の人生を生き
自分として死んでいく。

生きている以上
人は動いてる、

行動しています。

あなたが意識してようがしてまいが、
人は、生きてから死ぬまで、
ずっと動いている。

つまり、行動しています。

行動するって、
何か、バンジージャンプやるみたいに、
勇気出して、果敢に挑戦する。とか
思っているかもしれませんが、

そうじゃないですよー。

生きていく上で、何かしら動いてる
行動してますよーーーー。

そこ、気付こうよって話を
前回、お伝えしました。

…で、その続き。

自分が意識してようがしてまいが、
すでに行動している自分がいます。

やりたいこと。だろうが
やりたくないこと。だろうが、

惰性だろうが、

すでに行動しちゃってます。

で、です。

今、何が起きているのか?

まずは、自分を観察する。

そして、
自分は、どんな前提で物事を見ているのか?
どんな見方をしているのか?
分析してみる。

そして、
それに対して、自分を責めたり、
人を責めたりするのではなく、

「自分は、そういう前提で物事を見ていたんだな」
「自分って、こんなふうに、物事を捉えていたんだな」
…など、
そのまま認める
そこには、言い訳も必要ありません。

そして、
「自分は、そういう前提で物事を見ていたかったんだね」
「自分って、こんなふうに、物事を捉えていたかったんだね」
…と、
そういう自分を許す

さらに、そこでの自分のものの見方、
前提となっていた観念を
そのまま持っていたいのか?

それとも、手放したいのか?
再度、選択する。

そしてまた、
再度選択した基準で、行動する。

それを繰り返し繰り返しやる。

人生とは、その繰り返しです。

繰り返しですが、

ただ、同じことをやるとか
なぞるとか
そういうことではなく、

必要であれば、
再度選択し、変えたいところは変える
変えたくないところはそのままにして、
自分で調整していく。

調整していくことを繰り返す。
…ということです。

何かしら行動すれば、
必ず何かしらの反応が出てきます。

それを見て、

自分を観察し

自分を分析し

自分を認め

自分をゆるし

手放して

選択する

行動する

調整する

その繰り返し。

自分と向き合うって、
この一連の作業のこと。

だから、
どこにも
自分を責める、ジャッジする
ダメだしをする

できない自分のできない部分を
矯正する

…なんてことは、
どこにもないのです。

You see?

自分と向き合うとは、

より成長していく方向へ
自分の意識や行動を持って行く
未来に向けて、
よりベストな選択をするためにやること。

…なのです^^

 

 

 

それではまた次回☆

 

 

 

メルマガ書いてます。ぜひ登録してね☆

 

 

人生は長いようで、短い。

私から、あなたに伝えたいこと。

 


 

 

 

 


人生は、『あなた』が創る物語。

 

 

今日も素敵な一日を!

 

佐瑠女まき


プロット心理学-佐瑠女式実践心理学, 自分を生きるチカラ

自分を生きるチカラ14

人生は、『あなた』が主役の物語。

 

(アフロディテ/K18YG/クンツァイト アイディー パーソナルジュエリー)

 

こんにちは、

宝石+実践心理で、輝く人生を創るお手伝い

パーソナルジュエリスト

佐瑠女まきです。

 

 

今日は、メルマガからお届け☆

 

 

 

——————————————-

自分を生きるチカラ14

——————————————-

 

ひき続き
「自分を生きるチカラ」について。

まず大事なのは、
1、「自分と仲良く」する。

…で、
自分と仲良くするためには
「自分と向き合う」

まずは、
★自分を観察する
★自分を分析する。
★自分を認める。
★自分をゆるす
★手放す

…の続き。

【選択する】

あれこれいろいろ考える自分を
いったんわきに置く。

許すことができない自分を
許すことができないなら、
それ自体、手放す。

手放すとは、
握りしめて何もできない手を解放し、
両手を自由に使えるようにする。

それだけです。

…で、です。

そもそも、
それを手放せないで、
執着している時、

実は、心の奥に、
それがないと不安、
それがないと怖い、
…みたいな不安や恐怖が隠れています。

だから、手放せない。

…とはいえ、

手放すことができないと、
自分を、執着という名の鎖で
がんじがらめに縛りつけているようなものです。

…とはいえ、
そうやって、不安や恐怖と対峙しないで
しがみついたままで、
ずっと避けていても、
いつまでたっても不安や恐怖は消えません。

不安や恐怖を解消するには、
不安や恐怖と対峙すること。

そして、
何が不安で、何が怖いのか?
そこを明確にすること。

で、
何が不安で何が怖いのか?

それがわかってくると、
じゃあ、それをどうすればいいのか?

具体的な解決法、対処法が見えてきます。

…と、文章で書くと、
簡単なんですけどね。(^^;;

不安や恐怖って、感じたくないから、
自分から見ようとしないし、

それ自体、『なかったこと』に
している場合が多いので。

で、そうすると、
自分の行動、言動が、ズレてきます。
つじつまが合ってなかったり、
そのときそのときで自分の意思がブレブレだったり、
焦って、わやわやしていたり、

etc

 

etc

 

akb

 

hkt

エトセトラエトセトラ

 

だんだん思考回路がぐちゃぐちゃしてきます。

だんだん行動がおかしなことになっていきます。


これ、はたから見てると、すごーーーく分かります。

でも、本人は気づきたくないので、
気付かないようにしています。

たとえていうなら、
何かしら、やましいことをしてしまって
それを人に気付かれまいとして
たちまわっているとか、

嘘をついて、それがバレないように
一生懸命、言い訳をしているとか、

ま、そんな感じです。

なので、

不安や恐怖と対峙できそうにない

そもそも
自分、不安や恐怖なんて感じていないし。と
思っていながら、
なんか妙な汗かいてるときとか、

ま、そういうときは、
不安や恐怖と、一時的に距離を置いて

ちょっと別の人になって考えてみるのです。

自分がすごいなーと思っている人
自分が尊敬する人
そういう人達なら、

この状況を、どうやって乗り切るのか?

あの人だったら、どうするか?

みたいに置き換えて、
あれこれいろいろと対策や対処法を
考えてみるのです。

可能なら、直接、本人に聞いてみても構いません。

そうやって、いろいろと選択肢を増やして、
その中で自分がベストだなと思うことを
選択する。

もちろん、不安や恐怖と向き合えて、
その対処法をいくつも考えて
その中からベストなものを選択しても構いません。

自分の選択肢と
そうやって自分が尊敬する人の案を
見比べて、選択しても構いません。

不安や恐怖はおいといて、
もし、不安や恐怖を感じていなかったら
どんな選択をするのか?
そんなふうに考えても構いません。

 

いずれにしても、

 

これからの自分。
それが実現した自分。

 

自分が自分を生きてるな、と感じられる自分なら、
一体、どんなことを選択し、行動するかな?と
イメージしていく中で、でてきたものの中から
ベストなものを選択する。

 

そうやって、
いろんなことに対して、何をどう選択するか?
それを繰り返していくうちに

自分なりのパターン、
自分なりのスタンスが見えてきて、
自分を軸として、
生きることができるようになっていきます。

結局は、その繰り返し、なのです。

 

 

 

 

 

それではまた次回☆

 

 

 

メルマガ書いてます。ぜひ登録してね☆

 

 

人生は長いようで、短い。

私から、あなたに伝えたいこと。

 


 

 

 

 


人生は、『あなた』が創る物語。

 

 

今日も素敵な一日を!

 

佐瑠女まき


プロット心理学-佐瑠女式実践心理学, 自分を生きるチカラ

自分を生きるチカラ13

人生は、『あなた』が主役の物語。

 

(ライズ/K18WG/カラーチェンジガーネット アイディー パーソナルジュエリー)

 

こんにちは、

宝石+実践心理で、輝く人生を創るお手伝い

パーソナルジュエリスト

佐瑠女まきです。

 

 

今日は、メルマガからお届け☆

 

 

 

——————————————-

自分を生きるチカラ13

——————————————-

ひき続き
「自分を生きるチカラ」について。

まず大事なのは、
1、「自分と仲良く」する。

…で、
自分と仲良くするためには
「自分と向き合う」

まずは、
★自分を観察する
★自分を分析する。
★自分を認める。
★自分をゆるす

…の続き。

 

 

【手放す】

ホンネだから、
認められない、
受け入れられない

…というとき、

 

許す。

 

それが認められなくても、
それができなくても

 

弱い自分なんて見たくない自分がいても
自分のホンネに気絶しそうになることも

 

自分と向き合えなくても

 

人のせいにしてしまう自分がいても

 

そんなこと、頭では分かってて
できない自分も

 

本当はそうしたいのにそれができないから
すねてる自分も

 

みんなみんな
ぜーーーんぶ、ゆるす。

 

