佐瑠女雑記帳

親父が死んだ日。


人生は、『あなた』が主役の物語。

 

 

 

こんにちは、

ジュエリー+実践心理で、あなたが輝く人生を創るお手伝い

パーソナルジュエリスト

佐瑠女まきです。

 

 

【親父が死んだ日。】

 

ここ数日、グダグダやってて、
なんやかんやと、
やること山積みなんですが、

どうしても、「書いておきたいこと」が
あったので、
まずは何よりそっちを書きます。

それは…

タイトルにもありますが、

実は、昨日、
「親父が死にましてん。」

しかも、
「あっ!四十九日前なのに、
昨日、肉食っちゃったよ!!!!!」
…ということに、はっと気づき、

そこで目が覚めた。。。

…そう、
実際に父が亡くなったわけではなく、
夢の中での話。

…なんですが、

夢の中で、
葬式とか、実際に亡くなったシーンは
すっかり端折られていて、

本当に死んだのは父なのかどうかも
分からないんですが、

四十九日の話をしていたメンバーが、
おそらく、母や妹たち
(これまた曖昧ですが、少なくとも、
「父だけ」いなかった ← だから死んだのはこの人的な。笑)

で、
母や妹達と
法事の日程の打合せしてて

四十九日までの法事が
日曜ごとに決まって、

「ああ、良かった。それなら法事に行けるわ。」
…という、妙な安堵をしたあとに、

「あっ!私、四十九日前なのに、
昨日、肉食っちゃったよ!!!!!」と
…ということに、
はっと気づいた。 ←実際に夢を見た前日、焼肉食べた。笑

…という、
わけのわからんストーリー。

ええ、夢ですから。

そんなもんです。

…で、です。

この夢、
あとからじわじわくる
深いい話がありましてん。

…と、その前に、

実は、
この夢、二度寝して見た夢。

そして、
その夢を見る前にも、
夢を見たんですが、

それはそれで
これまた面白く、

妹二人と母が
とある部屋にいて、

妹が、
「うわぁ~~~、さっき、金縛りにあった!!!!!
この部屋に入った瞬間に!!!!!」と
言ってる声が聞こえて、

その部屋に入ろうとした瞬間、
ただならぬ
おどろおどろしい空気が
部屋から漂ってきて、

私も、その空気に巻き込まれ、
身動きとれなくなり、
声も出なくなり、フリーズ。。。。

「うわぁ~~~、私も、金縛りかっ!!!!!」
…と、
心で叫びながら、もがいていたら、
ふっとそれが解けて、目が覚めた。

…という、
夢の中で金縛りにあう。という
これまた面白い夢。笑

なんか、面白い夢、二本立てで
見たわーーーー。と
思って起きたんですよ。

…で、です。
話はここから。

なんや、意味不明な夢や~と
思ってたんですけどね、

起きてから、
毎月恒例、自分と向き合う新月マップを
書いていて、

その中で、
父との関係を
今一度、振り返るようなこと
書いてたんです。

…というのも、
父と私って、
ことごとく正反対で、
意見がこれでもかってくらい
合わない人。

進学や就職、
結婚など
ありとあらゆる私の進路を
ことごとく反対し続けた人。

唯一、賛成してくれたのが、
18歳のときに受けて合格した
アジア太平洋博覧会の
キャンギャルと、

東京移住。

それ以外は、すべて却下。

起業したときも、
大反対だったんすよね。

で、まあ、
私にとっては、
ずっとずっと、

絶対に超えられない壁。

目の上のたんこぶ的な存在だったんです。

ま、
今では、関係も良好になり、

起業家の先輩として、相談したり、
話したりするので、

昔のように、
私が反発したり、
頭ごなしに父に反対されることも
なくなったんすけどね。

…そんな中、

数日前、

父とメールでやりとりして、

どこかで
父に対して期待している自分

困ったときには
父に頼りたいと思っている自分がいるなと
気付き、

いやいや、
それはそれとしてあってもええけど

まずは、

自分がやれる限界まで
自分でなんとかするという自覚が先だよね。

期待するなら自分にしようね。

心配かけてるかもしれないけど、

とりあえず、出来る限り、
やることやってみよ。と、

再度、コミットしたばかり。

あらためて
親から独立した自分。を
認識した矢先に、この夢。

…どうやら、
無意識、潜在意識の中で、
本当の意味で、
父から、精神的独立を果たしたという
夢なのかな????

…と、思ったのであります。

あえて夢解きをするとしたら、

金縛り → 父に捉われていたイメージ
抗っても、抗っても、抗えない、もがいてばかりの自分。

父の死 → 自分を支配していた父の死、捉われからの解放

…なのかなーと。。。

なんとなく
ぼんやり思いながら、

さらに
自分と向き合い、マップを書き続けると…

私、以前から、
「影響を与える」ってことに
過度に反応してたんですが、

金縛り → 父に捉われていた自分
体は動かない、声も出ない
身動きとれなくてもがいている状態が

父からの支配、
捉われていて、身動きかとれない苦しい自分。

それが、
父からの影響を受けているから。

…という認識だったとしたら、、、、、

そりゃ、
誰にも影響与えたくないわな。

だから、
絶対に禁止するわな。

…って思いましてん。

そりゃ、
私、
誰かに影響を与えて、

身動きとれなくない状態、

金縛りみたいに、
がんじがらめの状態にしたくないわな。

…と、

妙に、つじつまあわないけど、

妙に、納得!!!!!

したのであります。

もちろん、
影響を受けるにしても、
がんじがらめになるくらい
影響を受けていた方が
とっても都合が良かったわけで、

それを選択していたのも自分なんですけどね。

子供時代、父とほとんど一緒にいた記憶がないんで、

そのぶん、きっと、
父から影響を受けていたかったんだと思います。
がんじがらめになるくらい、つながっていたかった
そんな感じだと思います。

…で、です。

あらためて、
「影響を与える」ということについて
考えてみると…

「相手の心を響かせる」
「相手の心を震わせる」
そんなイメージ。

感動、共感、共鳴みたいな感じで、
お互いがお互いに響き合う
そんなイメージ。

そこから新しく生まれるハーモニー
響きがひろがっていく感じ。

影響を与えることで
相手を言いなりにするわけでも
がんじがらめに拘束するのでも
縛るのでもなく、

そんな感じ。

んーーーー

あらためてイメージすると、

影響って、
めっちゃいいじゃないですか!!!!!

影響を与える
影響を受ける

どっちも素敵☆

…ってことで、

私の「影響」という言葉のイメージ、
無意識の意味を、早速、書き換え。

そして、

これから

どんどん発信して、

どんどん影響を与えていこーーー

私もどんどん影響受けていこー

お互いに響き合って
影響を与えあおう♪って

思いましたとさ。

 

 

おしまい。

 

 

 

 

ではまた☆

 

 

 

 

 

 

人生は長いようで、短い。

私から、あなたに伝えたいこと。

 


 

 

 

 


人生は、『あなた』が創る物語。

 

 

今日も素敵な一日を!

 

佐瑠女まき


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA