プロット心理学-佐瑠女式実践心理学, 輝く生き方

人を手助けしたいなら


 

 

 

 

 

人生は、『あなた』が主役の物語。

 

 

こんにちは、

ジュエリー+実践心理で、

あなたが輝く人生を創るお手伝い

パーソナルジュエリスト

佐瑠女まきです。

 

今日は、
人を手助けしたいなら
…というお話。

 

【人を手助けしたいなら】

 

人を手助けしたいなら
人を手助けする策を
考えて

人を助けようと
行動するのではなく

まずは
自分がもっとも喜び
生き生きした人生を
送ることを考えて
行動すること。

…です。

なぜなら、

喜び、生き生きした人は
その存在だけで
周囲を助ける力となり

自分を生きる勇気を
与えることができるから。

世界的に活躍している
アスリートが

自分の目標を掲げて
果敢に挑戦している姿を
見るだけで、

勇気をもらったり
パワーをもらったりするように

まずは
自分が自分のことに対して
一生懸命になり
自分を精一杯生きること。

自分を生きるだけで、
人を元気にしたり
勇気づけたり
励ますことができるのです。

まずはそこからやりましょう。

自分のことを
ほうっておいて
人を助けようとするのは

「偽善」

「犠牲」

いずれにしても、
「人のため」とは表向きで、

実は、
「自分のため」にやっていることです。

自分を生きること
自己責任で生きることから
逃れようとして

偽善的な行動をすることで、
いいことをやっているかのように見せかけて
免罪符にしようとしている

誰かの人生の犠牲になることで、
相手に罪悪感を与えて
自分に良くしてもらおうとする

自分の人生の責任を
罪悪感にすり替えて
相手に責任転嫁しようとしている行為

補償行為です。

それでは
自分も活かせないし
人も活かせない。

自分が自分を助けられないのに
人を助けるなんてできないのです。

さて
それが分かったら、

人を助けようとする前に、

まずは
自分のために生きる。

まずは
自分を喜ばせて
生き生きした1日を
送りましょう。

ではまた☆

 

 

あなたが輝く生き方のヒントを

メルマガでお伝えしています。

よかったら登録してね☆

 

 

 

 

 

 

人生は長いようで、短い。

私から、あなたに伝えたいこと。

 

 

今日も素敵な一日を☆

 

 

 

 


 


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA