プロット心理学-佐瑠女式実践心理学, 自分を生きるチカラ

自分を生きるチカラ12


人生は、『あなた』が主役の物語。

 

(アリエル/K18YG/レインボーアンデシンラブラドライト アイディー パーソナルジュエリー)

 

こんにちは、

宝石+実践心理で、輝く人生を創るお手伝い

パーソナルジュエリスト

佐瑠女まきです。

 

 

今日は、メルマガからお届け☆

 

 

 

——————————————-

自分を生きるチカラ12

——————————————-

 

ひき続き
「自分を生きるチカラ」について。

まず大事なのは、
1、「自分と仲良く」する。

 

…で、
自分と仲良くするためには
「自分と向き合う」

 

まずは、
★自分を観察する
★自分を分析する。
★自分を認める。

…の続き。

 

【自分をゆるす】

事実は、事実。
主観は、主観。
感情は。感情。

それぞれ、分析したままに

そうだったんだー。と把握する。

 

…が、

これが
通常の悩みだったりすると
そうだったんだー。では
終わらず、

 

 

ううっ、ってなるか、

 

何かしらの感情が湧いてくるか

 

誰も聞いてないのに、
あれこれ言い訳したくなったり

 

誰かのせいにしたくなったり

 

自分を責めたくなったりします。

 

…で、

そこと向き合う。

 

 

そして、

そうなんだー、

 

〇〇にひっかかるんだね。

 

◇◇が嫌なんだね。

 

△△だから、できないって思うんだね。

 

××のせいだって、思っちゃうんだね。

 

自分なんてって、思っちゃうんだね。

 

…と、仲良しの友達の
ぶっちゃけ話を聞くように

そうなんだねー。と、

 

ただ聞く。
ただ寄り添う。

 

 

なぐさめるでも

一緒になって
さらに輪をかけるのでもなく

ジャッジするのでもなく

そうなんだねー。と、

ただ聞く。

ただ寄り添う。

そうやっていくと、

人って、
そのあとにホンネが出てくるんですわ。

 

ほんとうはさ、わかってるんだよね。

 

〇〇にひっかかってるのは、
自分が本当は、…だからなんだ。

 

◇◇が嫌なのは、
自分は本当は、…が嫌なんだ。

 

△△だから、できないって思ってけど
本当は、…すればいいだけ、なんだよね。

 

××のせいだってのは、そう思いたいだけで
本当は、自分が…なんだよね。

 

自分なんてって、思っちゃうけど
そうやって、自分なんてって卑下して
…していたいだけなんだよね。

 

みたいなことが出てくる。

 

そして、
認めるとは、

実は、〇〇なんだよね。

 

…という
あなた自身のホンネ。

 

そこを認めるってことだよって、

前回、お伝えしました。

 

 

 

…で、です。

一方で、

ホンネだから、
認められない、
受け入れられない

…ってことも、あります。

 

 

そのまま認められないから

あれこれジタバタしてみたり

がんばることにがんばってみたり

人のせいにしてみたり

わざと、そこと向き合わなかったり

 

…してしまう。

 

 

そこを認めると、
痛すぎる、辛すぎる、
自分を責めてしまう

自分のダメさ、弱さ、
できない自分、
それを認めたくない。

ノージャッジなんて
頭では分かるけど、

それができない。

そういうことも、あります。

…で、です。

そんなときはどうするか?

…というと、

 

許す。

許すのです。

いいんです。

それが認められなくても、

それができなくても

弱い自分なんて見たくない自分がいても

自分のホンネに気絶しそうになること

向き合えなくても

人のせいにしてしまう自分がいても

そんなこと、頭では分かってて
できない自分

本当はそうしたいのにそれができないから
すねてる自分

 

みんなみんな

ぜーーーーーんぶ、アリ。

ぜーーーんぶ、ゆるす。

 

 

いいよいいよ、
そういうこと、あるし。

 

そういう人だっているし。

 

自分が自分の味方になる。

 

そこに、いい、とか悪いとか
できるとかできないとか
一切なし。

自分が自分の味方でいること。

自分が自分の味方をする。
究極のえこひいき。

 

してください。

 

 

…ええっ?

こんな自分を正当化していいの?

…って、思うかもしれません。

 

 

もし、そう思うなら、
無意識に、自分は自分のことを
悪く思っていませんか?
罪悪感を抱いていませんか?

 

…ってことです。

 

そうした判断や、決断や
今の自分を、

 

心のどこかで、
それでいいのかな?と
疑問に思っていたり、

 

頼りなく思っていたり、

 

自分が信じ切れてなかったり
してませんか?

 

正当化。とは、
自分を『正しい。当然だ。』と、主張することです。

 

本来、自分がやっていることは、
自分では、よかれと思ってやっています。

 

正しいか? 間違いか?と
聞かれたら、

 

正しい、どちらかといえば正しい。

そっちかな?

それがいいんじゃないかな?と思っているから
そうしているはずです。

 

…というか、

誰しも、自分がやっていることを、
間違ったことをしている。
間違いだ。と思いながら
やっている人なんていません。

 

自分が信じたことを選択している
やっている。

それは自分にとっていいと思う
信じることだから。

 

…で、

ここでいう、
正しいとは、

 

自分にとっての正しい、
自分が支持する
肯定するという意味での、
正しい。ってことです。

 

 

だからこそ、
主張していいじゃないですか。

正当化していい。

良かれと思ってやっているんですから。

それがいいと思ってやっているんですから。

 

でも、
自分が自分の味方になろうとするとき、

自分の味方ができない
自分の正当化ができないなら、

どこかに偽った自分
いるんじゃないかと思うのです。

 

自分、自分のこと、
正しいって言いきれない。。。

…で、
究極、そこ ↑ も赦していくんですけど  苦笑

 

ま、
そもそも
『正当化する人』って、
心の奥で、
【自分は悪くない】って
言い張りたいってことで、

 

つまり、その、
なぜ言い張りたいか?というと、
どこかで【自分のこと悪い】って
思ってるから、

【自分は悪くない】って、
主張して、
正当化しないといけないんだと思うので。

 

 

 

ま、
ゆるす。
…という局面においては、

 

正しかろうとなんだろうと
どっちでもえーやん。なんですが。笑

 

どっちでもえーやん。って言われて、
どっちでもよくなくね?

…となったら、
それはあなたの心が自分を裁いている。

 

そして、そんな自分もゆるす。

 

自分の味方ができない自分も赦す。

 

そうやって
ゆるしまくった先に
どんな自分がいるのか?

どんな自分が出てくるのか?

実際に、体験してみてください。

 

まず、
自分のこと、

ぜーーーーーんぶ

許してみてください。

 

ゆるされた自分って、ゆるゆるですよ。笑

誰にも何にも縛られていない自分。

いろんな負荷をとっぱらった自分。

身軽な自分。
自由な自分。

どんな自分も自分。

すべてが自分。

そうすると、
自分のすべてのエネルギーを
取り戻すことができ、

自然と、自分を生きるチカラが回復してきます^^

自然治癒力。みたいな。笑

 

ま、体験してみてください^^

 

面白いですから。

 

 

 

それではまた次回☆

 

 

 

メルマガ書いてます。ぜひ登録してね☆

 

 

人生は長いようで、短い。

私から、あなたに伝えたいこと。

 


 

 

 

 


人生は、『あなた』が創る物語。

 

 

今日も素敵な一日を!

佐瑠女まき


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA