プロット心理学, プロット心理学-佐瑠女式実践心理学

3、お金が入ってきたら、やる。のではなく、やる。と決めるから、お金は入ってくるのです。

人生は、『あなた』が創る物語。

 

こんにちは、

あなたの人生を飛躍的に進化させる

実践心理のスペシャリスト

佐瑠女まきです。

 

さてさて、前回からの続き。

 

お金が入ってきたら、やる。のではなく、やる。と決めるから、お金は入ってくるのです。

http://sarume-blog.com/2017/05/05/plot_money-9/

 

2、お金が入ってきたら、やる。のではなく、やる。と決めるから、お金は入ってくるのです。

http://sarume-blog.com/2017/05/08/plot_money-10/

 

【3、お金が入ってきたら、やる。のではなく、やる。と決めるから、お金は入ってくるのです。】

 

やる。行く。する。と

決めて動くと、

お金って入って来る。

 

…でも、

 

それって、

なにがなんでも、それをしたい、得たい。と

執着していると入ってきません。

 

すーっと通るときと、執着しているとき、

 

その違いは何かというと、

 

願望が希望のときは、

自分が自分を留めているものがないから、

その意識がまっすぐ通り、

 

執着は、しがみついていて

自分が自分を留めている…、

結果的に自分が邪魔している。

 

自己信頼が足りず、自分が実現できる。と

無意識で思えてない人は、その通りになる。

 

意識では、それが実現してそうなりたい。と

思っていながら

心の奥底では、何かにしがみついているので、

実現しないように、自分で仕向けている。

 

じゃ、それ、

自分が執着してるのかどうか?

 

どうしたらわかるのか?

 

執着してるとしたら、

それをどう変えればいいのか?

 

知りたい!ってなったとき、

どうすればいいのさ???

 

…という話。

 

…で、です。

 

まずは基本

 

とにかくまずは、やってみる。

 

<行動>ありき。

 

まずは、実際にコミットしてみる。

 

そして行動する。

 

…で、それが通ったら

あなたのマインドが一本化できていて

留めるものがなかったから、そうなった。

 

そうでないときは、

 

その意志の意識の下にある無意識の願望が

どうなっているか?

自分と向き合い、見直す。

 

確認する。

 

<エラーアンドトライ>

その繰り返し。

 

もちろん、

私にも、

それが通るときもあれば、

通らないときもあります。

 

ほんで、その都度、その都度、

自分の意識がどうなっているか?

見直します。

 

…で、

通らないとき、

 

通らない理由があり、

ああ、なんか、自分の本当の思いからズレてたな、と思うもの、

これは通らなくてもいいのか。と思うことであれば、

そこで見切りをつける。

 

気付き、意識を変えることで、

いけそうなやつは、

再度、意識を切りかえて、

再度、コミットする。

 

その繰り返し。

 

そうやっていくうちに、

どんどん意識<顕在意識>と<潜在意識>が

一本化してきて、

執着の願望が減っていくので、

通ることの方が多くなります。

 

むしろ、

今では、意識を向けるだけで

実現することもよくあります。

 

…じゃ、ぜんぶとりあえずかたっぱしから

なんでもやるしかないじゃん。

思うかもしれませんが、

 

まず、基本は、そう。

 

…でね、

 

なんだー。。。

 

がっかり。

 

特別な方法があるのかと思ってたー。と

 

落胆する人、

 

そこ、そこ。

 

まずはそこよ。

 

そのがっかりした気持ちの下に、

 

<失敗したくない>

<近道したい>

<うまくいく方法だけ知りたい>

<なにもしないで、実現したい>

<どうしても実現してほしい>←まだ執着している

 

…と、

思っていませんでしたか?

 

…で、です。

 

まずは、そういう考え方をしていると、

何をやってもうまくいきません。

 

なぜなら、

 

あなたの<無意識の目的>は、

実現したい。ではなく、

 

<失敗したくない>

→失敗するのは嫌だ という<願望>を達成したい(目的)

 

<近道したい>

→これまた言い換えているだけで、遠回り(失敗、試行錯誤)は嫌だ

→遠回りしたくない、試行錯誤は嫌だという<願望>(目的)

 

<うまくいく方法だけ知りたい>

→うまくいかないのは嫌だ→言い方変えてるけど、結局、失敗したくない

→失敗するのは嫌だ という<願望>を達成したい(目的)

 

<なにもしないで、実現したい>

→何もしたくない、行動したくない→そもそも実現する気がない

→実現する気がないという<願望(目的)

 

<どうしても実現してほしい>→執着を手放せない

そこに固執している、もっと奥にある

自分のニーズにまだ気づいていない

解決していない

 

…というような図式になっているから。

 

これ、どれも、

それを叶えたい、実現したいという<目的>から

完璧に、ズレてます。

ズレズレです。

 

…で、さらに深堀りすると、

 

<失敗したくない>

→失敗するのは嫌だ の下には、

 

まず、<失敗>に対するイメージ、観念が、いいとはいえない。

失敗は恥だ。失敗は怖い。失敗したらどうしようという不安。

などの感情が、いろいろと渦巻いています。

 

この、意識の下で渦巻いている感情、

感情を引き起こしている観念

 

そこに気付いて、必要なときは癒し、

寄り添い、

観念のイメージを変えていかない限り、

 

失敗しても大丈夫 → コミット! 覚悟! 

 

→失敗はテストの結果で、それをもとに次またチャレンジすればいい。

 

…という方向へはすすめません。

 

で、そもそも

失敗は怖い、不安って、

実際に行動してないから、

 

怖い、不安なんです。

 

不安や恐怖は、未知なるものに対する

人として当然の感情、感覚です。

それがあって当然、当り前。

 

というのは、たぶん、

あなた自身、誰かの失敗を見て、

あのひと、失敗して、恥ずかしいー

…と、誰かを見て思ったことがあるとか、

 

失敗は恥。という目、観念で捉えている以上、

失敗しないように、

人から恥ずかしいと言われないように

どうにか回避しようとする方向で、

 

時間がない、お金がないとか、なんやかんや

たくさんの言い訳を重ねていく。

そしてどんどんズレしていく。

 

で、まずは、そこに気付くこと。

 

まずは<意識の部分>で、<気づく>

 

頭で<わかる>。

 

そして、

 

あ、またやってる。と

気付くたびにやめる。

 

不安や恐怖を感じている自分に寄り添い

不安や恐れを感じきる。

 

そうやって、都度都度、フィードバックしていくのです。

 

やる。と決めるから、お金は入ってくる。

 

でも、

その水面下で、

 

執着して自分で留めていることもあれば、

 

なにもしないでなんとかしようという意識

働いていたり

 

さらにその下にある観念、

不安や恐怖などの感情があったり

反対に、それがうまくいきすぎるのも怖いというような思い、

成功したら妬まれる、嫉妬されるというような思い

 

などがあれば、

 

通りにくい。

 

やる。と決める。

…というのは、

実は、そうしたこと…

 

自分の心の奥底にある感情や観念、

そことガチで向き合います!

 

もしかりにそれが邪魔をしていても

なんとかそれを改善してでもやります!

 

もし自分が自分を留めていれば、

素直に今までの執着を手放して

新しい自分に挑戦し、

 

今まで忌み嫌っていた自分、

見て見ないフリをしてきた自分を

取り戻します!

 

…という自分に対するガチのコミット

 

だから、

 

やる。と決めると、お金が入ってくるようになるのです。

 

結局南極、自分が自分を留めているだけです。

そこと向き合うかどうか?

そこを変えるかどうか?

行動し、

うまくいかないときは、

工夫し、再度トライし続けることができるか?

 

それだけ。

以上、おしまい。

 

 

 

メルマガ書いてます。よかったら登録してね☆

 

 

 

人生は長いようで、短い。

私から、あなたに伝えたいこと。

 


————————————————————-

人生を飛躍的に進化させるプロット心理学

<気付く>→<分かる>→<選択>→<行動>→<変化>

そのために目線を変え、視点を増やし、選択肢を増やす。

人生を飛躍的に進化させていく実践型心理学

————————————————————–

 

人生を飛躍的に進化させる、佐瑠女式実践心理学

【プロット心理学】のメソッドを使ったあれこれ。

 

 

今日も素敵な一日を!

佐瑠女まき


プロット心理学, プロット心理学-佐瑠女式実践心理学

2、お金が入ってきたら、やる。のではなく、やる。と決めるから、お金は入ってくるのです。

人生は、『あなた』が創る物語。

 

こんにちは、

あなたの人生を飛躍的に進化させる

実践心理のスペシャリスト

佐瑠女まきです。

 

 

前回の続き。

(予約していたつもりが下書きになってた。汗汗)

 

お金が入ってきたら、やる。のではなく、やる。と決めるから、お金は入ってくるのです。

http://sarume-blog.com/2017/05/05/plot_money-9/

 

【2、お金が入ってきたら、やる。のではなく、やる。と決めるから、お金は入ってくるのです。】

 

これから一か月先くらいまでの旅費、ン十万を

カード決済したら、

翌日、有り得へん臨時収入が入ったよ。

 

…という私の実話ベースな話。

 

だからさ、

 

ほんまに

やる。行く。する。と

決めて動くと、

お金って入って来るんですよ。

 

やっぱ、コミット大事です。

 

コミットって、

自分、これやるよーーーー!という

意志表明。

 

やる。と決める、覚悟するから、お金は入ってくるのです。

 

決して、

お金が入ってきたら、やろう。ではないのです。

 

…という話の続き。

 

…でね、

 

それって、

 

なにがなんでも、それをしたい、得たい。と

執着しているときって

入ってきません。

 

でも、

なぜ、

 

〇〇したい!と思うのは

同じなのに、

 

今回の私みたいに、

それがすーっと通るときもあるのに、

 

その願望の根っこが、

執着してると通らないのはなぜか?

