人生は「あなた」が創る物語。あなたの人生を創るお手伝い。

menu

佐瑠女Blog


 

 

 

人生は、『あなた』が主役の物語。

 

 

こんにちは、

あなたが輝く人生を創るお手伝い

パーソナルジュエリスト

佐瑠女まき です。

 

今日は、

「どうなりたいか?」より
「どうありたいか?」が大事だよ。
…というお話^^

 

 

【「どうなりたいか?」より「どうありたいか?」

 

実は、
なりたい自分になりたい!と、
言っている人の大半は、

心の奥で、
「なりたい自分にならなきゃ!!」って
思っていたりします。

 

「…なきゃ!」というのは
なりたい。というより
ならねば、ならなくちゃいけない。
…というような

 

なかば
自分に強制した状態
無理して言っている状態です。

 

 

つまり、
心の奥では、
能動的主体的ではなく
それを実現することに対して
前向きではないのです。

 

 

だから、
なりたいなりたいって言いながら

 

心が後ろ向きなので

 

がんばってやっていても
なかなかそうなれないし、

 

そもそも
なりたい自分になりたい!って言うだけで

 

実際は、
どうなりたいのか?
具体的なことを描かずに

 

実現に向けて
具体的な行動をとってなかったりします。

 

 

 

…というのも、

 

「なりたい自分にならなきゃ!!」と
思っている人は

 

前提として
「こんな自分ではいけない」という
自己否定があります。

 

 

でも
その
自己否定は
自分では認めたくないし
向き合いたくないので

 

「なりたい自分」にすり替えて
自分を駆り立てて

 

前向きなフリをしている
がんばっているアピールを
しているのです。

 

 

否定したい自分
見たくない自分
嫌な自分を見たくない
向き合いたくないから

 

そこに気付かないように
切り捨てようとして

 

「なりたい自分」という
理想のカタチになりたいと願う。

 

 

 

周囲にも
理想の自分になった自分を見せて
人からそう見られることで
なったつもりになりたい。

 

 

 

あるいは、
思い込みや世間的通念や、
見栄などから、
そうならなきゃ!と
自分を駆り立てて
なりたい自分になりたいと思っている…

 

…そんな人もいます。

 

 

 

これを言うと
身もふたもないのですが

 

なってないから
なろうとするんです。

 

 

 

がんばってると
なんとなく
前向きで
ポジティブっぽく見えるので
(…と、思っている)

 

自己啓発ちっくな自分を装うために
なりたい自分になりたいのです。

 

 

さらに
「なりたい」の大半は、
ナカミではなく、
アピールすることが大事なので
カタチを追いかけているので

 

 

ナカミ…
心が満たされることではありません。

 

 

 

そもそも、
なりたい自分のカタチに
なったからといって、
自己肯定は生まれないのです。

 

 

 

しかも、
カタチ重視で、ナカミ…

心を満たすこととズレているので、
それが実現しても満足できずに
もっともっと…
さらにさらにと
次のカタチを目指してしまうのです。

 

 

 

実際、
なりたい自分になりたい!と
わーぎゃー言って
がんばっている人で

 

なりたい自分になりました。

 

…という人って
見たことないです。

 

 

 

だから

もし
本当に
なりたい自分になりたいと思うなら

 

なりたい自分になりたいのは
なぜなのか?

 

いま一度、自分に問いかけてほしいのです。

 

 

そして
本当になりたい自分になりたいなら

 

自分を肯定する生き方に変えることです。

 

 

おそらく
なりたい自分になったら

自分のことを好きになれる
自分のことを認められる
自分って素敵って思える
幸せになれるって
思い描いているんだと思うのです。

 

 

で、
本当にそう思うとしたら

 

なりたい自分に
まだなっていない自分
現状の自分を
しっかりと直視すること。

 

 

自分と向き合うこと。

 

自分と向き合って

自分が満足する生き方をするには
どうすることがいいのか?
自分にとことん聞くのです。

 

 

そして
同時に
そうならないと自分はダメ。
…という観念も
一緒に手放すのです。

 

 

 

なりたい自分になったら…
…は、幻想です。

 

 

今の自分を肯定し
あるがままの自分を受け容れる。

 

 

否定したい自分
切り捨てたい自分を
許し
認め
取り戻すのです。

 

 

違う自分になること
ではなく
今の自分を生かすことを考えるのです。

 

 

 

自分を生かす方向で
自分のことを考えるのです。

 

 

なりたい自分になるために
否定してきた自分も
仲間に入れるのです。

 

 

 

 

そして。

 

まだそうなっていない自分とは、
未完成な自分ということで

 

その
未完の自分

 

実は
自分の可能性だと気づくこと。

 

 

 

 

未完成な自分であることが

 

自分でもみたことのない自分
未知なる可能性を秘めた自分
想像をはるかに超えた自分でも
あること

 

未完成だからこそ
成長していけることに
気付くのです。

 

 

そもそも
自分という存在は、

 

世界で唯一の自分
宇宙で唯一の自分です。

 

唯一無二の自分であるのです。

 

 

そんな素晴らしい自分であることを
まずは受け入れましょう。

 

 

 

そして

「なる(成る)」より「ある(在る)」

 

成る。
まだそうなってない。

 

 

ではなく、

在る。
すでに在るところから始める。

 

 

自分の在り方、心構えを軸に据える。

 

 

 

「自分はどんな自分でありたいのか?」

 

あり方を軸に
物事を選択するようにするのです。

 

 

なりたい自分は、
まだそうなっていない自分。

 

自分の可能性。

 

 

だから
なりたい自分に
本当になりたいなら

 

どんな自分でありたいのか?
在り方にフォーカスしましょう。

 

 

 

ではまた☆

 

 

 

 

 

 

 

 

=========================================

人生は、「あなた」が創る物語。

=========================================

 

ジュエリー展示会・セミナー情報

新月願い事&満月の豊かさを受け取る情報を

新月&満月にお届しています。

 

また、

今週のジュエルメッセージも

一足早くお届けしています。

アイディーニュースレター登録

 

*****************************************

 

メルマガ「佐瑠女通信」(登録無料)

2019年は、「自分を生きるチカラ」をテーマに配信中。

 

*****************************************

 

 

 

 

人生は長いようで、短い。

私から、あなたに伝えたいこと。

 

 

今日も素敵な一日を☆


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

Twitter でフォロー