プロット心理学-佐瑠女式実践心理学, 輝く生き方

自分に負けていませんか?

人生は、『あなた』が主役の物語。

 

(サンダンス/K18YG/シトリン アイディー パーソナルジュエリー)

 

こんにちは、

宝石+実践心理で、輝く人生を創るお手伝い

パーソナルジュエリスト

佐瑠女まきです。

 

 

さてさて、今日は、
「自分に負けていませんか?」というお話。

 

 

【自分に負けていませんか?】

 

ところで、
「自分に勝つ」とは、自分をあきらめないってことで

「自分に負ける」とは、自分をあきらめること。

…で、ここでいう、
勝ち、負けとは、
勝敗を決める戦い、ではなく、

闘う。健闘する、の闘う。
争いではなく、

あきらめてしまいそうな自分と
あきらめたくない自分が
せめぎ合うってこと。

そして、そこでの闘いに負けるということは、

誰かに負けるんじゃなく、

自分を早々にあきらめること、
自分に負けるってこと。

それは
愛に生きるか?
恐れに飲み込まれるか?

選択しながら生きるってこと。

自戒を超・こめて。笑

…で、です。

自分をあきらめるか?
あきらめずに希望を持ち生きるか?
自分の可能性を信じるか?

なんとなく生きるか?は、
それぞれの選択です。

その上で、
あなたは、
自分のこと、あきらめますか?

もし、
自分をあきらめたくない

いつか、変わろうと思いながら
ずっと、くすぶっているとしたら、

今、行動しませんか?

自分を早々にあきらめず、
自分を生きたい。

でも、その方法が分からないあなたは

いつでもいらしてくださいね^^

あなたが自分を生きるお手伝い
あなたの変わりたいという気持ちを、
全力で、サポートします。

 

まずはメルマガ登録してね☆

 

ではまた☆

 

 

 

 

 

 

人生は長いようで、短い。

私から、あなたに伝えたいこと。

 


 

 

 

 


人生は、『あなた』が創る物語。

 

 

今日も素敵な一日を!

 

佐瑠女まき


プロット心理学-佐瑠女式実践心理学, 自分を生きるチカラ

自分を生きるチカラ15

人生は、『あなた』が主役の物語。

 

(ライズ/K18YG/ペリドット アイディー パーソナルジュエリー)

 

こんにちは、

宝石+実践心理で、あなたが輝く人生を創るお手伝い

パーソナルジュエリスト

佐瑠女まきです。

 

 

今日は、メルマガからお届け☆

 

 

 

——————————————-

自分を生きるチカラ15

——————————————-

 

ひき続き
「自分を生きるチカラ」について。

まず大事なのは、
1、「自分と仲良く」する。

…で、
自分と仲良くするためには
「自分と向き合う」

まずは、
★自分を観察する
★自分を分析する。
★自分を認める。
★自分をゆるす
★手放す
★選択する

…の続き。

【行動する】

不安や恐怖と対峙できそうにないときは、
不安や恐怖と、一時的に距離を置いてみる。

 

そして、気持ちを切り替えて、
自分がすごいなーと思っている人
自分が尊敬する人
そういう人達なら、
この状況を、どうやって乗り切るのか?

 

あの人だったら、どうするか?

みたいに置き換えて、
あれこれいろいろと対策や対処法を
考えて

いろいろと選択肢を増やして、
その中で自分がベストだなと思うことを
選択する。

 

または、
これからの自分。
それが実現した自分。
自分が自分を生きている時、
一体、どんなことを選択するかな?と仮定して、
でてきたものの中から、ベストなものを選択する。

 

そうやって、
いろんなことに対して、何をどう選択するか?
あれこれ立場を変えたり、設定を変えて、
選択を変えていく。

 

そうやっていくうちに、
自分なりのパターン、
自分なりのスタンスが見えてきて、
自分を軸として、
生きることができるようになっていくっていう

 

…続き。

 

当然のことながら、
選択する。のあとは、

「行動する」

…で、おそらく、何度も
行動しよう、行動って大事って、
聞いたり、言われたりしてると思います。

そして、

行動する

行動しない

…の選択で、その後が大きく変わります。

…で、それを分かっている人は、行動します。

分かっている人は、
言われなくても行動するし、
怖くても行動するし
不安があっても行動するし
準備不足でも行動する。

どんないかなる場合でも
とにかく行動する。
やってみる。

…で、それは分かるけど、できない人が大半です。

そこで、
行動するという選択ができない場合、

自分を観察し、自分を分析する。
現状把握がしきれてなくて
漠然と不安や恐れの方を
見ているから足がすくんで行動できないとか

自分を認める、ゆるすが
できなくて、
禁止してるから、行動できないとか

何かに執着して手放せないから
現状にしがみついているとか、

失敗しなくていい、人から何か言われるのが怖い
できない自分だって、自分にがっかりするのが嫌とか

 

前向きにやっているのをアピールしたいだけ
実際に行動して何か実現したいわけではないとか

 

リストアップしていけば、
行動できない理由なんて、山のように出てきます。笑

…で、それ、みんなダミーなんで、
ほっときます。

行動したくないなら、しなきゃいい。

行動しなくて困らないなら、それでいいんです。

行動しないことを選択し続けて、
このままじゃ、ヤバいかも★って
危機感を感じれば、
誰だって動くのです。

それでも行動しない選択をして、
より自分を追いつめていくのも
それもまた選択です。

そうやって、行動してもしなくても
あなたはあなた。

着ぐるみを脱ぐように、
自分から逃げ出すことはできないし

別人になることもできないし

他の人に人生を背負ってもらうこともできないし

自分として生まれてきた以上
自分の人生を生き
自分として死んでいくのです。

ぶっちゃけ、
自分を生きる。なんて、わざわざ書かなくても、
みなさん、自分を生きているんです。

…というか、
自分を生きるしか、ないのです。

生まれた以上、死ぬまで自分なんです。

そんな自分を活かすも殺すも
自分なんです。

なんとなく生きてなんとなく年老いて
なんとなくこの世から去っていく。

それもまた人生。

いただいた命を最大限に使って生きるのも
また人生。

それを選択するのはあなた自身ですが、

選択しないままでいるということもまた、
選択しない。にマルをつけている、
選択しているってこともお忘れなく。

どこにいても何をしても自分は自分。

大事なんでもう一度言いますが、

着ぐるみを脱ぐように、
自分から逃げ出すことはできないし

別人になることもできないし

他の人に人生を背負ってもらうこともできないし

自分として生まれてきた以上
自分の人生を生き
自分として死んでいくのです。

そして。

行動しない、行動してないって
思っているのは自分だけで、

生きている以上
人は動いてる。

行動しています。

その行動のベクトル
意識しているか?
意識していないか?

それだけです。

だから、自分は行動できない。って、
自分を責めている人がいたとしたら、

それもまた、ダミー

行動している自分に気付いていないだけです。

行動している自分に気付いたら
都合が悪いのです。

それだけ。

…ってことで、
人は、生きてから死ぬまで、
ずっと行動し続けてるし、
動いてる。

意識してもしなくても。

ならば、そのベクトルをどこにもっていくか?
その方向性を見定めるだけです。

行動するって、
バンジージャンプじゃないですよ。

歩くのと同じくらい、自然にできていること。

息をするのと同じくらい
自然すぎて当たり前すぎ
自分が気づいていないだけです。

だから

みんな

すでに

なにかしら

行動してるってことで^^

そこ、気付こうよって話。

 

 

今日は、そんなオチ。笑

 

それではまた次回☆

 

 

 

メルマガ書いてます。ぜひ登録してね☆

 

 

人生は長いようで、短い。

私から、あなたに伝えたいこと。

 


 

 

 

 


人生は、『あなた』が創る物語。

 

 

今日も素敵な一日を!

 

佐瑠女まき


プロット心理学-佐瑠女式実践心理学, 自分を生きるチカラ

自分を生きるチカラ14

人生は、『あなた』が主役の物語。

 

(アフロディテ/K18YG/クンツァイト アイディー パーソナルジュエリー)

 

こんにちは、

宝石+実践心理で、輝く人生を創るお手伝い

パーソナルジュエリスト

佐瑠女まきです。

 

 

今日は、メルマガからお届け☆

 

 

 

——————————————-

自分を生きるチカラ14

——————————————-

 

ひき続き
「自分を生きるチカラ」について。

まず大事なのは、
1、「自分と仲良く」する。

…で、
自分と仲良くするためには
「自分と向き合う」

まずは、
★自分を観察する
★自分を分析する。
★自分を認める。
★自分をゆるす
★手放す

…の続き。

【選択する】

あれこれいろいろ考える自分を
いったんわきに置く。

許すことができない自分を
許すことができないなら、
それ自体、手放す。

手放すとは、
握りしめて何もできない手を解放し、
両手を自由に使えるようにする。

それだけです。

…で、です。

そもそも、
それを手放せないで、
執着している時、

実は、心の奥に、
それがないと不安、
それがないと怖い、
…みたいな不安や恐怖が隠れています。

だから、手放せない。

…とはいえ、

手放すことができないと、
自分を、執着という名の鎖で
がんじがらめに縛りつけているようなものです。

…とはいえ、
そうやって、不安や恐怖と対峙しないで
しがみついたままで、
ずっと避けていても、
いつまでたっても不安や恐怖は消えません。

不安や恐怖を解消するには、
不安や恐怖と対峙すること。

そして、
何が不安で、何が怖いのか?
そこを明確にすること。

で、
何が不安で何が怖いのか?

それがわかってくると、
じゃあ、それをどうすればいいのか?

具体的な解決法、対処法が見えてきます。

…と、文章で書くと、
簡単なんですけどね。(^^;;

不安や恐怖って、感じたくないから、
自分から見ようとしないし、

それ自体、『なかったこと』に
している場合が多いので。

で、そうすると、
自分の行動、言動が、ズレてきます。
つじつまが合ってなかったり、
そのときそのときで自分の意思がブレブレだったり、
焦って、わやわやしていたり、

etc

 

etc

 

akb

 

hkt

エトセトラエトセトラ

 

だんだん思考回路がぐちゃぐちゃしてきます。

だんだん行動がおかしなことになっていきます。


これ、はたから見てると、すごーーーく分かります。

でも、本人は気づきたくないので、
気付かないようにしています。

たとえていうなら、
何かしら、やましいことをしてしまって
それを人に気付かれまいとして
たちまわっているとか、

嘘をついて、それがバレないように
一生懸命、言い訳をしているとか、

ま、そんな感じです。

なので、

不安や恐怖と対峙できそうにない

そもそも
自分、不安や恐怖なんて感じていないし。と
思っていながら、
なんか妙な汗かいてるときとか、

ま、そういうときは、
不安や恐怖と、一時的に距離を置いて

ちょっと別の人になって考えてみるのです。

自分がすごいなーと思っている人
自分が尊敬する人
そういう人達なら、

この状況を、どうやって乗り切るのか?

あの人だったら、どうするか?

みたいに置き換えて、
あれこれいろいろと対策や対処法を
考えてみるのです。

可能なら、直接、本人に聞いてみても構いません。

そうやって、いろいろと選択肢を増やして、
その中で自分がベストだなと思うことを
選択する。

もちろん、不安や恐怖と向き合えて、
その対処法をいくつも考えて
その中からベストなものを選択しても構いません。

自分の選択肢と
そうやって自分が尊敬する人の案を
見比べて、選択しても構いません。

不安や恐怖はおいといて、
もし、不安や恐怖を感じていなかったら
どんな選択をするのか?
そんなふうに考えても構いません。

 

いずれにしても、

 

これからの自分。
それが実現した自分。

 

自分が自分を生きてるな、と感じられる自分なら、
一体、どんなことを選択し、行動するかな?と
イメージしていく中で、でてきたものの中から
ベストなものを選択する。

 

そうやって、
いろんなことに対して、何をどう選択するか?
それを繰り返していくうちに

自分なりのパターン、
自分なりのスタンスが見えてきて、
自分を軸として、
生きることができるようになっていきます。

結局は、その繰り返し、なのです。

 

 

 

 

 

それではまた次回☆

 

 

 

メルマガ書いてます。ぜひ登録してね☆

 

 

人生は長いようで、短い。

私から、あなたに伝えたいこと。

 


 

 

 

 


人生は、『あなた』が創る物語。

 

 

今日も素敵な一日を!

 

佐瑠女まき


プロット心理学-佐瑠女式実践心理学, 自分を生きるチカラ

自分を生きるチカラ13

人生は、『あなた』が主役の物語。

 

(ライズ/K18WG/カラーチェンジガーネット アイディー パーソナルジュエリー)

 

こんにちは、

宝石+実践心理で、輝く人生を創るお手伝い

パーソナルジュエリスト

佐瑠女まきです。

 

 

今日は、メルマガからお届け☆

 

 

 

——————————————-

自分を生きるチカラ13

——————————————-

ひき続き
「自分を生きるチカラ」について。

まず大事なのは、
1、「自分と仲良く」する。

…で、
自分と仲良くするためには
「自分と向き合う」

まずは、
★自分を観察する
★自分を分析する。
★自分を認める。
★自分をゆるす

…の続き。

 

 

【手放す】

ホンネだから、
認められない、
受け入れられない

…というとき、

 

許す。

 

それが認められなくても、
それができなくても

 

弱い自分なんて見たくない自分がいても
自分のホンネに気絶しそうになることも

 

自分と向き合えなくても

 

人のせいにしてしまう自分がいても

 

そんなこと、頭では分かってて
できない自分も

 

本当はそうしたいのにそれができないから
すねてる自分も

 

みんなみんな
ぜーーーんぶ、ゆるす。

 

 

自分が自分の味方になる。
正当化してください。

 

 

本来、自分がやっていることは、
自分では、よかれと思ってやっています。

 

だから、それでいいのです。

 

誰しも、自分がやっていることを、
間違ったことをしている。
間違いだ。と思いながら
やっている人なんていません。

 

だから、それでいいのです。

 

まずは、
自分を肯定するとこからスタートするのです。

…で、それができないなら、

 

 

 

 

 

 

手放す。

 

 

あれこれいろいろ考える自分を
いったんわきに置く。

 

許すことができない自分を
許すことができないなら、
それ自体、手放す。

 

とりあえず、
ま、いっか。

 

今、急いで結論を急いだり、
急いで許す必要もないのです。

 

 

 

ところで、
手放す。と、
考えないようにする。って、
別です。

 

捨てる。とも違います。

 

 

しがみついて固執していることを
手放す。

 

 

たとえていうなら、

 

子供が、お菓子を取られないように、
握りしめているのが、
執着。だとします。

 

 

もし、かりに、
新たなお菓子を手に入れたいなら、
いったん、握りしめているお菓子を
いったん、どこかに置き、

 

新しいお菓子を手に入れたり、
お母さんと手をつないだり、
遊ぶために、
手を空けるのが、

手放す。

 

 

 

手放すとは、
握りしめて何もできない手を解放し、
両手を自由に使えるようにする。

 

 

それだけです。

 

 

…で、です。

 

 

そもそも、
それを手放せないで、
執着している時、

 

実は、心の奥に、
それがないと不安、
それがないと怖い、

…みたいな不安や恐怖が隠れています。

 

 

だから、手放せない。

 

…とはいえ、

 

手放すことができないと、
自分を、執着という名の鎖で
がんじがらめに縛りつけているようなものです。

 

 

そうやってがんじがらめに縛っていることで、
不安や恐怖から逃れようとしている。
目を背け続けている。

 

…で、です。

 

そうやって、不安や恐怖と対峙しないで
しがみついたままで、
ずっと避けていても、

 

いつまでたっても不安や恐怖は消えません。

 

 

むしろ、そうやって、
ずっと避けているから、
不安や恐怖はなくならないのです。

 

 

自分を許せないことで、
ずっとずっと不安や恐怖を避けてきたけど
それではなんの改善にもならないのです。

 

 

不安や恐怖を解消するには、
不安や恐怖と対峙すること。

 

 

何が不安で、何が怖いのか?

 

 

そこを明確にすること。

 

 

そうやって、不安や恐怖と対峙するとき、
不安や恐怖は消え、

 

あなたの本当の望み、願いが顕れます。

 

 

そして、人生の本番は、そこから始まる、
自分を生きる人生がはじまのです。

 

 

それではまた次回☆

 

 

 

メルマガ書いてます。ぜひ登録してね☆

 

 

人生は長いようで、短い。

私から、あなたに伝えたいこと。

 


 

 

 

 


人生は、『あなた』が創る物語。

 

 

今日も素敵な一日を!

佐瑠女まき


プロット心理学-佐瑠女式実践心理学, 自分を生きるチカラ

自分を生きるチカラ12

人生は、『あなた』が主役の物語。

 

(アリエル/K18YG/レインボーアンデシンラブラドライト アイディー パーソナルジュエリー)

 

こんにちは、

宝石+実践心理で、輝く人生を創るお手伝い

パーソナルジュエリスト

佐瑠女まきです。

 

 

今日は、メルマガからお届け☆

 

 

 

——————————————-

自分を生きるチカラ12

——————————————-

 

ひき続き
「自分を生きるチカラ」について。

まず大事なのは、
1、「自分と仲良く」する。

 

…で、
自分と仲良くするためには
「自分と向き合う」

 

まずは、
★自分を観察する
★自分を分析する。
★自分を認める。

…の続き。

 

【自分をゆるす】

事実は、事実。
主観は、主観。
感情は。感情。

それぞれ、分析したままに

そうだったんだー。と把握する。

 

…が、

これが
通常の悩みだったりすると
そうだったんだー。では
終わらず、

 

 

ううっ、ってなるか、

 

何かしらの感情が湧いてくるか

 

誰も聞いてないのに、
あれこれ言い訳したくなったり

 

誰かのせいにしたくなったり

 

自分を責めたくなったりします。

 

…で、

そこと向き合う。

 

 

そして、

そうなんだー、

 

〇〇にひっかかるんだね。

 

◇◇が嫌なんだね。

 

△△だから、できないって思うんだね。

 

××のせいだって、思っちゃうんだね。

 

自分なんてって、思っちゃうんだね。

 

…と、仲良しの友達の
ぶっちゃけ話を聞くように

そうなんだねー。と、

 

ただ聞く。
ただ寄り添う。

 

 

なぐさめるでも

一緒になって
さらに輪をかけるのでもなく

ジャッジするのでもなく

そうなんだねー。と、

ただ聞く。

ただ寄り添う。

そうやっていくと、

人って、
そのあとにホンネが出てくるんですわ。

 

ほんとうはさ、わかってるんだよね。

 

〇〇にひっかかってるのは、
自分が本当は、…だからなんだ。

 

◇◇が嫌なのは、
自分は本当は、…が嫌なんだ。

 

△△だから、できないって思ってけど
本当は、…すればいいだけ、なんだよね。

 

××のせいだってのは、そう思いたいだけで
本当は、自分が…なんだよね。

 

自分なんてって、思っちゃうけど
そうやって、自分なんてって卑下して
…していたいだけなんだよね。

 

みたいなことが出てくる。

 

そして、
認めるとは、

実は、〇〇なんだよね。

 

…という
あなた自身のホンネ。

 

そこを認めるってことだよって、

前回、お伝えしました。

 

 

 

…で、です。

一方で、

ホンネだから、
認められない、
受け入れられない

…ってことも、あります。

 

 

そのまま認められないから

あれこれジタバタしてみたり

がんばることにがんばってみたり

人のせいにしてみたり

わざと、そこと向き合わなかったり

 

…してしまう。

 

 

そこを認めると、
痛すぎる、辛すぎる、
自分を責めてしまう

自分のダメさ、弱さ、
できない自分、
それを認めたくない。

ノージャッジなんて
頭では分かるけど、

それができない。

そういうことも、あります。

…で、です。

そんなときはどうするか?

…というと、

 

許す。

許すのです。

いいんです。

それが認められなくても、

それができなくても

弱い自分なんて見たくない自分がいても

自分のホンネに気絶しそうになること

向き合えなくても

人のせいにしてしまう自分がいても

そんなこと、頭では分かってて
できない自分

本当はそうしたいのにそれができないから
すねてる自分

 

みんなみんな

ぜーーーーーんぶ、アリ。

ぜーーーんぶ、ゆるす。

 

 

いいよいいよ、
そういうこと、あるし。

 

そういう人だっているし。

 

自分が自分の味方になる。

 

そこに、いい、とか悪いとか
できるとかできないとか
一切なし。

自分が自分の味方でいること。

自分が自分の味方をする。
究極のえこひいき。

 

してください。

 

 

…ええっ?

こんな自分を正当化していいの?

…って、思うかもしれません。

 

 

もし、そう思うなら、
無意識に、自分は自分のことを
悪く思っていませんか?
罪悪感を抱いていませんか?

 

…ってことです。

 

そうした判断や、決断や
今の自分を、

 

心のどこかで、
それでいいのかな?と
疑問に思っていたり、

 

頼りなく思っていたり、

 

自分が信じ切れてなかったり
してませんか?

 

正当化。とは、
自分を『正しい。当然だ。』と、主張することです。

 

本来、自分がやっていることは、
自分では、よかれと思ってやっています。

 

正しいか? 間違いか?と
聞かれたら、

 

正しい、どちらかといえば正しい。

そっちかな?

それがいいんじゃないかな?と思っているから
そうしているはずです。

 

…というか、

誰しも、自分がやっていることを、
間違ったことをしている。
間違いだ。と思いながら
やっている人なんていません。

 

自分が信じたことを選択している
やっている。

それは自分にとっていいと思う
信じることだから。

 

…で、

ここでいう、
正しいとは、

 

自分にとっての正しい、
自分が支持する
肯定するという意味での、
正しい。ってことです。

 

 

だからこそ、
主張していいじゃないですか。

正当化していい。

良かれと思ってやっているんですから。

それがいいと思ってやっているんですから。

 

でも、
自分が自分の味方になろうとするとき、

自分の味方ができない
自分の正当化ができないなら、

どこかに偽った自分
いるんじゃないかと思うのです。

 

自分、自分のこと、
正しいって言いきれない。。。

…で、
究極、そこ ↑ も赦していくんですけど  苦笑

 

ま、
そもそも
『正当化する人』って、
心の奥で、
【自分は悪くない】って
言い張りたいってことで、

 

つまり、その、
なぜ言い張りたいか?というと、
どこかで【自分のこと悪い】って
思ってるから、

【自分は悪くない】って、
主張して、
正当化しないといけないんだと思うので。

 

 

 

ま、
ゆるす。
…という局面においては、

 

正しかろうとなんだろうと
どっちでもえーやん。なんですが。笑

 

どっちでもえーやん。って言われて、
どっちでもよくなくね?

…となったら、
それはあなたの心が自分を裁いている。

 

そして、そんな自分もゆるす。

 

自分の味方ができない自分も赦す。

 

そうやって
ゆるしまくった先に
どんな自分がいるのか?

どんな自分が出てくるのか?

実際に、体験してみてください。

 

まず、
自分のこと、

ぜーーーーーんぶ

許してみてください。

 

ゆるされた自分って、ゆるゆるですよ。笑

誰にも何にも縛られていない自分。

いろんな負荷をとっぱらった自分。

身軽な自分。
自由な自分。

どんな自分も自分。

すべてが自分。

そうすると、
自分のすべてのエネルギーを
取り戻すことができ、

自然と、自分を生きるチカラが回復してきます^^

自然治癒力。みたいな。笑

 

ま、体験してみてください^^

 

面白いですから。

 

 

 

それではまた次回☆

 

 

 

メルマガ書いてます。ぜひ登録してね☆

 

 

人生は長いようで、短い。

私から、あなたに伝えたいこと。

 


 

 

 

 


人生は、『あなた』が創る物語。

 

 

今日も素敵な一日を!

佐瑠女まき


プロット心理学-佐瑠女式実践心理学, 自分を生きるチカラ

自分を生きるチカラ11

人生は、『あなた』が主役の物語。

 

 

 

こんにちは、

宝石+実践心理で、輝く人生を創るお手伝い

パーソナルジュエリスト

佐瑠女まきです。

 

 

今日は、メルマガからお届け☆

 

 

 

——————————————-

自分を生きるチカラ11

——————————————-

 

ひき続き

「自分を生きるチカラ」について。

 

 

まず大事なのは、

1、「自分と仲良く」する。

 

 

…で、

自分と仲良くするためには

「自分と向き合う」

 

まずは、

★自分を観察する

★自分を分析する。

 

 

…の続き。

 

 

自分を客観的に見て

自分の現状を把握する。

 

観察日記を書くように

具体的に書き出す。

 

…で、分析する。

 

 

事実 と 感情

事実 と 主観

に、切り分ける。

 

 

…の続き。

 

 

【認める】

 

事実 と 感情

事実 と 主観

に、切り分けて

 

 

事実は事実

感情は感情

主観は主観

 

それぞれ

 

「そうだったんだー。」と、認める。

 

 

自分なりの解釈をして

理由づけしてしまっていたけど

 

事実は、こうこうしかじかなだけ。

 

…だったんだー。

 

 

みたいな。

 

 

…で、

これまた

朝顔の観察でいくと、

 

太陽の陽射しが強いせいで

しおれたと思ってたけど

 

 

それが太陽の陽射しかどうか?(主観)は

分からないけど、

 

しおれてるねー。(ここだけ事実)

 

…で、それを見て、

かわいそうに(感情)と思った。

 

 

以上。

 

 

認めるってこんな感じ。

 

事実は、事実。

主観は、主観。

感情は。感情。

それぞれ、分析したままに

 

そうだったんだー。と把握する。

 

 

…って、

これ

 

朝顔の観察を例にしたから

 

以上。で終わるんですが、

 

 

これが

 

 

通常の悩みだったりすると

そう簡単に、

 

 

そうだったんだー。では

終わりません。

 

 

ええ、たぶん。

 

 

…というか、

 

 

ほぼ

 

その程度では終わりません。

 

 

そもそも

そんなふうに冷静に分析して

そうだったんだー。と認めることが

できたなら、

 

 

悩んでなんかいないでしょう。

 

 

ええ、たぶん。

 

 

…というか、

 

 

間違いなく。笑

 

 

ここ。ここです。

 

 

間違いなく終わらない。

 

 

ここで、

 

ううっ、ってなったら

自分は何に反応しているのか?

 

 

そこと向き合う。

 

 

何かしらの感情が湧いてきたら

その感情と向き合う。

 

 

あれこれ言い訳したくなったり

誰かのせいにしたくなったり

 

自分を責めたくなったりしたら

 

そこと向き合う。

 

 

そして、まず、

 

そうなんだー、

 

〇〇にひっかかるんだね。

 

◇◇が嫌なんだね。

 

△△だから、できないって思うんだね。

 

××のせいだって、思っちゃうんだね。

 

自分なんてって、思っちゃうんだね。

 

 

…と、仲良しの友達の

ぶっちゃけ話を聞くように

 

 

そうなんだねー。と、

 

 

ただ聞く。

ただ寄り添う。

 

 

なぐさめるでも

 

一緒になって

さらに輪をかけるのでもなく

 

ジャッジするのでもなく

 

 

そうなんだねー。と、

 

 

ただ聞く。

 

ただ寄り添う。

 

 

そうやっていくとね、

 

 

人って、

 

そのあとにホンネが出てくるんですわ。

 

 

ほんとうはさ、

わかってるんだよね。

 

 

〇〇にひっかかってるのは、

自分が本当は、…だからなんだ。

 

 

◇◇が嫌なのは、

自分は本当は、…が嫌なんだ。

 

 

△△だから、できないって思ってけど

本当は、…すればいいだけ、なんだよね。

 

 

××のせいだってのは、そう思いたいだけで

本当は、自分が…なんだよね。

 

 

自分なんてって、思っちゃうけど

そうやって、自分なんてって卑下して

…していたいだけなんだよね。

 

 

etc

 

 

etc

 

 

akb

 

hkt…

 

 

エトセトラエトセトラ。

 

 

実は、〇〇なんだよね。

 

…という

あなた自身のホンネ。

 

そこを認めるのです。

 

 

You see?

 

 

ホンネだから、

そのまま認められるでしょ?

 

 

…てか、

ホンネだから、

認めざるを得ないでしょ?

 

 

だから、

ノージャッジ。

 

 

ジャッジして、

ホンネと向き合うことを避けることから

逃げることをやめて、

 

 

自分と向き合い

 

自分に寄り添い、

 

自分のホンネが出てくるのを待つ。

 

 

そのホンネを『認める』のです。

 

 

それではまた次回☆

 

 

 

 

 

メルマガ書いてます。ぜひ登録してね☆

 

 

人生は長いようで、短い。

私から、あなたに伝えたいこと。

 


 

 

 


人生は、『あなた』が創る物語。

 

 

今日も素敵な一日を!

佐瑠女まき


プロット心理学-佐瑠女式実践心理学, 自分を生きるチカラ

自分を生きるチカラ10

人生は、『あなた』が主役の物語。

 

 

 

こんにちは、

宝石+実践心理で、輝く人生を創るお手伝い

パーソナルジュエリスト

佐瑠女まきです。

 

 

今日は、メルマガからお届け☆

 

 

 

——————————————-

自分を生きるチカラ10

——————————————-

 

ひき続き

「自分を生きるチカラ」について。

 

まず大事なのは、

1、「自分と仲良く」する。

 

…で、

自分と仲良くするためには

「自分と向き合う」

 

まずは、

★自分を観察する

 

…の続き。

 

自分を客観的に見て

自分の現状を把握する。

 

もちろん、ノージャッジですよ。

ノージャッジ。

 

観察日記を書くように

具体的に書き出す。

 

そして、それを具体化する。

 

…のあと。

 

【分析する】

 

それをじーっとよく見てください。

 

特に、

 

何かしら問題を抱えていたり

 

よくあるパターンに陥っている場合、

 

観察ではなく、

 

感情や、自分が勝手に解釈していることを

書き出したりしているので、

 

そこを

事実 と 感情

事実 と 主観

に、切り分けていきます。

 

前回、

例としてあげた

おさがおの観察日記に

たとえると、

 

晴れ。気温35度。湿度40%

約6割の葉が、しおれている。

 

…という状態(事実)を

 

今日は晴れていて

太陽の陽射しが強いから葉がしおれている。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

…と、

無意識に

自分なりの解釈をして

理由づけしてしまっていることがあります。

 

でもそれは、

根拠にもとづいた原因ではなく、

 

分析する前に、

 

原因が

太陽の陽射しが強いせい

…と、

あたかもそれが原因だと

特定してしまっています。

 

これが「思い込み」

無意識にしている「観念」

「脚本」や「前提」で

物事を捉えている状態。

 

…で、です。

 

朝顔の葉がしおれている。

 

…という事実が

 

なぜ起きたのか?

 

この時点では分かりません。

 

もしかしたら、

あなたが推測して理由にあげたように

 

太陽の陽射しの強さ、かもしれませんが

 

もしかしたら陽射しではなく、

気温かもしれません。

 

晴れているときだけ

葉がしおれるなら

太陽の陽射しである可能性は大きいですが、

 

気温が原因なら、

雲っていても、しおれる可能性だって

あるはずです。

 

そしてその場合、

気温何度以上だと、しおれるのか?

 

今後、気温の記録を見て判断する必要も

でてきます。

 

また、そうではなく、

 

水をやるのを忘れていたとか

水をやる量が少なかったとか

 

水やりに問題があるのかもしれないし

 

土かもしれないし

 

あさがおを置いている場所かもしれない。

 

他にも色んなことが考えられます。

 

自分を観察して、客観的に分析する。とは、

 

自分の思い込みや観念にもとづいた

単略的な思考パターンから抜け出すために

事実 と 感情

事実 と 主観を切り分けるため。

 

多くの場合、

現状、起きていることって、

 

安易に自分が思ったことが

そのまま原因ではなかったりします。

 

…というか、

ダミーの場合がほとんどです。

 

自信がない、時間がない

お金がない、タイミングがあわない、

 

はてまた

罪悪感や劣等感もすべてダミー。

 

ましてや、誰かのせいとか、

何かがあったから、というのもダミー。

 

観察して、

事実と感情、主観を切り分けるときに

無意識にしているものの見方、解釈に気付く。

 

ここでもノージャッジですよ。

ノージーャッジ。

 

…で、

ノージャッジすると、

ううっ★ってなるとしたら、

それもまた

どこに

ううっ★ってなるのか?

それもあわせて書き出していてくださいね。

 

それではまた次回☆

 

 

 

 

 

メルマガ書いてます。ぜひ登録してね☆

 

 

人生は長いようで、短い。

私から、あなたに伝えたいこと。

 


 

 

 


人生は、『あなた』が創る物語。

 

 

今日も素敵な一日を!

佐瑠女まき


プロット心理学-佐瑠女式実践心理学, 自分を生きるチカラ

自分を生きるチカラ9

人生は、『あなた』が主役の物語。

 

 

 

こんにちは、

宝石+実践心理で、輝く人生を創るお手伝い

パーソナルジュエリスト

佐瑠女まきです。

 

 

今日は、メルマガからお届け☆

 

 

 

——————————————-

自分を生きるチカラ9

——————————————-

 

ひき続き

「自分を生きるチカラ」について。

 

まず大事なのは、

1、「自分と仲良く」する。

 

…で、

自分と仲良くするためには

「自分と向き合う」

 

ではどうやって

自分と向き合うのか?

…という話。

 

…で、です。

 

しつこく言いますが、

 

自分と向き合うって

 

そもそも

自分のダメだし

でも

悪いところ

欠点をあらいだして正す的な

反省会ではありません。

 

自分を知るためにやること。

 

自分を知って

自分と仲良くするために

 

自分自身と対話すること。

 

…です。

 

…で、まずどうするか?

 

…というと、

 

【自分を観察する】

 

自分を観察するとは

自分を客観的に見て

 

自分の現状

 

自分がふだん

無意識にどういう行動をしているか?

 

や、

 

人に対して

物事に対して

 

自分は

どう反応

 

どう感じるか?

 

そして

どう行動しているか?

 

客観的に見ること。

 

そして

客観的に見るだけでなく、

 

観察日記を書くように

具体的に書き出す。

 

ただそれだけ。

 

…なんですが、

 

できるだけ具体的に。

観察日記を書くように。

 

…って、

けっこう難しいです。

 

たとえば、

おさがおの観察日記に

たとえると、

 

天気晴れ。気温35度。湿度40%

丈〇〇センチ。つぼみが3つ。

約6割の葉が、しおれている。

 

…というふうに書く。

 

先週より少し成長した感じ

ではなく、

何センチ成長したとか、

 

多くの葉がしおれている

ではなく、

 

約何割の葉、とか、

 

数字的なもので表せるなら

できるだけ数字を使います。

 

また、実際のものを観察するだけでなく、

 

現状に対しても同じ。

 

『みんな』と書くのではなく

『みんな』とは、

具体的に誰と誰なのか?

 

書き出してみるのです。

 

…で、

これ、やってみると

分かると思うのですが、

 

具体的に書き出すだけでも

かなり自分の頭が整理されます。

 

そして、

無意識にしている思い込みや

認識に気付くこともできます。

 

『みんな』が、誰のことを

指しているのか?

 

具体的に書いてみると、

『みんな』ではなく、

特定の誰かだったり

 

『みんな』という言葉を

漠然と使っていたけど

 

よく考えてみれば、

見知らぬ自分とは関係ない人とか

 

そもそも該当者もいない。

 

…なんてことは

よくあることです。

 

ほかに

事実だけでなく

 

『自信がない』なども、

何に対して、『自信がない』のか?

 

自信がある状態を100%とするなら、

今の状態は、

何%くらい自信ないのか?

 

あえて数値化してみる。

 

『お金がない』も、

今、いくらあって、

欲しいもの、

お金をかけたいものがいくら

差額がいくら不足なのか?

 

あとお金がいくらあったら

『お金がある』になるのか?

 

など、

 

具体的に数値化したり

計算したりすることも

 

観察して具体的に書き出すだけで

 

現状の解決や改善するために

どうすればいいのか?

糸口も自然と見えてきます。

 

だからまずは

現状を【観察】する。

できるだけ具体的に書き出してみる

数値化できるものは数値化してみる。

書き換えてみる。

 

ぜひやってみてください。

 

それではまた次回☆

 

 

 

 

 

 

メルマガ書いてます。ぜひ登録してね☆

 

 

人生は長いようで、短い。

私から、あなたに伝えたいこと。

 


 

 

 


人生は、『あなた』が創る物語。

 

 

今日も素敵な一日を!

佐瑠女まき


プロット心理学-佐瑠女式実践心理学, 自分を生きるチカラ

自分を生きるチカラ8

人生は、『あなた』が主役の物語。

 

 

 

こんにちは、

宝石+実践心理で、輝く人生を創るお手伝い

パーソナルジュエリスト

佐瑠女まきです。

 

 

今日は、メルマガからお届け☆

 

 

 

——————————————-

自分を生きるチカラ8

——————————————-

 

【自分と向き合う】

 

ひき続き

「自分を生きるチカラ」について。

 

まず大事なのは、

1、「自分と仲良く」する。

 

…ということで、

自分と仲良くするために

 

★自分が自分の味方になる。

★自分をねぎらう

★自分を褒める

★過去の自分に感謝する

★自分を一番にする

 

…ということを

やっていきましょうね。と

お伝えしてきました。

 

…で

そのたびに

「自分と向き合いましょう」

お伝えしてきたのですが、

 

では、具体的にどうすればいいのか?

 

…ということについて

これから数回に分けて

お伝えしていこうと思っています。

 

…で、です。

 

自分と向き合うって

 

そもそも

自分のダメだし

でも

悪いところ

欠点をあらいだして正す的な

 

反省会ではありません。

 

…で、

自分と向き合うことが

怖い人って

 

たいてい

自分のダメだしをしたくない

見たくない自分を見たくないから。

 

…で、

なぜそうなのか?というと

 

自分のダメさかげん

自分のいたらなさ

自分がどれだけできないのか?

 

認識したくないから。

 

…で、

どうして認識したくないか?

 

…というと、

 

自分に幻滅したくない

 

自分をできない人だと思いたくない

 

ちっぽけな自分を見たくない

 

そんなこと、

うすうすわかっているけど

 

あらためて

自分のいたらなさ

悪いところに気付いて

ダメでできなくて悪い自分を

おおっぴらにしたくない。

 

小さなエゴが傷つくのが怖いから。

 

…ってことは、ですよ。

 

そういう人って、

 

前提

自分はダメで、ちっぽけで

できなくて

欠点だらけで

どうしようもないダメ人間って

なってませんか?

 

…ってこと。

 

なぜなら

これが

 

かりに

自分は素晴らしい

自分には才能がある

 

自分では気づいてないけど

きっといいところを持っているんだ!

 

思っていれば

 

自分と向き合うことって

 

自分の中にある宝探しになり

 

ドキドキワクワクしながら

未知の自分と出会うことに

胸をふくらませて

希望に満ち溢れながら

自分と向き合うことになるから。

 

あるいは、

 

自分って

ダメだし

できないことあるし

欠点だらけだけど

 

もしかしたら

自分が気づいていないだけで

何かがあるかもしれない。

可能性を見ることができるから。

 

…で、です。

 

もしかりに

自分はダメで

できなくて

欠点だらけで

イケてないって

わかっていたとして

 

それをわざわざ出しまくったり

傷の上塗りをするかのように

自虐的行為に走ったり

 

反対に

周囲にバレないように

一生懸命、頑張っていたり

 

気付いてないフリ

なかったことにして

自分の心の奥の奥に

押し込めているとしたら…

 

もし、

そんな人が

あなたの目の前に現れたら…

 

…どう感じます?

 

…ってこと。

 

You see?

 

…で

 

自分と向き合う。とは

自分を知るためにやること。

 

それ以上でもそれ以下でもない自分。

 

ありのままの自分を

等身大に認識する。

 

…という

確認作業。

 

…なのです。

 

現状確認できないと

 

自分の良さもわからなければ

自分の可能性も分からないし

 

ましてや

自分は何ができなくて

何が不得意なのか?