 

自分が自分の味方になる。
正当化してください。

 

 

本来、自分がやっていることは、
自分では、よかれと思ってやっています。

 

だから、それでいいのです。

 

誰しも、自分がやっていることを、
間違ったことをしている。
間違いだ。と思いながら
やっている人なんていません。

 

だから、それでいいのです。

 

まずは、
自分を肯定するとこからスタートするのです。

…で、それができないなら、

 

 

 

 

 

 

手放す。

 

 

あれこれいろいろ考える自分を
いったんわきに置く。

 

許すことができない自分を
許すことができないなら、
それ自体、手放す。

 

とりあえず、
ま、いっか。

 

今、急いで結論を急いだり、
急いで許す必要もないのです。

 

 

 

ところで、
手放す。と、
考えないようにする。って、
別です。

 

捨てる。とも違います。

 

 

しがみついて固執していることを
手放す。

 

 

たとえていうなら、

 

子供が、お菓子を取られないように、
握りしめているのが、
執着。だとします。

 

 

もし、かりに、
新たなお菓子を手に入れたいなら、
いったん、握りしめているお菓子を
いったん、どこかに置き、

 

新しいお菓子を手に入れたり、
お母さんと手をつないだり、
遊ぶために、
手を空けるのが、

手放す。

 

 

 

手放すとは、
握りしめて何もできない手を解放し、
両手を自由に使えるようにする。

 

 

それだけです。

 

 

…で、です。

 

 

そもそも、
それを手放せないで、
執着している時、

 

実は、心の奥に、
それがないと不安、
それがないと怖い、

…みたいな不安や恐怖が隠れています。

 

 

だから、手放せない。

 

…とはいえ、

 

手放すことができないと、
自分を、執着という名の鎖で
がんじがらめに縛りつけているようなものです。

 

 

そうやってがんじがらめに縛っていることで、
不安や恐怖から逃れようとしている。
目を背け続けている。

 

…で、です。

 

そうやって、不安や恐怖と対峙しないで
しがみついたままで、
ずっと避けていても、

 

いつまでたっても不安や恐怖は消えません。

 

 

むしろ、そうやって、
ずっと避けているから、
不安や恐怖はなくならないのです。

 

 

自分を許せないことで、
ずっとずっと不安や恐怖を避けてきたけど
それではなんの改善にもならないのです。

 

 

不安や恐怖を解消するには、
不安や恐怖と対峙すること。

 

 

何が不安で、何が怖いのか?

 

 

そこを明確にすること。

 

 

そうやって、不安や恐怖と対峙するとき、
不安や恐怖は消え、

 

あなたの本当の望み、願いが顕れます。

 

 

そして、人生の本番は、そこから始まる、
自分を生きる人生がはじまのです。

 

 

それではまた次回☆

 

 

 

メルマガ書いてます。ぜひ登録してね☆

 

 

人生は長いようで、短い。

私から、あなたに伝えたいこと。

 


 

 

 

 


人生は、『あなた』が創る物語。

 

 

今日も素敵な一日を!

佐瑠女まき


プロット心理学-佐瑠女式実践心理学, 自分を生きるチカラ

自分を生きるチカラ8

人生は、『あなた』が主役の物語。

 

 

 

こんにちは、

宝石+実践心理で、輝く人生を創るお手伝い

パーソナルジュエリスト

佐瑠女まきです。

 

 

今日は、メルマガからお届け☆

 

 

 

——————————————-

自分を生きるチカラ8

——————————————-

 

【自分と向き合う】

 

ひき続き

「自分を生きるチカラ」について。

 

まず大事なのは、

1、「自分と仲良く」する。

 

…ということで、

自分と仲良くするために

 

★自分が自分の味方になる。

★自分をねぎらう

★自分を褒める

★過去の自分に感謝する

★自分を一番にする

 

…ということを

やっていきましょうね。と

お伝えしてきました。

 

…で

そのたびに

「自分と向き合いましょう」

お伝えしてきたのですが、

 

では、具体的にどうすればいいのか?

 

…ということについて

これから数回に分けて

お伝えしていこうと思っています。

 

…で、です。

 

自分と向き合うって

 

そもそも

自分のダメだし

でも

悪いところ

欠点をあらいだして正す的な

 

反省会ではありません。

 

…で、

自分と向き合うことが

怖い人って

 

たいてい

自分のダメだしをしたくない

見たくない自分を見たくないから。

 

…で、

なぜそうなのか?というと

 

自分のダメさかげん

自分のいたらなさ

自分がどれだけできないのか?

 

認識したくないから。

 

…で、

どうして認識したくないか?

 

…というと、

 

自分に幻滅したくない

 

自分をできない人だと思いたくない

 

ちっぽけな自分を見たくない

 

そんなこと、

うすうすわかっているけど

 

あらためて

自分のいたらなさ

悪いところに気付いて

ダメでできなくて悪い自分を

おおっぴらにしたくない。

 

小さなエゴが傷つくのが怖いから。

 

…ってことは、ですよ。

 

そういう人って、

 

前提

自分はダメで、ちっぽけで

できなくて

欠点だらけで

どうしようもないダメ人間って

なってませんか?

 

…ってこと。

 

なぜなら

これが

 

かりに

自分は素晴らしい

自分には才能がある

 

自分では気づいてないけど

きっといいところを持っているんだ!

 

思っていれば

 

自分と向き合うことって

 

自分の中にある宝探しになり

 

ドキドキワクワクしながら

未知の自分と出会うことに

胸をふくらませて

希望に満ち溢れながら

自分と向き合うことになるから。

 

あるいは、

 

自分って

ダメだし

できないことあるし

欠点だらけだけど

 

もしかしたら

自分が気づいていないだけで

何かがあるかもしれない。

可能性を見ることができるから。

 

…で、です。

 

もしかりに

自分はダメで

できなくて

欠点だらけで

イケてないって

わかっていたとして

 

それをわざわざ出しまくったり

傷の上塗りをするかのように

自虐的行為に走ったり

 

反対に

周囲にバレないように

一生懸命、頑張っていたり

 

気付いてないフリ

なかったことにして

自分の心の奥の奥に

押し込めているとしたら…

 

もし、

そんな人が

あなたの目の前に現れたら…

 

…どう感じます?

 

…ってこと。

 

You see?

 

…で

 

自分と向き合う。とは

自分を知るためにやること。

 

それ以上でもそれ以下でもない自分。

 

ありのままの自分を

等身大に認識する。

 

…という

確認作業。

 

…なのです。

 

現状確認できないと

 

自分の良さもわからなければ

自分の可能性も分からないし

 

ましてや

自分は何ができなくて

何が不得意なのか?

分からなければ

 

どこをどうすればいいか?

まったくわからないし、

 

人に協力してもらったり

手伝ってもらったり

人に助けを求めることも

できません。

 

自分は人間で

完璧ではないからこそ

 

自分と向き合い

自分を客観的に見て

 

どこを伸ばしていけばいいのか?

 

どうすれば

より自分を活かすことができるのか?

 

どこを協力してもらえばいいのか?

 

どうすれば

より人とうまくやっていくことが

できるのか?

 

どこに自分の立ち位置があり

どこに自分の活躍の場があるのか?

 

自分が把握すること。

 

そのために

自分と向き合う。

 

…ということで

次回から

 

具体的に自分と向き合う方法を

お伝えしていきますね。

 

ではまた次回☆

 

 

 

 

メルマガ書いてます。ぜひ登録してね☆

 

 

人生は長いようで、短い。

私から、あなたに伝えたいこと。

 


 

 

 


人生は、『あなた』が創る物語。

 

 

今日も素敵な一日を!

佐瑠女まき


プロット心理学-佐瑠女式実践心理学, 自分を生きるチカラ

自分を生きるチカラ7

人生は、『あなた』が主役の物語。

 

 

 

こんにちは、

宝石+実践心理で、輝く人生を創るお手伝い

パーソナルジュエリスト

佐瑠女まきです。

 

 

今日は、メルマガからお届け☆

 

 

 

——————————————-

自分を生きるチカラ7

——————————————-

 

 

ひき続き
「自分を生きるチカラ」について。

まず大事なのは、
1、「自分と仲良く」する。

…の続き。

★自分が自分の味方になる。
★自分をねぎらう
★自分を褒める
★過去の自分に感謝する

「過去の自分に感謝」して
過去の自分を味方につけたら、

 

 

【自分を一番にする】

 

自分を一番にする。

…って、

自分では、やっているつもりでも
うっかりしてると
後回しにしちゃってること
よくあります。


自戒もこめて。

自分のことを
優先しているつもりが

メールの返信だったり
コメントのお返事だったり
しているうちに

今日、これをやるぞ!って
決めてたことが
いつのまにか後回しになってたり
…みたいな。

こんな感じで、
些細なことなんだけど

そうやって
ついつい
人とコミュニケーションとってるうちに

うっかり
自分が本来やることを
融通して
人を優先してたり

ちょっと体調悪いけど
人との約束があるので
無理しちゃったり

…しちゃったりするんですよね。


これまた自戒もこめて。

 

 

 

…で、です。

 

そうやって
自分を後回しにしてしまう
人の方に気をとられること

そもそも
ダミーであって

ここで
自分を一番にもってこよう!と
意気込んだところで

たいして変わらないものです。

 

…というのも、

自分を一番にしないメリットがあり

自分を一番にする  <  自分を後回しにする

…という図式
根本から変えない限り

この現象は起き続けます。

…で、
たいてい

自分を一番にしないメリット

不安や恐怖を感じなくていい
恐れの回避。

それは
たんに
新しいことに挑戦しなくていい
先に進まなくていい
など、未来に対する恐れか、

 

人からよく思われたい

人に迷惑をかけたくない

…などと、
愛に関する恐れ

 

…で、
自分自身、それが根底にあると
知っていて
確信犯的に
「あえて」それを選択している

 

主体的能動的に確信犯やってるなら
まだいいのです。

 

そもそも
自分を一番にしないのは
いけない。
とか、
悪い。とかではないので。

それよりも、

自分を一番にしない。
…という現状に対して

そのままそれを選択するか?

それとも変えるのか?

これからどうする?

…と、
今、
そして
これからの自分を
どうするか?

再選択することです。

 

自分を一番にできない自分は
いけない
悪い
…と、

ジャッジしたところで

結局、

それは先に進むことを
恐れているところからは
抜け出すことはできない

人からよく思われたい
人から嫌われたくない

ならば、
本当はどう対処すると

本当の意味で
いい人だと思う人
(いい人は、いい人に思われたいと
思っていない)

嫌われない人
(人から好かれる人もまた
人から嫌われたくないと
思ってはいない)

 

そうなるのか?

 

自分と向き合いましょってこと。

 

 

You see?

 

 

…で、

自分の人生は自分が主役なので

 

人と波風たっちゃったり
人を後回しにしても

まずは自分が自分のことを
一番にしていないと

誰もあなた以上に
自分のことを一番にしてくれる人は
いないのです。

 

赤ちゃんや子供の頃は
親がそうしてくれたかもしれませんが

大人になった今、
いまだに親に面倒みてもらわなくても
自分で自分のことって大事にできます。

 

 

人が分かってくれなくても
自分が自分をわかっていれば

ぶっちゃけ
人から嫌われようと
無視されようと

あまり気になりません。

 

なぜなら
たいていの人は

自分をわかってほしい。という
思いの裏に

実は自分が自分のことを
一番分かってなかったり
するものです。

 

自分が自分を一番にする。と
決めて

そこでぶちあたること。

それをガチで向き合って
何より優先すること。

 

 

人を優先するこころの奥に
罪悪感があれば

 

すべて補償行為
犠牲になってしまい
自分は
何一つ受け取ることができません。

 

罪悪感ではなく
真心があれば

忘れた頃に
別な形で
めぐりめぐって自分のところに
なにがしかのことがかえってきます。


受け取るため、ではないですが

ここを見分けるためにも
やっばり自分にガチで向き合うって
大事です。

 

そうやって

自分を一番にしよう! と、
自分とガチで向き合うとき
人生は変わり始め

 

自分を生きるチカラが
身についてくるのです。

 

 

 

メルマガ書いてます。ぜひ登録してね☆

 

 

人生は長いようで、短い。

私から、あなたに伝えたいこと。

 


 

 

 


人生は、『あなた』が創る物語。

 

 

今日も素敵な一日を!

佐瑠女まき


プロット心理学-佐瑠女式実践心理学, 自分を生きるチカラ

自分を生きるチカラ6

人生は、『あなた』が主役の物語。

 

 

 

こんにちは、

宝石+実践心理で、輝く人生を創るお手伝い

パーソナルジュエリスト

佐瑠女まきです。

 

 

今日は、メルマガからお届け☆

 

 

 

——————————————-

自分を生きるチカラ6

——————————————-

 

ひき続き
「自分を生きるチカラ」について。

 

1、「自分と仲良く」する。

…の続き。

 

★自分が自分の味方になる。

★自分をねぎらう

★自分を褒める

 

…の次は、

 

 

【過去の自分に感謝する】

前回の
「自分を褒める」で
自分のことを認められずに
自分を褒めることができない

自分を褒めることが苦手な人って

 

たいてい
過去の自分がやってきたこと。
…に対して、

 

「よし。」とできない
何かしらのことがあったりします。

 

それは

自分自身が
できなかったこと

 

もっと〇〇すればできたのにと
後悔していること

 

もっと◇◇した方が
よかったんじゃないかなど
自分に対するダメだし

 

など

 

過去の自分に対して
まだまだ完全に
認められないことがあるから。

 

 

当時の自分なりに
ベストを尽くしたんだから
あの時は、まだ未熟で
そうするよりほかなかった

…と、
ある意味、

言い訳かもしれませんが
自己弁護できたり

 

仕方ないと
割り切る
言い切れれば
いいんですが

 

そうではなく、

 

当時の自分自身が
中途半端にしたこと

本当はもっとできたはずなのに
やらなかったことが
後の不満な結果につながったり

自分に正直にならず
自分を誤魔化した選択や

逃げ
回避など

 

過去の自分に対して
批判、
ジャッジメントしていると

 

その延長である自分のことを
受け入れられず
認めることもできず
褒めることもできない。

 

 

ま、
ジャッジメントしているんですから

批判している相手に対して
褒めようったって

そりゃ、難しいってもんです。

 

 

…で、です。

 

 

そもそも
なぜ
自分をジャッジメントし続けるのか?

…ということなんですが、

これって
ぶっちゃけ

 

ダミー。

 

自分を責めている方がラク。
…なんですよ。

 

知らないことに挑戦する恐怖も
挑戦して失敗するリスクも
避けて通れるし。

 

過去の自分にダメだしやって
過去を向いていれば
未来を切り拓くことに
着手しなくてすむ。

 

 

また、
こんな人もいるかもしれません。

 

 

自分を褒めるということは
自分を肯定することです。

 

自分を肯定することで
誰かを肯定しなくてはいけないけど

その誰かを肯定すると
都合が悪い。

 

そう、
さきにあげた
自分へのジャッジメントを
転嫁して、
誰かを責めることで

罪悪感や
自己否定
自己攻撃から

自分を無意識に守ろうとしている人。

 

たとえば
幼い頃に
母親がひどい親で
母親が許せないでいる人。とか、

 

自分の下に長男の弟がいて
親が長男ばかり可愛がって
自分はあまり可愛がられていなかった。
とか。

 

相手に恨みや憎しみを抱くことで
違った形で過去に執着している人。

 

認められたい!と
人一倍思っているのに

自分が自分を認めてないから
うまくいかない。

 

 

…というか
自分を認めることは
例にあげた親…
自分のルーツをも認めることになる。

 

でもそれは認めたくない
許せない。

 

親を憎しみ恨み続けるために
自分を苦しめている。

 

だから
自分のことを褒められない。

 

…というか
褒めるもんか!と
意固地になってます。

 

 

それも認めたら
親のせいで…と
言い訳できたことが
言い訳できなくなる。


ここに使えなくなるって
当の本人にしたら
痛いワケです。

 

 

 

…というか、
自分とて欠点もあれば
いたらないこともある人間です。

 

 

神様みたいに
デキた人ではありません。

 

そしてそれは誰も期待していません。

 

あなたはあなたのままで
じゅうぶんだし

あなただからできることって
たくさんあります。

 

そこ、探しましょう。
そこ、見つけましょう。

 

探して見つけたら
よりもっと磨きをかけましょう。

 

それが前向きな生き方。

自分を生きる生き方です。

 

そして。
親とて人間なんです。

〇〇してくれなかったと
不満や文句を言いたいのは
親は神で完璧だ。という
子供時代に見た幻想。

 

そこから目を覚ましましょう。

 

いつまでも
親が親がと言ってないで
そこから卒業しましょう。

 

あなたはもう大人で
何もかも自分のチカラで
切り拓くことができるのです。

 

そして
自分が自分に本気になって
取り組めば
協力する仲間も
応援してくれる人も
出てくるのです。

 

頼る相手
認めてほしい相手を
親だけに固執してないで。

 

もっと広い世界へと
はばたきましょう。

 

過去の自分も自分。

それはそれ。

そして
これからどうする?

…って話。

 

過去の自分がいたからこそ
こうして今、生きているのです。

 

そんな自分に
まずは

感謝する。

 

そうすると
過去の自分

あなたの土台となり
あなたを支え
あなたを応援
あなたの背中を押してくれます。

最も心強い仲間の一人として
過去の自分を味方につけるためにも

 

まずは
過去の自分に感謝しましょう。

 

 

 

メルマガ書いてます。よかったら登録してね☆

 

 

人生は長いようで、短い。

私から、あなたに伝えたいこと。

 


 

 

 


人生は、『あなた』が創る物語。

 

 

今日も素敵な一日を!

佐瑠女まき


プロット心理学-佐瑠女式実践心理学, 自分を生きるチカラ

自分を生きるチカラ4

人生は、『あなた』が主役の物語。

 

 

 

こんにちは、

宝石+実践心理で、輝く人生を創るお手伝い

パーソナルジュエリスト

佐瑠女まきです。

 

 

今日は、メルマガからお届け☆

 

 

 

——————————————-

自分を生きるチカラ4

——————————————-

 

ひき続き

「自分を生きるチカラ」について。

 

まず大事なのは、

「自分と仲良く」する。

 

…の続き。

 

★自分が自分の味方になる。

 

そして2つめ。

 

【自分をねぎらう】

 

自分をねぎらう。

 

…って、

他のテーマでも

必ずと言っていいほど

書いていることなんですけど、

 

自分をねぎらう。

 

めっちゃ大事です。

 

…というか、

このメルマガを読んでいる

大半の方が

 

前向きに

日々、成長しよう

がんばっていらっしゃる方だと

思うのですよ。

 

もしかしたら

がんばっているという自覚も

ないんじゃないかと思うのです。

 

自分、まだまだ…と

できてないことを

できるように

前向きに挑戦していくって

 

とっても素敵やと思います。

 

成長しよう

チャレンジしよう

可能性をひろげよう

していくって

素敵やと思うのですが

 

その姿勢

その生き方

 

当たり前

 

…じゃない。

 

より高みに挑戦していくって

当たり前ちゃうんですよ。

 

もしかしたら

すっかりこれが当り前になってるかも

しれないんですけど

 

そういう自分って偉いっ!

 

よく頑張ってるね!

 

多少、大げさなくらいに

ねぎらってください。

 

挑戦したり

前向きに何かやってる時って

交感神経マックスです。

 

緊張しています。

集中してます。

 

…で、

その状態をずっと続けていると

 

疲れていたり

休みたいと思う自分に

気付きにくいのです。

 

肩こりが当り前になってると

人から肩をさわられて

『あ、けっこう凝ってるな』

気付くときのように

 

疲れや倦怠感を

感じにくくなってるのです。

 

だから

あえて

 

ときどき

立ち止まる。

 

よくやってるよ。と

自分をねぎらう時間を作る。

 

自分がやってきたこと

やっていること

 

自分自身に意識を向ける。

 

未来や目標

夢を実現しようと

夢中になってると

 

うっかり自分のことを

おきざりにしてしまい

 

疲れが限界にきて

倒れて気付く

 

病気になって気付くことに

なってしまいかねません。

 

だから

ときどき

自分に意識を戻して

 

交感神経から

副交感神経に

スイッチを入れる。

 

自分をねぎらう。

 

自分が自分のやってきたこと

がんばり

努力

しんどい思いも

すべて自分は知っています。

 

他の人が気づかない

苦労

辛いこと

苦しい思いも

自分は知ってます。

 

自分が見ています。

 

『当たり前』の反対は『感謝』

 

当たり前だと思っていると

いうことは、

 

感謝が足りてないとき。

 

まずは

日々がんばっている自分自身に

感謝する。

 

感謝してねぎらう。

 

日々、やっていること

当たり前にできていること

 

それ

当たり前じゃないんですから

 

まずは

そこ

 

ねぎらいましょう。

 

ねぎらうことで

心も体も緩めて

 

そしてここからまた

未来にむけて

自分を生きていきましょう。

 

 

 

 

メルマガ書いてます。よかったら登録してね☆

 

 

人生は長いようで、短い。

私から、あなたに伝えたいこと。

 


 

 

 


人生は、『あなた』が創る物語。

 

 

今日も素敵な一日を!

佐瑠女まき


プロット心理学-佐瑠女式実践心理学, 自分を生きるチカラ

自分を生きるチカラ3 自分が自分の味方になる。

人生は、『あなた』が創る物語。

 

 

 

こんにちは、

宝石+実践心理で輝く人生を創るお手伝い

パーソナルジュエリスト

佐瑠女まきです。

 

 

今日は、メルマガからお届け☆

 

 

 

——————————————-

自分を生きるチカラ3

——————————————-

 

ひき続き

「自分を生きるチカラ」について。

 

まず大事なのは、

1、「自分と仲良く」する。

 

今日からさらに

そこを詳しく書いていきます。

 

自分と仲良くする。

その一つ目は、

 

【自分が自分の味方になる】

 

前回も書きましたが、

 

自分と仲良くするどころか、

自分にダメだししたり

自分を否定したり

自分を批判したりして

自分を攻撃している人って

けっこういます。

 

そして

自分のダメなところ

ないもの

欠点ばかりを

チェックして

減点する。

そしてさらに

自分をおとしめていく。

 

多かれ少なかれ

やっている人

います。

 

自戒もこめて。

 

…で、です。

 

自分が仲良くしたい人に

こんなことやってたら

 

仲良くなれますか?

相手は、仲良くなりたいと思ってくれますか?

 

…なれませんよね?

 

また、

自分のこと批判したり

ダメだししたり

ふだんから攻撃されてる人が

困ってたら…

助けを求められたり

協力要請されたら

助けたいと思います?

協力したいと思いますか?

 

ぶっちゃけ

心の奥で

ほらみたことかって

多かれ少なかれ

思ったりしちゃいませんか?

 

そこなんですよ。

そこ。

 

ふだんから

自分のこと

攻撃したり否定したり

ダメだしして欠点ばかり

指摘している人を

いい人だとは思えない。

 

困っていても

心から助けたいとは思えない。

 

そこを飛び越えて

手を差し伸べられる人

神様です。

…で、そういう人はおいといて。

 

私達は

神様でも仏様でもないので

たいてい

自分のことを悪く言う人

欠点やダメだしして

指摘する人とは

そうそう仲良くなれるものではありません。

 

…で、です。

 

あなたの中に

自分を否定する住人。

自分を攻撃する人がいたら…

 

…どうなると思いますか?

 

自分が自分を攻撃しあったり

困っていても助けなかったり

自分の中で紛争が起きます。

 

こういう状態で、

何かをやりたい。

実現したいと思っていると

自分がそれをサポートしたいと

心から思えない自分がいる。

 

意識が一致しない。

いつも内戦。

いつも葛藤。

だからなかなか実現できない。

 

それがさらに拡大していくと

自分の外側…

つまり、そうやって自分を批判したり

攻撃する人が

目の前に顕れます。

そして、自分の外側

争いや不調和が起きます。

 

もちろん

こういう状況

引き起こすことに<お得>があるから

起きるんですが、

今日はそれはおいといて。

 

自分が自分の味方でないと

援護射撃ができてないと

 

やりたいことをやるとき

実現したいことを実現しようとするとき

味方も応援もいないってことです。

 

孤立無援なんです。

 

You see?

できれば応援も味方も

多いほうがいい。

エネルギーは一つに集約した方が効率いい。

 

四面楚歌

孤立無援で

反骨精神で出すエネルギーを

使う手もありますが

それって

怒りや悲しみ

劣等感をバネに

やっているのと似ています。

 

それだといつか限界がくる。

遅かれ早かれ

そこと向き合う時がきます。

 

また、

自分を攻撃する人が

自分の中にいると

 

一つにまとまらないので

意識が一点に絞れません。

 

意識が一点に絞れないって

虫眼鏡で、太陽光線を集めて

紙を燃やすような

そういう、ブレイクスルーが

起こせないってことです。

 

だから

自分がまずは自分の味方になる。

 

 

何かを実現したり

もっと自分を活かしたことを

やりたいと思うなら、

 

自分を攻撃したり

ダメだししたりしてる

場合じゃないのです。

 

そんなことしてたって

自分は自分だし

自分を批判して攻撃したところで

何も改善しないのです。

 

まずは自分が自分の味方になる。

 

そして

とっとと自分がすすみたい方向へ

フォーカスする。

意識を集める。

 

それがもっとも自分を活かす近道。

 

そして

自分を生きることにつながつていくのです。

 

 

 

 

メルマガ書いてます。よかったら登録してね☆

 

 

人生は長いようで、短い。

私から、あなたに伝えたいこと。

 


 

 

 


 

今日も素敵な一日を!

佐瑠女まき