 

…という話。

 

まずは、

すーっと通るとき。

 

それはね、

自分が本来、進みたいと思っている方向のとき。

未来に向けて、進もうとしているとき。

未来への希望。

 

そして、

自分の意識<顕在意識>と<潜在意識>が、

葛藤することなく、一本化できているとき。

 

もう、こういうときは、

海を割って歩いていった、モーゼのように、

目の前がすーーーーっと

すーーーっとひらけて、

すーーっとすすめる。

 

一方、

そこに執着があるときって、

なかなか思いが通りません。

 

その理由を、今、思いつく限りで、ざっとあげると、以下の3つ。

 

1、しがみついている『過去』がある。

子供時代、満たされなかった願望があり

無意識にそれに執着している。

 

たとえていうと、

おもちゃ売り場で、

欲しいおもちゃを買ってもらえなくて

ぎゃん泣きしてる、だだこねて、売り場から離れない

子供時代の自分が、放置されたまま心の奥で

いまだに泣きわめいているような感じ。

 

→ つまり、あなたの願望は、『過去の自分を癒したい』であって、

  何かを叶えたいのではない。

 

2、何かから『逃れたい』という思いがある。

 

それだけは嫌だ! と、極端に忌み嫌う状態にだけはなりたくない、

それだけは避けたいと、必死になって未来にしがみついている。

 

たとえていうと、

家族がそれぞれ自立して、一人、また一人といなくなり、

家の中に1人でいるのは嫌だ、孤独だけは嫌だ

ひとりぼっちは嫌だーと言ってるような感じ。

 

起きてほしくない未来から、なんとかして逃れようと

もがいている。

 

→ つまり、あなたの願望は『何かから逃れたい』であって、

  何かを叶えたいのではない。

 

3、自分の可能性が信じられず、今の『自分』に、しがみついている。

 

たとえていうと、

カナヅチの人が、溺れかけて、

助けにきてくれた人にしがみついているようなとき。

 

自分ができる、自分がやれるとはとうてい信じられない、

自己信頼がない、自信がないとき。

 

→つまり、あなた自身、『自分にはそれを実現するチカラがない』と

 やる前から、自分でレッテルを貼っているので、

 そもそも、『実現する』という、ストーリーのオチがない。

 

…とまあ、

それぞれ<たとえて>みましたが、

たとえはあくまで、わかりやすくたとえたもので、

たとえが、そのままそうだよ。というものでは

ありません。

 

そこは人それぞれなので、

一人ひとり、ちゃんと見ることが必要になりますが、

 

…とにかく、結論を言うと、

 

願望が希望のときは、

自分が自分を留めているものがないから、

 

その意識がまっすぐ通り、

 

執着は、しがみついていて

自分が自分を留めている…、

結果的に自分が邪魔しているし、

 

自己信頼が足りず、自分が実現できる。と

無意識で思えてない人は、その通りになる。

 

意識では、それが実現してそうなりたい。と

思っていながら、周囲にも言いながら、

 

心の奥底では、何かにしがみついているので、

動けない。

動けないというか、動かないように自分で仕向けている。

 

無意識では、

自分から、行こうとしていない、

実現しようとしていないってわけです。

 

…ま、これ、お金に限らず、

他の願望でもそうです。

 

…ってことで、

以上、これまで。

 

…と言いたいとこですが、

 

きっと、

 

じゃ、それ、

自分が執着なのかどうか?

 

どうしたらわかるのか?

 

執着してるとしたら、

それをどう変えればいいのか?

 

知りたい!ってなったとき、

どうすればいいのさ???

 

…という方へ。

 

 

長くなったので、

 

続きは次回☆

 

 

 

 

メルマガ書いてます。よかったら登録してね☆

 

 

 

人生は長いようで、短い。

私から、あなたに伝えたいこと。

 


————————————————————-

人生を飛躍的に進化させるプロット心理学

<気付く>→<分かる>→<選択>→<行動>→<変化>

そのために目線を変え、視点を増やし、選択肢を増やす。

人生を飛躍的に進化させていく実践型心理学

————————————————————–

 

人生を飛躍的に進化させる、佐瑠女式実践心理学

【プロット心理学】のメソッドを使ったあれこれ。

 

 

今日も素敵な一日を!

佐瑠女まき


プロット心理学, プロット心理学-佐瑠女式実践心理学

お金が入ってきたら、やる。のではなく、やる。と決めるから、お金は入ってくるのです。

人生は、『あなた』 が創る物語。

 

 

こんにちは、

あなたの人生を飛躍的に進化させる

実践心理のスペシャリスト

佐瑠女まきです。

 

 

最近、マイブームなお金の話。笑

 

…てか、これ、私の実体験なので、シェア。

 

【お金が入ってきたら、やる。のではなく、やる。と決めるから、お金は入ってくるのです。】

 

5/1に東京から帰ってきて、

経費の精算をしたあと、

 

5月後半の東京行きと

6月頭の箱根合宿

 

そしてそして~

昨年にひき続き、7月、パリで開催する

ジャパンエキスポに行くためのチケット手配

それに伴う宿泊先の手配

 

さらに

5月半ばに、神戸でのジュエリー展の視察と

神戸まつりで開催されるヨットレースに今年も

お邪魔させてもらえることが決まり

そのチケットの手配と、

 

カード決済の手続きをすることが

集中しましてん。

 

その額、ん十万。

 

…で、です。

 

大丈夫か?! 私!

 

…と、多少ビビるも、

 

どのみち、すべて、

おそかれ早かれ

決済の手続きをしなくてはならないもので

 

どれもキャンセルのしようがない、

確定スケジュール。

 

ま、しゃーないわ。

 

なんとかなるっしょ。

 

カード決済したんですよ。

 

そしたらねーーー。

 

!

 

 

 

 

キターーーーーーー☆☆☆☆☆

 

…てか、

 

こーゆーことは

けっこうあるけど、

 

嘘でしょ???

 

…てなぐらい、

タイムリーすぎる臨時収入。

 

しかも、

カード決済した額と

ほぼほぼ同額。

 

もう、できすぎーーーー☆☆☆☆☆

 

…で、

いつも思うのは、

 

ほんまに

 

やる。行く。と

決めて動くと、

 

お金って入って来るもんだなーと。。。

 

コミット大事ーーーー!!!!!

 

大事です。

 

コミットって、

自分、これやるよーーーー!という

意志表明

 

で、

 

やる。と決める、覚悟するから、お金は入ってくるのです。

 

決して、

お金が入ってきたら、やろう。ではないのです。

 

 

…でね、

 

自分、コミットしてるのに、

入ってこないよーーーというあなた、

 

それはね、おおまかに4つの理由

考えられます。

 

1つめは、コミットが弱い。

やろうかなー、どうしよーかなーという

弱い意志表示は、弱い発信力しかなく、

あなたの意志が通りにくい。

ブレブレの意識には、ブレブレの意識にみあったものがやってきます。

実現化するには弱すぎるコミットをしているとき。

 

2つめは、恐れがあるのにそこに気付いていない。

やりたい! 実現したい!といいつつ、

それを実現させるためには

いろんなチャレンジをする必要があり、

恐れや不安があって、そことちゃんと向き合っていない。

 

3つめは、期待。

コミットしたら、お金、入ってくるんでしょ。と

期待して、コミットしている。

 

また、コミットしたら、お金、入ってくるんでしょ。は、

<コミット>が<目的>になっています。

 

本来の目的は、<〇〇をしたい、得たい>

コミットは、そのためのプロセス。

<手段>のようなもの。

 

期待するあまり、

<目的>と<プロセス><手段>が入れ替わっているから。

 

4つめは、執着。

なにがなんでも、それをしたい、得たい。と

執着しているとき。

 

本来、

〇〇したい。得たいは、希望。

 

これでなければ、という執着でも、期待でも、

ましてや、弱すぎる意思表示でもありません。

 

…ん?

 

執着と、期待、希望って、

何が違うのーー???

 

…と思うかもしれませんが、

 

これ、似ているようで

まったく違います。

 

…で、

その違いは何か?というと、

長くなったので、また次回☆

 

 

 

 

 

メルマガ書いてます。よかったら登録してね☆

 

 

 

人生は長いようで、短い。

私から、あなたに伝えたいこと。

 


————————————————————-

人生を飛躍的に進化させるプロット心理学

<気付く>→<分かる>→<選択>→<行動>→<変化>

そのために目線を変え、視点を増やし、選択肢を増やす。

人生を飛躍的に進化させていく実践型心理学

————————————————————–

 

人生を飛躍的に進化させる、佐瑠女式実践心理学

【プロット心理学】のメソッドを使ったあれこれ。

 

 

今日も素敵な一日を!

佐瑠女まき