プロット心理学-佐瑠女式実践心理学, 輝く生き方

頑張って疲れちゃったら、まずは休みましょう。


人生は、『あなた』が主役の物語。

 

(ドリーミング/K18WG/ムーンストーンキャッツ アイディー パーソナルジュエリー)

 

こんにちは、

宝石+実践心理で、輝く人生を創るお手伝い

パーソナルジュエリスト

佐瑠女まきです。

 

 

さてさて、今日は、
頑張って疲れちゃったら、休もうねってお話。

 

 

【頑張って疲れちゃったら、まずは休みましょう。】

 

頑張って
無理して疲れちゃった人や

本来、
頑張り屋さんで
頑張るのが好きで
疲れちゃった人や

何かしらのダミーで
頑張ることが目的になって
成果がでなくて疲れちゃった人に

「頑張らないでね」って言うと、

それは、オセロの黒と白を
ひっくり返すようなもので

今度は
頑張らないことを
頑張りだします。  笑

だから、日頃、頑張っている人に、
「頑張らなくていいよ」は
あまり意味がありません。

「頑張らなくていいよ」が
響くのは

もともと頑張りたくない人向けの
ていのいい引用文で、

いやいや やってることを
やめたいとき。

頑張ってる人には響きません。

頑張って疲れちゃった人には

「まずは休もうね」
「充電しようね」
と、

まずは立ち止まって
休憩することを促します。

本来、
頑張るとは、

自分のやりたいことや
目指すことに向けて
チャレンジしていくものなので、

前向きで
可能性を拓くものなので、

だから

頑張ってる人の
頑張る行為は
否定せず、

成果や
目指す方向に向けて頑張る、
発揮するのが
本来のベクトル。

チャレンジのベクトル。
トライするベクトル。

成長発展のベクトル。

頑張ることの意義や成果や
喜びを知ってる人は
どうやったって、頑張ります。

自分のために、自分の未来のために
自分の可能性を信じて、頑張りたいのです。

だから
頑張っている人が
疲れたら、

頑張らない。は、
本来の頑張るベクトルを遮る
否定するものでしかないのです。

頑張るは、自分を活かすことに
頑張ればいいだけです。

(ま、やりたいことをやってるから
本人も、頑張ってる感覚はないかも
しれませんが 笑)

頑張って
疲れたら

休んで

回復したら

頑張って

本来のベクトルで
再度、

適切に
チャレンジする
トライする

頑張ればいいのです。

そして

また疲れたら

休んで
回復して

思う存分、チャレンジする

頑張ればいいのです。

(^^)

そして、もし、

あなたが、
頑張って疲れちゃっているなら、まずは休みましょう。

そして、充電して、
元気回復して、

自分と向き合って、
自分と取り組みたいけど
どうしていいか?分からないときは

いつでもいらしてくださいね^^

 

あなたが自分を生きるお手伝い
あなたの変わりたいという気持ち、
あなたの頑張る気持ち、姿勢、生き方を、
全力で、サポートします。

 

まずはメルマガ登録してね☆

 

ではまた☆

 

 

 

メルマガ書いてます。ぜひ登録してね☆

 

 

人生は長いようで、短い。

私から、あなたに伝えたいこと。

 


 

 

 

 


人生は、『あなた』が創る物語。

 

 

今日も素敵な一日を!

 

佐瑠女まき


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA