人生は「あなた」が創る物語。あなたの人生を創るお手伝い。

menu

佐瑠女Blog

ダンスサークル「一躍会(いちやくかい)」


 

●ダンスサークル「一躍会(いちやくかい)」とは?

「一躍会(いちやくかい)」とは、

ダンス歴35年、アラフィフダンサーの佐瑠女まきが主催する、
アラフィフ中心のダンスサークル

ストレッチや体のパーツごとに体を動かして
(アイソレーション)自分の体と向き合ったり、

身のこなし方、しぐさ、歩き方を、より魅力的にしたり

曲に合わせて自由に体を動かしたり

タオル⁉️や鈴⁉️や、ペットボトル!?など、
小道具を持って、自由に踊ったり、

自分を解放したり、自分の表現力を豊かにしていきます。

 

参加者の状態や、希望を聞きながら
自由に楽しめるダンスサークルをめざしています。

 

 

 


●こんな方におすすめ

 

◎ダンスはやったことがないけれど、楽しそうなのでやってみたい

◎ダンスの基礎(主にジャズ)をしっかりマスターして、
より自由に体を動かせるようにしたい

◎自分の体を実際に動かして、体の声を聞き、体のメンテや、
 健康の維持管理にダンスを取り入れたい

昔、ダンスをやっていたが、ゆっくり再開して楽しみたい、
無理のない範囲で復活したい

◎ダンスの基礎の基礎をじっくり取り組んで、自分のボディコントロールに活かしたい

◎自由に踊ることで表現力をつけたり、人前でも、恥ずかしがらずに、
 ものおじせず堂々といる自分になりたい

◎ダンスサークルを通じて、友達や仲間を作りたい

 

 

 

●ダンスサークルに入会すると…

 

◎ダンスはやったことがなくても、ダンスを楽しめます

基礎をしっかりマスターして、
より自由に体を動かすことができるようになります。

◎自分の体を実際に動かして、体の声を聞き、ダンスを通じて、
体のメンテや、健康の維持管理ができます

◎ダンスをやめていた人も、ゆっくり再開して、
楽しみながらご自分のペースで活動していくことが可能です

◎ダンスの基礎中の基礎をじっくり取り組めて、
 ボディコントロールに活かすことが可能です

自由に踊ることで表現力をつけたり、人前でも、恥ずかしがらずに、
 ものおじせずに、堂々といられる自分になれます

◎ダンスサークルを通じて、友達や仲間を作ることが可能です

 

 

 

 

 

●活動内容

※入会は随時受付中(退会も随時可能です)

 

【ワークショップ/基礎クラス】

体と向き合うエクササイズ基礎中心
ゆっくりストレッチして、体をパーツごとに動かしながら、
ボディコントロールをマスターします
ダンス(ジャズ)の基本中のき。

 

【ワークショップ/表現クラス】

楽しく踊るフリーダンス表現中心
ストレッチは軽くやって、あとは、自由に体を動かして踊ります
希望者には、タオルや鈴など、小道具の扱い方も教えます。
手足の使い方、体で感情表現するなど、表現することを中心にやります。

 

【自主練クラス(ワークショップ開催時間内)】

ワークショップ開催日時内であれば、ワークショップのメニューに参加せず、
ご自身で会場内のフロアが空いている場所で、自主練することも可能です

 

 

【オンラインクラス(企画検討中)】

遠方の方や、諸事情で、実際にワークショップには参加できなくても
基礎やコツ、やり方を撮影した、「オンライン動画」を見て
参加するコースを企画検討中です。
ご興味ある方は、まずはお問合せください。


活動日程は、お問合せください。

 

 

  

●会費・活動費について

 

●入会金 無料

●会費(活動費)

活動費  会場代+レッスン料 (1回あたり2,000円/2020.10月現在)
 ※会主催のワークショップに参加する際、1回ごとにかかる参加費です。

活動日程は、お問合せください。

 

●その他

※ワークショップ終了後、
 希望者のみでランチ会を開催します(別途実費)

 

 

 

●活動概要

 

【活動場所・時間】

・活動場所
主な活動の場は、港区白金高輪駅近くの会場にて行います
(詳細は、実際に参加される際にご連絡いたします)

 

・活動時間
活動時間は、主に平日、10時半~12時(着替え・片付け含む)

 

・開催ペース
基礎コース、表現コース、それぞれ月1回のペースで開催予定。
(自主練コースは、いずれのコースでも実施可能) 

 

・ワークショップで必要なもの
体を動かしやすい服、レッスン着、タオル、水
必要な方はシューズ、ヨガマットなど

 

・会の業務連絡・メンバー交流

主にフェイスブックの非公開グループを使用します
(フェイスブックアカウントがない方は、アカウント作成を事前にお願いします)

ワークショップ日程や、様々な連絡など、フェイスブック非公開グループにて、
随時、案内していきます。 

 

 

ご不明な点、お聞きしたいこと等、ありましたら、遠慮なくお問合せください

活動日程は、お問合せください。

 

 

 

 

 

●よくある質問

Q: 入会を検討しているのですが、入会すると、具体的にどのような活動をするのでしょうか?
A:  内容的には、「一躍会フェイスブック非公開グループのメンバーになる。」という感じで、
    ワークショップにご参加いただかなくても、ダンスを通じて楽しむ、仲間との交流、
サークル活動会員になる
という感じです。

   ちなみに、非公開グループでは、今後の日程確認、メンバーとの交流などが可能です。
   また今後、基礎や、その他の動画を少しずつアップして、投稿していく予定です。
 グループに参加しているだけでも、動画を見て、自分なりに自主レッスンしていくことも可能です。


Q:今後のワークショップの日程を確認したいのですが…
A:お問合せいただくか、
 当面の間、一躍会会員メンバーグループページと、
 佐瑠女まきFacebook非公開グループBackstageにて、今後の日程を案内していく予定です。
 非公開Backstageは、承認制ですので、下記のURLより、申請ください。
 ちなみに、Backstageは、アートメイキングなど、佐瑠女まきの舞台裏を公開しているグループです。
 非公開Backstage
  https://www.facebook.com/groups/2461160690786488/

 

お問合せ


 

 

 

 

●佐瑠女まき から あなたへ。

 

中学・高校と新体操部に所属していた私。

中学校の新体操部は、
中体連で毎年、団体では九州大会2位、
個人では全国大会まで行くような強豪校で、
私自身、団体の一員として、九州大会2位になっています。

 

練習も半端なくハードで、部活の休みといえば、
中体連が終わった後、夏休み最後の一週間と、
お正月三が日くらい。

 

相当鍛えられ、もう中学で新体操をやめる。
…と思っていたものの、

結局、いろいろあって(笑)
高校でも新体操部に入部し、

ハードな部活ではなく、ゆるーい感じで楽しく続けた3年間。

 

 

高校の部活を引退した時に、
母から「ダンスでもやってみたら?」という提案を受け、
カルチャースクールのジャズダンス教室に
通い始めたのがダンスをはじめたきっかけです。

 

新体操とは違うダンスの世界。

 

基礎と根性は、中学の部活で養っていたので
ダンスはすぐに踊れるようになり、とても楽しくて、
授業が終わると同時に、教室の机といすを横にどけて、
一緒にダンスを通い始めた友達と、
何度も振りの練習をしたことを覚えています。

 

 

また、あの頃の私は、
自分のことが嫌いで、自己嫌悪自己否定の塊。

自信なんてなかったし、
子供時代の数多くの引っ越しと、
いつも不機嫌な父の影響か、

いつも「自分はここにいてもいいのかな?
周囲を不快にさせてないかな?」と、

びくびくしながら居場所を探して生きていました。

さらには、
家のことや、思うようにならない進路のこと、
自分を縛るものがやたら多かった少女時代。

 

 

自分ではどうしようもできないことばかりの中で、
唯一の救いがダンスでした。

 

 

ダンスを踊っている時、
頭が真っ白になり、音楽と一体化して、
何も考えずに体を動かすことができる喜び
自分を自由に開放できる喜び

 

ふだんの自分とは違う別人になれるような気がして
自分であることを忘れたくて、
自分ではない自分になりたくて、
踊らずにはいられなかった

 

そんな感じでしょうか。。。

 

 

諸事情あって、
進学を希望していた美大(短大)を受けるのを断念し、
好きなことは、自分が稼いで、そのお金でやろう。と、
心に固く誓い、
某大手メーカーと直結している事務機器の販売会社に就職。

 

OLをしながらダンスを続けていました。

そんなあるとき、
レッスンに通っていたダンスの先生から、
とあるプロダンスチームのオーディションのことを聞き、驚愕。
「仕事は嫌なことを我慢してやるものだ」と、思い込んでいたので
好きなことが仕事になる??? という世界があるのだと知り、
まさに目からウロコ

 

 

思い切ってオーディションを受けたものの、
当時はOLをやっていたこともあり、落選

 

…とはいえ、「好きなことが仕事になる」という観念は
しっかり書き換わっていました。

 

そんな中で出会ったのが、
アジア太平洋博覧会キャンペーンガールのオーディション。

「歌とダンスが好きな人募集」とあったので、迷わず応募し、
一次、二次、三次の審査を経て、約6.5倍の競争率をくぐり抜け合格。
3年半、歌と踊り、舞台とパレードに出演する生活を送りました。
その後、プロダンスチーム所属し、
25歳で、プロを引退。

あとは、趣味でずっとダンスを続けてきました。

 

 

ダンスを始めた頃は、
自分が嫌いで、
ダンスを踊ることで、
自信のない自分をなんとか変えたい
自分が嫌いな自分を変えたいと思って、
もがきながら、

 

踊っている間だけは
そんな自分から解放される気がして
踊ることが唯一自分を救うことだった時代を経て、

 

舞台やパレード、人前で踊ることが
誰かを笑顔にするができる
人を喜ばすことができる喜び、

 

ただ純粋に踊ることが楽しく
ダンスに没頭できる幸せ
喜びがある一方で、

 

 

人間関係、仕事での
比較、競争、
失恋、挫折、
家の中のゴタゴタ
人生のパートナーの闘病、そして死。

 

苦しい時悲しいとき
踊ることで
自分を支えてきました。

 

 

私にとってダンスとは人生そのもの。
当たり前の日常の中の一つの行為。

 

息をするのと同じくらい自然で、
歯を磨くのと同じくらい、
生活習慣化しているもの。

 

考えてみれば、
新体操時代の6年間を入れると、
41年もの間踊っていることになり、
人生の3/4は踊ってきたので、
そうなるのも当然かもしれません。

 

 

ダンスを続けていく中で、
たくさんのことを学び、
人生に通じることもたくさんありました。

 

そして、それは今でも変わらず
ダンスを通じて学ぶことがたくさんあります。

 

25歳でプロを引退して
プロ生活の継続も、さらなる挑戦も、
ダンス教室の先生への道も選ばなかった私。

 

 

そんな私が、
今頃になって
なぜか人にダンスをレクチャーすることになるとは
思いもしませんでした。笑

 

…というか、
誰かのレッスンに通って、人の振りばかり踊るより、

これからは、自分の自由に踊っていくことを中心にしたい
そして、
自分一人だけで踊るより
同じくダンスが好きな人
体を動かす楽しみを共有できる仲間たちと一緒に

ダンスを通じて楽しみたい。
同じ時間を共有し、つながりたい。

 

長いことダンスを続けてきて

シンプルに
ただ
そう思ったからです。

 

 

振り返ってみると、
こうやって35年間、
たいした体の故障もせず
やってこれたのは、

 

体が丈夫だったというより、
故障しないような動き方、鍛え方、
体の使い方をしてきた
体を作ってきたのだと思います。

 

プロを目指すようなダンサーを育てるようなことは
しませんが

 

ダンスをやったことがない人
やったことがある人
体の使い方一つで

歩き方、姿勢が変わり
それによって体の使い方が変わり、
体の使い方が変わることで
筋肉の付き方が変わり、動き方が変わり
無理やり体を矯正しないやり方で
体を整えるお手伝いはできます。

 

 

ダンスをやっている人には、
基本のき。
土台となるベース
あらためてしっかりと身につける。
一つ一つ丁寧に基礎を復習してもらう

 

過去にダンスをやってきて
ここから再開する人には、
カンを取り戻しながら自分のペースで
自分の踊りを取り戻していく

そうしたお手伝いはできます。

 

 

この年になったからできること。
このタイミングだからできること。

 

 

ダンス、体を使うことを通じて、
あなたと響きあえたら
とても嬉しいです。

 

どうぞ無理も無茶もなさらずに
ご自分のペースで、ゆっくりと
息をするようにダンスを踊る
体を動かしにいらしてください。

 

肉体を持って生まれた地球で
体感し、体験し、体を通じて感じる。
地に足着けて、
肉体を持ち生きる喜びをともに楽しみましょう。

 


 

 

 

私と一緒に体を使って踊ることを楽しみましょう

佐瑠女まき

佐瑠女まき プロフィール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

Twitter でフォロー