人生は「あなた」が創る物語。あなたの人生を創るお手伝い。

menu

佐瑠女Blog

相手を肯定するって、何でもイエス!ってうなずくことじゃなく、〇〇をイエス!って認めることだよ


 

 

 

人生は、『あなた』が主役の物語。

 

 

こんにちは、

あなたが輝く人生を創るお手伝い

パーソナルジュエリスト

佐瑠女まき です。

 

今日は、

「肯定」についてのお話

 

【相手を肯定するって、

何でもイエス!ってうなずくことじゃなく、

〇〇をイエス!って認めることだよ

 

 

突然ですが、
相手を肯定するって

 

うんうん、そうだね
そうそう…と
何でもかんでも
イエス!って
うなずくことではありません。

 

 

なぜなら
何でもかんでも
うなずきながら

 

イエス!って
言ってりゃいい

…というのは

 

 

肯定する。
…というより

 

肯定しようが
してまいが

 

相手の話は
ほとんど聞いてなかったり

 

自分とは
関係ない

 

無関心で
適当にうなずいているのと
同じこと。

 

 

 

だから

 

相手が何を言おうと

 

こちら側の
返事は
最初から

 

ぜーんぶ
イエス!

 

…って決まっているも同然。

 

 

 

はいはい
そうですね。

 

そうそう
そうですね。

 

あなたが言う通り。
ごもっとも。

 

…と、

 

相手の話を聞くフリをして
とりあえず笑顔で
うなずいてればいい。

 

 

…ってことです。

 

 

 

これって
肯定ちゃうでしょ?

 

 

 

なんにでも
YESって言うって

 

聞いても
聞かなくても
寄り添わなくてもできる。

 

 

 

むしろ

相手に無関心であれば
どーでもいいって思いが
あればあるほど

 

うんうんって言える。

 

 

これ、肯定ちゃいますやん。

 

 

 

…とはいえ、

 

自分に意識が向いていて

 

相手の一言一句を
聞き逃さずに

一つ一つ
肯定する、しないと
判断しましょうと
言っているのではなく

 

 

ましてや
相手に自分を投影しすぎて
過干渉になり

 

何でもかんでも
自分におきかえて
いちいち反応することは
必要ないですが

 

 

何でもかんでも
イエスって言うのは

 

相手を肯定していることにはなりません。

 

 

 

なんちゃって肯定。

 

肯定しているつもり。

 

意味のない肯定です。

 

 

 

…で、です。

 

自分のことを
どーでもいいと
思ってる人の中に

 

適当に

いいね
いいね
そうだねって
言ってる人から

肯定されたとは
相手も感じません。

 

 

 

また
反対に

 

相手から
反論されたり

 

何かしら
否定敵なことを言われても

 

 

それはまた
あなたのことを
否定してるんじゃなく

 

 

 

相手が自分自身に対して

 

何かしら
禁止していたり
抑圧している自分
切り離している自分を
垣間見るから

 

自己防衛で
あなたを非難したり
否定するようなそぶりを見せることで
無意識に自分と向き合うことを
回避しているだけ

自分を守っているだけです。

 

 

 

だから
あなたを否定した。

…ってことじゃないのです。

 

 

 

もし
そういう風に
誰かに
否定された。と感じることが
あったとしたら

 

否定された。と感じた自分に対して
どこを否定された気持ちになったのか?
自分の心に向き合えばいいだけ。

 

 

 

それだけです。

 

 

 

ちょっと話がそれましたが
肯定の話に戻します。

 

 

肯定って
何でもかんでも
イエス
賛成するということではなく

 

あなたのことを本当に
思う人は

 

あなたの意見を
聞いて

 

調子よく
なんでもかんでも
イエスとは言わず

 

時に
賛同してくれたり

 

時に
叱ってくれることも
あったり

 

時に
違う意見を
言ってくれたりもします。

 

 

 

それは
相手が自分のことを
思っているからこそ
なんでもかんでもイエス
…とは言わないのです。

 

 

 

それは
単なるイエスマンではなく

 

あなたの存在を
大切に思うから

 

それって
ちゃんと自分の存在を
受けて

相手が自分と
向き合ってくれている
真面目に考えていてくれる

 

反応してくれている
対処してくれている
って
ことで

 

 

かりに
相手が
自分と違う意見であっても
それは

 

しっかり
存在を認められてるってことで

 

 

それは
否定ではなく

肯定。

 

 

…なのです。

 

 

 

You see?

 

 

 

肯定って
何でもかんでも
うんうんって
うなずくことでも

 

そうそうって
同調することでもなく

 

相手を見て

言葉を聞くこと。

 

相手に集中すること。

 

相手に意識を向けること。

 

相手の『存在』を感じること。

 

 

 

ときには
相手と意見を交わし
自分と相手の違いを
違いだと認め合う。

 

 

 

相手の意見に
理解はできなくても

だからといって
相手が言わんとすることを
否定しない。

 

違いの違いを認めあう

 

 

 

それが
真の肯定。

 

 

 

肯定するのは

『存在そのもの』であって

 

兎にも角にも

イエス!と
いい加減に
同調するのでも
うなずくことではないのです。

 

 

 

そしてまた
同じ意見でまとまることが
相手を肯定することではないのです。

 

 

 

何でもかんでも
イエスって言うことは

たんなるイエスマン。

 

 

 

どうでもいいね。

 

 

考え方も
意見も
ものの見方も
感じ方も
違っていて当然。

 

 

 

違いがあるのが当たりまえ

 

 

相手との違いを
違いだと
肯定

 

積極的に受け入れて

 

ときには
ノー。も
恐れずに

 

それぞれの違い
違うからこそ助け合える

 

 

お互いを尊重しあえる
そんな生き方をしていきましょう^^

 

 

 

なんでもかんでもイエスっていうのは、相手を見てない、無関心、どうでもいいってことと一緒よ。

 

 

 

 

ではまた☆

 

 

 

 

 

 

 

 

=========================================

人生は、「あなた」が創る物語。

=========================================

 

ジュエリー展示会・セミナー情報

新月願い事&満月の豊かさを受け取る情報を

新月&満月にお届しています。

 

また、

今週のジュエルメッセージも

一足早くお届けしています。

アイディーニュースレター登録

 

*****************************************

 

メルマガ「佐瑠女通信」(登録無料)

2019年は、「自分を生きるチカラ」をテーマに配信中。

 

*****************************************

 

 

 

 

人生は長いようで、短い。

私から、あなたに伝えたいこと。

 

 

(イタリア ミラノにて)

 

今日も素敵な一日を☆


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

Twitter でフォロー