分からなければ

 

どこをどうすればいいか?

まったくわからないし、

 

人に協力してもらったり

手伝ってもらったり

人に助けを求めることも

できません。

 

自分は人間で

完璧ではないからこそ

 

自分と向き合い

自分を客観的に見て

 

どこを伸ばしていけばいいのか?

 

どうすれば

より自分を活かすことができるのか?

 

どこを協力してもらえばいいのか?

 

どうすれば

より人とうまくやっていくことが

できるのか?

 

どこに自分の立ち位置があり

どこに自分の活躍の場があるのか?

 

自分が把握すること。

 

そのために

自分と向き合う。

 

…ということで

次回から

 

具体的に自分と向き合う方法を

お伝えしていきますね。

 

ではまた次回☆

 

 

 

 

メルマガ書いてます。ぜひ登録してね☆

 

 

人生は長いようで、短い。

私から、あなたに伝えたいこと。

 


 

 

 


人生は、『あなた』が創る物語。

 

 

今日も素敵な一日を!

佐瑠女まき


プロット心理学-佐瑠女式実践心理学, 自分を生きるチカラ

自分を生きるチカラ7

人生は、『あなた』が主役の物語。

 

 

 

こんにちは、

宝石+実践心理で、輝く人生を創るお手伝い

パーソナルジュエリスト

佐瑠女まきです。

 

 

今日は、メルマガからお届け☆

 

 

 

——————————————-

自分を生きるチカラ7

——————————————-

 

 

ひき続き
「自分を生きるチカラ」について。

まず大事なのは、
1、「自分と仲良く」する。

…の続き。

★自分が自分の味方になる。
★自分をねぎらう
★自分を褒める
★過去の自分に感謝する

「過去の自分に感謝」して
過去の自分を味方につけたら、

 

 

【自分を一番にする】

 

自分を一番にする。

…って、

自分では、やっているつもりでも
うっかりしてると
後回しにしちゃってること
よくあります。


自戒もこめて。

自分のことを
優先しているつもりが

メールの返信だったり
コメントのお返事だったり
しているうちに

今日、これをやるぞ!って
決めてたことが
いつのまにか後回しになってたり
…みたいな。

こんな感じで、
些細なことなんだけど

そうやって
ついつい
人とコミュニケーションとってるうちに

うっかり
自分が本来やることを
融通して
人を優先してたり

ちょっと体調悪いけど
人との約束があるので
無理しちゃったり

…しちゃったりするんですよね。


これまた自戒もこめて。

 

 

 

…で、です。

 

そうやって
自分を後回しにしてしまう
人の方に気をとられること

そもそも
ダミーであって

ここで
自分を一番にもってこよう!と
意気込んだところで

たいして変わらないものです。

 

…というのも、

自分を一番にしないメリットがあり

自分を一番にする  <  自分を後回しにする

…という図式
根本から変えない限り

この現象は起き続けます。

…で、
たいてい

自分を一番にしないメリット

不安や恐怖を感じなくていい
恐れの回避。

それは
たんに
新しいことに挑戦しなくていい
先に進まなくていい
など、未来に対する恐れか、

 

人からよく思われたい

人に迷惑をかけたくない

…などと、
愛に関する恐れ

 

…で、
自分自身、それが根底にあると
知っていて
確信犯的に
「あえて」それを選択している

 

主体的能動的に確信犯やってるなら
まだいいのです。

 

そもそも
自分を一番にしないのは
いけない。
とか、
悪い。とかではないので。

それよりも、

自分を一番にしない。
…という現状に対して

そのままそれを選択するか?

それとも変えるのか?

これからどうする?

…と、
今、
そして
これからの自分を
どうするか?

再選択することです。

 

自分を一番にできない自分は
いけない
悪い
…と、

ジャッジしたところで

結局、

それは先に進むことを
恐れているところからは
抜け出すことはできない

人からよく思われたい
人から嫌われたくない

ならば、
本当はどう対処すると

本当の意味で
いい人だと思う人
(いい人は、いい人に思われたいと
思っていない)

嫌われない人
(人から好かれる人もまた
人から嫌われたくないと
思ってはいない)

 

そうなるのか?

 

自分と向き合いましょってこと。

 

 

You see?

 

 

…で、

自分の人生は自分が主役なので

 

人と波風たっちゃったり
人を後回しにしても

まずは自分が自分のことを
一番にしていないと

誰もあなた以上に
自分のことを一番にしてくれる人は
いないのです。

 

赤ちゃんや子供の頃は
親がそうしてくれたかもしれませんが

大人になった今、
いまだに親に面倒みてもらわなくても
自分で自分のことって大事にできます。

 

 

人が分かってくれなくても
自分が自分をわかっていれば

ぶっちゃけ
人から嫌われようと
無視されようと

あまり気になりません。

 

なぜなら
たいていの人は

自分をわかってほしい。という
思いの裏に

実は自分が自分のことを
一番分かってなかったり
するものです。

 

自分が自分を一番にする。と
決めて

そこでぶちあたること。

それをガチで向き合って
何より優先すること。

 

 

人を優先するこころの奥に
罪悪感があれば

 

すべて補償行為
犠牲になってしまい
自分は
何一つ受け取ることができません。

 

罪悪感ではなく
真心があれば

忘れた頃に
別な形で
めぐりめぐって自分のところに
なにがしかのことがかえってきます。


受け取るため、ではないですが

ここを見分けるためにも
やっばり自分にガチで向き合うって
大事です。

 

そうやって

自分を一番にしよう! と、
自分とガチで向き合うとき
人生は変わり始め

 

自分を生きるチカラが
身についてくるのです。

 

 

 

メルマガ書いてます。ぜひ登録してね☆

 

 

人生は長いようで、短い。

私から、あなたに伝えたいこと。

 


 

 

 


人生は、『あなた』が創る物語。

 

 

今日も素敵な一日を!

佐瑠女まき