プロット心理学-佐瑠女式実践心理学, 自分を生きるチカラ

自分を生きるチカラ27


人生は、『あなた』が主役の物語。

 

idjewel_sora_k18_btp

(宙/K18YG/ブルートパーズ アイディー パーソナルジュエリー)

 

 

こんにちは、

ジュエリー+実践心理で、あなたが輝く生き方のお手伝い

パーソナルジュエリスト

佐瑠女まきです。

 

 

今日は、メルマガからお届け☆

 

 

 

——————————————-

自分を生きるチカラ27

——————————————-

 

【人は鏡4】

ひき続き
「自分を生きるチカラ」について。

まず大事なのは、
1、「自分と仲良く」する。

自分と仲良くするためには
2、「自分と向き合う」

なかなか自分と向き合えないとき
自分と向き合うことが
できるような状態へと、
準備するためにやるのが

3、「自分に寄り添う」

自分と向き合えなかった自分が
本音を出せるような状態へと
自然と導くのが、『寄り添う』

4、人は鏡

相手の態度や言葉を通じて
感じたり、思ったりしていることは、

あなたが
感じたり、思っていること。

…ということで、

前回、

相手の良いなと思うところって、
実は、
自分も持っています。

自分の嫌いなところは、
相手に対して嫌いな部分を
抑圧して投影していますが、

反対に、
自分の良いところは、
相手に対して良いと思う部分を
拡大して、投影しています。

または、かくありたい
自分もそうなりたいと
好意的に思っている部分、
憧れている部分。

だから
自分なんて、
あれもできないし、
これもできないし、
欠点ばかりだし、と
思っている人は、

相手の良いところを
どんどん見つけて気付く。

そしてそれが
自分にもあること
自分もそうなることができるのだと
受け入れる。

…というお話をしました。

で、今週は、
【あなたのまわりにいる人はどんな人?】

…という話。

自分が相手のことを
どんな人か?と判断しているのは、
他でもない、あなた自身。

あなたのフィルターを通して
相手を見ているので
あなた以外の人が思う
相手像とは違っていても構いません。

そして
相手が思う自分像とも違っていても
それはそれでいいのです。

特に誰かと答え合わせする必要はありません。

あなたが思う相手像。
それをリストアップしてみてください。

そうやって、
自分の周りにどんな人がいるかな?と
リストアップしていくと、
あなた自身が見えてきます。

…というか、

そうやって、

自分の周りにどんな人がいるかな?と

リストアップしていくと、

あなたが何に意識を向けていて
どんな基準で物事を見て
どんな視点を持っていて
どんなふうに物事を判断しているのか?

そのガイドラインが見えてくるのです。

また、
よく
自分がいつもいる10人の収入を
足して10で割ると、
自分の収入に近い、と
言われたりしているように、

いろんな側面から見ても、
自分の周囲には
自分の波長と合った人が
集まってくるので
自分の周囲にいる人を見ると
自分像が見えてくるってこと。

そして、
それ自体が、いいとか悪いとか
偏っているとか
そういうことを判定したいのではなく、

ましてやダメ出しをするのでもなく、

自分が無意識に、
物事をどう見ているのかな?
…ということを
客観的に俯瞰して見る。

そんな視点を作ってほしいから、です。

…というのも、

自分のことを考えているとき
自然と、
自分の側から
物事を見ています。

反対に言うと、
自分の内側からしか、
自分を見ていません。

つまり、
一つの視点でしか、
自分を捉えていません。

そこに、

自分の周囲を見渡して、
どんな人がいるか?
意識してリストアップすることで、

自分が無意識にどんなフィルターで
物事を見ているのか?

相手に投影している自分
自分では見ないようにしていた自分が
見えてきます。

そうやって、
人を通じて、
たくさんの自分の側面に気付くことが
できるようになり、

自分のことを客観的に見る視点が
それだけ増えていくのです。

そうやって、
自分のことを客観的に見る視点を
たくさん作ることができると

様々な自分…

自分自身を多面的に見ることが
できるようになります。

多面的に物事を見ることが
できるようになるということは、

様々な角度から自分のことを
総合して
見ることができるようになっていくということ。

そうやって
様々な角度から
総合的に自分のことを
見ることができるということは、

自分のことをより理解することができるようになるということ。

また、
相手を見ている基準は
自分なのだと気づくことで、

あの人はこうだ
あの人から
こんなことをされた
…などと
被害者意識、
受け身で
相手を見たり、

相手を勝手に解釈して、
ジャッジメントしたり
相手のせいにしなくなります。

そうやっていく中で、
自然と、
自分主体に物事を見るクセがつき

主体的に物事を見るだけでなく
判断し、
行動できるようになるのです。

自分を生きるとは、
自分が主体的能動的に生きること。

…です。

そうやって
自分の周りにどんな人がいるか?
ピックアップしていく中で、

総合的に自分を見る目ができて、
いつしか自然と自分を生きることが
できるようになっていくのです。

 

 

それではまた次回☆

 

 

 

メルマガ書いてます。ぜひ登録してね☆

 

 

人生は長いようで、短い。

私から、あなたに伝えたいこと。

 


 

 

 

 

 


人生は、『あなた』が創る物語。

 

 

今日も素敵な一日を!

 

佐瑠女まき


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA