プロット心理学-佐瑠女式実践心理学, 自分を生きるチカラ

自分を生きるチカラ18


人生は、『あなた』が主役の物語。

 

(ベル/K18YG/シトリン アイディー パーソナルジュエリー)

※ベル…澄んだ心で、真実を見る、物事を見ることが出来る自分でありたいあなたへ。

※シトリン…自と他の境界線を引きながら、人とのコミュニケーションを深めていく

 

こんにちは、

宝石+実践心理で、あなたが輝く人生を創るお手伝い

パーソナルジュエリスト

佐瑠女まきです。

 

 

今日は、メルマガからお届け☆

 

 

 

——————————————-

自分を生きるチカラ18

——————————————-

 

【自分に寄り添う2】

 

 

ひき続き
「自分を生きるチカラ」について。

まず大事なのは、
1、「自分と仲良く」する。
自分と仲良くするためには
2、「自分と向き合う」

…とはいえ
なかなかそれができないとき
『自分に寄り添う』

できない自分、現状の自分
決していいとはいえないときの自分、
できればあまり見たくない自分を
いかに受け入れ、認めていくか?

自分と寄り添うことで
自分を肯定していく感じ。

自分のせいにするでもなく
誰かや、何かのせいにするでもなく、

粛々と受け止めつつも、
それで自分を責めることもなく、

あるがままの自分を
そのまま肯定する

そっと抱きしめていく
ハグするようなこと。

それが、自分と寄り添う。

…ということなんですが、
今日は

【自分にダメだししてしまうとき】の話。

自分にダメだししているときって、
たいてい、
人にもダメだししています。

また
自分にダメだしすることに意識を向けて、
見なくていいこと
避けていることがあったり、

自分にダメだしすることで
何かを肯定できる
つじつまあわせをしていたりします。

…で、
向き合える人は、
そこ、向き合いましょう。

自分にダメだしして
人にもダメだししているなら、
人のアラ探しではなく、
人のいいとこ探しに切り替えてみる。

自分のいいところを探してみる。

『ない』ではなく、『ある』にフォーカスする。

また、
自分にダメだしすることに意識を向ける
お得、メリットは何か?
見なくていいこと、避けていることは何か?

自分→ダメ というレッテルを貼っていると、
どんな都合のいいことがあるのか?
もしわかるとしたら探ってみる。

自分と向き合える人は、
とっとと向き合って、
再度、いまの状態でもいいのか?
それとも違う選択をして、
状況を変えるのか?

再選択と、それに従って行動をします。

…で、
そこと向き合えない人は、

『ダメだししてしまう自分』に
寄り添います。

で、この場合、
『ダメだししている自分』
→ダメだししてしまっている などと、
ダメだしすることに対して、
よくないイメージ、罪悪感、
自分を責める感覚が
あるとしたら、

その感覚を感じてみてください。

そして、その感覚を感じて、
自分に何を伝えたいのか?
どうしてほしいのか?
聞いてみてください。

ダメだしすること自体、
いい とか わるい とかではないのです。

ダメだししている今の自分。
そういう自分がいるんだな、と
ただそこを認めるだけです。

鏡に映る自分を自分だと認識するみたいに、
あ、そういう自分がいるんだね。と、
ダメだししている自分の存在を
そのまま観る。

何かしらの感覚があればそれを感じてみる。

まずはそれだけ。

また、
寄り添うとは、
いい とか わるい とか
判断するものではありませんが、

ダメだししちゃってもいいやー。
だって、そうしちゃうんだもん。と

それを正当化して、
開き直るのでもありません。

自分は間違ってないんだ。と、
『間違い』を正当化するということは、
どこかで、自分がしていることが
うしろめたい…

悪い、罪悪感を感じています。

そして、そこを見たくないから、
悪くないんだ、間違ってないんだ。と
言い張っているので、

自分自身は、
自分を悪いと認定したままです。

むしろ、
そうやって正当化して、開き直ると、

そういう自分も、
さらに見たくないから、

さらに正当化して、間違ってないと言い張る。

でも、自分はどこかで悪いと思っているから
さらに正当化する…

という、
まったく自分と向き合えないまま、
改善しないスパイラルに陥りかねません。

寄り添う。とは、
いい とか わるい とか
区別したり、判断するものではないのです。

ましてや、
それを増幅するものでもありません。

開き直って正当化して、
自分と向き合うことから避け続けるのではなく、

自分と向き合うことが
できるような状態へと、
橋渡しをする、
準備するためにやることです。

自分を正当化して、
自分と向き合うことを避けることと、

寄り添うことは正反対です。

本当はさ、
実はさ、…と、

自分と向き合えなかった自分が
本音を出せるような状態へと導く。

それが、
寄り添う。なのです。

 

 

それではまた次回☆

 

 

 

メルマガ書いてます。ぜひ登録してね☆

 

 

人生は長いようで、短い。

私から、あなたに伝えたいこと。

 


 

 

 

 


人生は、『あなた』が創る物語。

 

 

今日も素敵な一日を!

 

佐瑠女まき


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA